弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

カテゴリー:ビューティー・ヘルス

ダイエットは食事制限が9割。今すぐ変えられる、痩せる食生活のヒント。

ダイエットの成功は、9割が食事制限にかかっていると言われています。食費節約のために私が普段やっている習慣から、痩せる食生活のヒントを紹介します。 (詳しい数字は省きますが、私は現状「身長約155cm・体重45~50kg」をウロウロして…

詳細を見る

20代・30代に急増中の、「スマホ老眼」の効果的な予防と対策方法とは?

スマホ全盛期の現代、20代・30代の若者を中心に「スマホ老眼」なるものが広がっているそうです。 目が悪くなるというと、遠くのものが見えなくなる「近視」がすぐに浮かびます。しかしスマホ老眼の場合、逆に手元が見えにくくなるのです。 …

詳細を見る

髪を上手く自然乾燥する方法は、健康な頭皮ケアにかかっている?

夏場の暑いときやドライヤーが面倒なときは、髪を自然乾燥させることがよくあります。しかし「ハゲる」「頭が臭う」など、あまり評判はよろしくありません。 確かに髪の乾かし方は、とても大事です。しかし一番重要なのは、髪が生えている頭皮の健康ケ…

詳細を見る

食事の後すぐにお腹が空く。謎の空腹の原因は糖質依存症が原因かもしれない。

食事したばかりなのに、すぐお腹が空く。これは糖質依存症のせいかもしれません。 私もお金のかかる肉や魚は避け、もっぱら大豆製品と炭水化物に頼った献立です。もしかしたら、知らず知らずのうちに糖質を摂り過ぎているかもと不安になってきました。…

詳細を見る

お月見料理の定番食材、里芋に含まれる栄養素や健康への効能とは?

9月といえばやはり十五夜のお月見です。お月見では、里芋を使った料理を食べるのが定番とされています。 十五夜は「芋名月」とも呼ばれ、収穫した芋を食べるという風習があるようです。確かに満月と里芋は、色や形がそっくりです。 里芋という…

詳細を見る

夏用の腹巻きなら、温むすびの「おなかありがとう」を冷え対策におすすめしたい。

暑い時期は薄着で寝るので、お腹の冷え対策に夏用腹巻きは欠かせません。先日から温むすびの「おなかありがとう」を試していますが、とても快適に過ごせる腹巻きでした。 お腹のことを考えた「おなかありがとう」 これまでも冷えには警戒してきましたが…

詳細を見る

健康な老後の生活と仕事のためにも、30代から体力づくりはしておいた方が良い。

人間の体力は10~20代がピークと言われています。衰えが見え始める30代からの体力づくりは、健康な老後生活や仕事を長く続けるためにも大事ではないでしょうか。 運動の習慣があるかないかで、下り坂の角度も変わってきます。おひとりさまとして…

詳細を見る

本気のダイエットなら、オートミールから作る手作りグラノーラがおすすめ。

普段の食事をグラノーラに置き換える「グラノーラダイエット」。より健康的に痩せるなら、手作りグラノーラでやるのがおすすめです。 オートミールさえ用意できれば、グラノーラは割りと簡単に作れます。市販品よりも安く上がるので、節約したい人にも…

詳細を見る

夏バテ予防、体がだるいのを解消するには温かい食事が一番効果的。

冷たいものばかりでは、夏バテは余計ひどくなります。体がだるいと思ったときほど、温かいものを摂るのが一番効果的です。夏バテ予防と解消には、身体を内側を冷やし過ぎないことも大事です。 夏の朝もお白湯で一息 私も、朝イチでお白湯を飲む習慣があ…

詳細を見る

私が人工のトランス脂肪酸(植物油脂)を避ける、「健康に悪い」以外の理由

最近、日本でも「トランス脂肪酸」や「植物油脂」の問題が取り上げられるようになりました。それは今のところ、「健康面」に関することがほとんどです。 そこで今回は、トランス脂肪酸が持つ「健康に悪い」以外の問題を考えてみます。 トランス脂肪…

詳細を見る
スポンサーリンク

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿