寿命を延ばすカギは腎臓にあり?知らぬ間に忍び寄るAKIとは。

スポンサーリンク

最新の医療では、腎臓寿命のカギを握るというのが定説になりつつあるというニュースを見た。「そりゃ腎臓は大事だよね」と当たり前に思ったのだが、これは病院の治療スタイルにも関わる深い問題だったのだ。

これは、日ごろから不摂生な人や病気を抱えている人に限らない。私たちも知らず知らずのうちに、腎臓に負担をかけてしまっているかもしれないのだ。

スポンサーリンク

AKIってなに?

腎臓の寿命を決めるキーワードが、AKI(急性腎障害)というものだ。これはその名の通り、急に腎臓の状態が悪くなって身体に影響がでる。症状のスピードは、数時間から1週間で悪化するという脅威の早さだ。

この症状の早さから、病院のなかでもかなり警戒されている。世界でみると、入院している人の5人に1人はAKIを発症するという。そして症状が進むと、最悪の場合は命を落とすことになる。

なんで腎臓がダメになると命まで危ないかというと、心臓などほかの臓器もダメージを受けてしまうからだ。さらにそれがきっかけで多臓器不全になり、亡くなるというパターンだ。

こんなにこわい代物にもかかわらず、始めの頃は症状がほとんど目立たないのも厄介だ。尿が減るなどの目に見える症状が出る頃には、もう腎臓はほぼダメになっているという。

しかしこの場合の死因はAKIでなく、多臓器不全などが原因として記録される。だからこそこれまで、AKIは注目されることが少なかったのだ。

AKIは目立たないものの、「AKI→心臓・脳などにダメージ→多臓器不全」で亡くなる人は、何十万人にものぼるという。そこで今は、病気の治療とともに腎臓の状態にも気を配る病院が増えてきている。

そもそも腎臓ってなにをしてるの?

なぜ腎臓がダメになると、ほかの臓器にもダメージが及ぶのか。それは腎臓が、全身のあらゆる状態をコントロールしているからだ。主に、こんな働きをしている↓

・血液をつくる

・老廃物を体の外へ出す

・水分量のコントロール

・血圧のコントロール

・カルシウムのコントロール

腎臓の具合が悪くなると尿が出にくくなったり、むくみが増える症状は知っている人も多いんじゃなかろうか。特に腎不全の人がやる人工透析は、時間もお金もかかる大変なものだ。

さらに血圧やカルシウム管理など、地味だけど大事な働きがある。確かにここがダメになったら、全身がダメになるのもうなづける。

実にこわいAKIだが、対策はできる。見てみると、「こんなことが原因だったの?」という意外なものだった。

水分を多めに摂る

腎臓は、水分が命の臓器だ。病院でAKIの予兆がある患者には、まずは点滴などで水分補給がされるという。

体重50kgの人が1日に必要な水分は、およそ2.5Lだ。そのうち意識的に飲んで補うのは、1~1.5Lほどになる。ペットボトル1本飲めば十分ということか。

水は少なすぎても多すぎても、腎臓に負担がかかる。特に喉がかわいたと感じなくても、必要な量は摂った方がやはり安全なんだと思う。

私はトイレの回数が増えるのが嫌で、あまり水を飲まない。会社などの健康診断ではたびたび尿検査に引っかかっていたが、もしかしたら水分不足も原因の一つだったのかもしれない。

今でも水を飲まない生活スタイルが続いているので、ちょっと見直した方がいい気がしてきた。

スポンサーリンク

薬を控えるようにする

さらに見落としがちなのが、治療には欠かせない薬だ。薬はプラスの効果もあるが、腎臓には負担がかかるものなのだ。

最近は、薬の量に気をつける病院が増えてきているという。私がみたニュースの中では、いったん高血圧の薬の投与を止めて、まず腎臓を回復させたケースが紹介されていた。

特に持病が増えれば増えるほど、飲む薬も増えていく。が、それが腎臓にダメージを与え、さらなる病気をつれてくるということもあるのかもしれない。

病院で出される薬が多すぎない?

腎臓の話をみて思うのは、今の病院の治療は薬が多すぎやしないかということだ。私も小さい頃から風邪で病院に行くたびに、薬をもらっていた記憶がある。

薬を出さないと保険料が入らないという事情もあるので、とにかく1つは薬が出てくる。が、出されても飲みきれずに捨ててしまうことは、意外に多いんじゃなかろうか。

うつ病などの精神病にも薬を使うが、あれは余計に症状を長引かせている気がする。そのうえ長い目でみると腎臓が悪くなることを考えると、薬で精神をなんとかしようとするのは考えものだ。

薬に限らず、サプリの問題もある。必要以上の栄養素は、逆に腎臓に負担をかけかねない。栄養はなるべく食べ物から摂る方が、身体には優しいんじゃなかろうか。

薬は全部止めろとはいわないが、必要じゃない薬を出されているケースは未だにあると思う。薬一辺倒の治療スタイルを見直す方が、結果的に治療費も減って国の財政もよくなるんじゃなかろうか。

腎臓は地味な臓器だが、機能が落ちると今までの生活が送れなくなってしまう。病気に限らず、普段からの生活にはやはり気をつけたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi