ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

女ミニマリストが持ってる洋服20着を一挙公開。カレジョの普段着はこれだ。

スポンサーリンク

ファッションに詳しくない女ミニマリストが、普段着ている20着洋服を紹介します。

この20着というのは一部ではなく、手持ち全ての服を合わせてです。調子に乗ってポンポン断捨離した結果、ここまで減ってしまいました。

しかし服が20着しかないと、逆に迷いようがありません。おかげで、コーディネートに悩むストレスからはすっかり開放されました。

カレジョが、断捨離の末に残した20着の服はどんなものか?以下からどうぞ。

スポンサーリンク

長袖

まずは長袖から見ていきます。真夏以外は年中着続ける、私のメインワードローブです。

お出かけにも重宝するのが、2着のチェックカットソーです↓

あまりにチェックが好きで、色違いで揃えてしまいました。

かっちりした青とピンクがおしゃれで、このカットソー1枚でよく外出したものです。

しかしこの2着は、私の肌色には合わない色だと分かりショックを受けています。

もう長いこと着ているし、新しい服を探す予定。やはりチェックのアイテムが理想です。

こちらのカットソーも色違いです↓

20代前半のときに、楽天で買った服。無地で使いやすいところがお気に入りでした。

安物でしたが10年近くも着続けて、我ながら感心します。この2着も首がビロンビロンなので、買い替えたいです。

こちらは七分袖のTシャツです↓

まだ買ってから5年くらいで、まだまだ現役で活躍できそうなTシャツです。

七分袖は、パソコンで作業するとき邪魔にならないところが良し。在宅で仕事をする人間にはピッタリのアイテムです。

普段着る長袖は、この5着。端から順番にローテーションしています。どんなにコーディネートが苦手な人間でも、5着だけなら悩う心配はなしです。

私が20着まで服を減らした方法についてはこちら⇒女ミニマリストのクローゼットの中身を公開。服を20着まで断捨離した道のり。

半袖

半袖は、夏に活躍します。上着を羽織れば、春先でも着れるのでカバー力は意外と高いです。手持ちは全部で4着あります。

一番使いやすいのが、カーキのTシャツです↓

カーキは私の肌と相性が良いので、安心して着られます。

これも元は安物ですが、目立った傷みがありません。やはり着続けて10年近くは経つ代物ですが、後数年は着れる気がします。

服の色と肌色の相性をチェックする方法はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

こちらの白のTシャツも、割りと着やすいです↓

シースルーのボーダーというのが、ちょっとおしゃれだと思います。長袖の上に重ね着するのも良いです。

が、私の洗濯方法が雑なために色移りがところどころに……。近々断捨離予定です。

風通しが良いTシャツもあります↓

VネックのTシャツというのは、ありそうでなかなかありません。

下が短いので、うっかり腹巻きを付けたまま着ると赤っ恥をかきます。

もうちょっと長い丈のTシャツに買い換えても良いのですが、代わりの良いVネックTシャツはなかなか見つかりません。Vネックが見つかるまでは、まだ着続けようと思います。

無地以外だと、ボーダーTシャツが使いやすいです↓

手持ちのTシャツの中では一番しっかりしていて、丈夫なアイテムです。

厚手の綿100%で夏には蒸し暑いですが、着ていると安心感があります。数少ない柄物のトップスなので、まだまだ大事に着続けたいです。

3足のパンツ

ボトムスは3足です。ジーンズが2足に、クロップドパンツが1足あります。

2足のジーンズがこちらです↓

相当履き古して、生地がクッタクタになって来ました。後ろのポケット付近には穴まで空いています。

まだまだ履き続ける予定なので、何か針と糸でも買って繕った方が良さそうです。

もう1足は、使いやすいスキニーです↓

やはり、ひざの部分のダメージがひどいです。

黒のスキニーは、履くと足がシュッとして見えるような気がします。普通のストレートジーンズだとカジュアル過ぎるところ、スキニーならフォーマル寄りに見えなくもありません。

膝以外は何の問題もないので、まだまだ履き続けたいところです。

3足目は、秋などに活躍するクロップドパンツです↓

ボトムスの中では、生地が薄いので一番履きやすいかもしれません。

このパンツも何度もボタンが取れて、その度に付け直ししています。実家で針と糸を貸してもらい、余ったボタンも調達しました。

ただ、クロップドに変わるボトムスが何かあっても良いかと思っています。もうちょっと大人っぽい綿パンなども欲しいところです。

夏用の2足の短パン

さらに今は、夏用の薄手の短パンも履いています。熱気と湿度がムンムンの中、ジーンズを履いて過ごすのはキツイです。

夏用ボトムスは2足あります。そのうちの一足がこちら↓

かなりカジュアルなグレーの短パンです。実に楽で涼しい、夏に欠かせないアイテムです。しかし1日中正座し続けていたら、ひざのところだけが不自然に伸びてしまいました。新しいパンツを探しつつ、今は膝上までパンツを折り返して履くようにしています。

今は多少、膝の伸びを防げているようです。後2~3年はこの方法でしのげるかもしれません。

さらに、チェックのサルエルパンツもあります↓

かなりお気に入りでしたが、骨格診断の結果こういうボトムスは私には似合わないんじゃと思い至りました。

骨格別の似合う服の話はこちら⇒おしゃれが苦手でも着痩せコーデを作る方法。簡単に痩せて見える服とは?

これを気に、もうちょと落ち着いたデザインのボトムスに買い換えても良さそうです。風通しが最高なところは気に入っているので、次に買うボトムスもそういうところを重視したいです。

アウター

年中何かしらのコーディネートで活躍するアウター。全部で6着あります。

春や秋にかけては、パーカーが活躍します↓

近所の買い出しにちょうど良いカジュアル感です。取りあえずパーカーを羽織っとけば大丈夫という安心感があります。

パーカーは便利ですが、私が着ると学生のようになるところがちょっと難です。大人っぽいパーカーの着こなしというのは、難度が高いなといつも思います。

大人っぽさなら、こちらのジャッケットの方が良いです↓

家族からもらった上着ですが、実にしっくりきます。最初は借りるだけの予定でしたが、そのまま使わせてもらうことにしました。

ジャケットをもらったときの話はこちら⇒自分に似合う服を着たい。10年愛用の上着の断捨離を決意した理由とは?

今までは「服をもらう=着ない服が増える原因」と思ってましたが、ちゃんと選べばそうとも限りません。服をもらうのも、必ずしも悪いことじゃないと実感しています。

夏に活躍するのは、薄手のシャツワンピです↓

夏の直射日光を避けるために、よく着ます。夕方になって肌寒くなってきたときも便利です。

が、このアウターは、ストレートタイプの私の骨格とは相性が悪いと思います。薄手でひらひらした質感の服は、筋肉質でない柔らかい雰囲気の人に似合うのです。

なので他に代わりがあれば、こちらは断捨離ということになりそうです。

やはり買い換えるときは、紫外線対策のことを考えます。詳しくはこちら⇒ズボラ流、顔と身体の紫外線対策。カレジョが使う楽でおしゃれな予防グッズ4選。

冬に使う上着は3着。特によく着るのがこちらの緑ジャケットです↓

楽天で、500円くらいで売っていたアウターだったと思います。今は真冬の時期に、このジャンパーを着込むことが多いです。

部屋でもこのジャンパーを着て、そのまま外へ買い出し。本当に1日着っぱなしです。

まだ着替える余裕があれば、他のアウター着ていきます。まずはこちら↓

丈が短めのダッフルコートです。身軽に動けるところが気に入っています。

最近は、もうちょっと長い丈の方がスタイルのバランスが良くなるかと思っています。

私の好きな柄である、チェックアウターもあります↓

パーカーとジャケットを合わせたようなデザインです。パーカー部分を取れば、普通のジャケットに早変わりです。

下に白シャツを着れば、少しはカッチリして見えます。カジュアル過ぎる服だとマズい場にでかけるときは、このチェックジャケットが手放せません。

冬用のヒートテック

あまりに冬が辛いので、ヒートテックを親に買ってもらいました。

トップスはこちらの2着です↓

着回しやすい深緑と、ボーダーをチョイス。冬の間は、常にインナーとして装着。その上から、長袖を重ね着するようにしています。

さらに、レギンスもあります↓

ストレッチが利いて動きやすく、あぐらや正座でも作業しやすいのが便利です。

ヒートテックがどれくらい持つのか、冬の間検証したこともあります⇒ユニクロのヒートテック洗濯チャレンジ。10回洗った後はこうなります。

一冬ではそこまで傷まなかったので、検証は今年の冬に持ち越しです。ヒートテックの限界まで、とことん着続けてみます。

一張らの仕事着

カジュアルな服だけだと、人と会うときに困ると痛感しました。そのため、1組だけ仕事着的な服も持っています↓

どこにでもある、シンプルなシャツです。2016年の秋頃まで、シャツは1枚も持ってませんでした。

さらに、シャツに合わせてパンツも買いました↓

 

シャツとパンツはどこへ着ていっても通用するので、実に便利です。制服が1着あるだけで、コーディネートの大きな悩みが1つ減りました。

シャツスタイルは堅苦しくて着るのが嫌だなと思ってましたが、いざ着てみると意外に普通でした。仕事を辞めて以来、シャツ恐怖症のようなものがあったのかもしれません。

小物

小物は、帽子と巻き物をそれぞれ2つづつ持っています。

帽子は、夏用と冬用で分かれています。夏用の帽子はこちら↓

カンカン帽は、日差しから顔を守るには欠かせません。紫外線対策のメインアイテムの1つです。

カジュアルな服装に合わせることがほとんどですが、シャツスタイルでもいけるでしょうか。今年の夏は一度試してみたいものです。

買う前には色々な店を回って、頭にしっくり来るものを選びました。カンカン帽は実際に被ってみないと、自分の頭にフィットするかどうか分かりません。

冬は、毛織のキャスケットです↓

こちらは元がフニャッとしているので、ネット通販でも大丈夫でした。

一応冬用の帽子ですが、私は9月の終わりがら5月くらいまでは使います。帽子を被るとおしゃれっぽくなるので、手放せないのです。伸びっぱなしの髪も隠せて、1つ持っておくといざというとき助かります。

巻き物は、2つを使い分け。1つはボーダーのスヌードです↓

スヌードは、肩からずり落ちないところが、使いやすくて便利。荷物で手が塞がっているときも、巻き直す手間がなく暖かです。

長めのストールもあります↓

ストールはストールで、巻き方のバリエーションを研究しがいがあります。広げてケープ風に巻くのも、趣が変わって新鮮です。

2種類のバッグは、両方とも赤がメインです↓

シンプルなコーディネートに合わせると、良いアクセントになります。赤い服は難度が高くても、赤いバッグなら簡単にです。

 

これら約20着の服と+αの小物で、4つの季節を乗り越えています。自分が着たいと思う服・しっくりくる服を残したら、結果的に20着前後に収まりました。

必要な服だけを取り出してみると、普段着ているものは意外に少ないと思います。20着でも100着でも、大事なのはちゃんと全部の服を着ているかどうかじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi