弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

自分に似合う服を着たい。10年愛用の上着の断捨離を決意した理由とは?

公開日:2017.04.25

スポンサーリンク

およそ10年愛用し続けた上着を、断捨離することにしました。その理由についてです。

私は服の中でもアウターが好きで、手持ちの上着はどれも3度の断捨離を生き残った厳選アイテムです。やはり最初は、断捨離しようかどうか迷いました。

それでも上着への執着を捨て、処分を決意できた理由とは?詳しくお話します。

黒のライダースを断捨離

まずは、断捨離を決めたアウターがこちらです↓

P_20170413_0952522

私が20代前半くらいのときに買った、黒のライダース。当時はちょっとフンパツして買ったこともあり、かなりのお気に入りアイテムでした。

特に綿のライダースというのは、女性でも着やすい上着だと思います。革のようなロックでハードな印象が無いのが良かったです。

ちょうど冬から春など、季節の変わり目に重宝。割とどこへでも着ていける便利なアウターでした。

そんな、特に問題もなく飽きたわけでもないアウターを、なぜ断捨離するのか?その理由が以下です。

1in1outのルール

断捨離を決めた大きなきっかけは、家族からアウターをもらったことでした。しかし、単純に服を増やすのは、できれば避けたいところです。

こういうときは「1着増えたら1着減らす」ルールで、手持ちのどれかを処分。最小限のもので暮らすには、欠かせない決まり事です。

1in1outのルールはこちらでも紹介中です⇒断捨離中なのに洋服が恋しい。新しいものが欲しいときはこう対処しています

いくら断捨離を続けても服の収納に困るのは、増やし続けるクセを直してないからだと思います。服が増えた瞬間に減らせば、収納があふれかえる心配もないんじゃないでしょうか。

代わりにやって来たアウター

そして、今回もらったアウターがこちら↓

P_20170423_1146122

モノクロボーダーの、ちょっと派手目なジャケットです。

私の今までの手持ちの上着とは、ちょっとテイストが違います。普段はもっとカジュアルで、中性的な服を着ることがほとんどです。

しかし1回試着してみると、案外にしっくり。家族の「似合ってる」という意見も信じ、我が家に迎えてみることにしました。

ちょうど白シャツに似合いそうなジャケットを探していたので、白シャツの上からボーダージャケットを積極的に羽織っています。

手持ちの白シャツとパンツの話はこちらでも⇒ズボラ流、少ない服の着回し術。枯れ女が冬の3ヶ月間に着た洋服はこれだ。

黒は似合わない色だった

スポンサーリンク

しかし、ボーダージャケットと入れ替わりに黒のライダースを手放すことにしたのはなぜか?それは、黒が私には似合わない色だと気付いたからです。

黒は定番で使いやすいカラーとして人気ですが、実は万人向けの色じゃありません。下手をすると、肌がくすんで顔色が悪く見えたりもするのです。

似合う色については、パーソナルカラーのチェック方法で知りました。やり方はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

パーソナルカラー診断によると、私はイエローベースの秋タイプ。黒よりも焦げ茶、白よりもベージュが似合うタイプとされています。かっちりしたモノクロが似合うのは、ブルーベースで色白系の冬タイプです。

私が冬タイプの色を使おうとすると、肌がどす黒く見えます。逆に秋タイプの中間色は、肌色がワントーン上がりました。

今までは直感で選ぶことが多かったですが、似合う色から服を選ぶやり方もあるんだと実感。どうせなら、手持ちの服も似合う色で揃えたいと思いました。

黒のライダースについても、最近は「黒は似合わないんだよなあ……」と気になっていました。そんなときにしっくりくるジャケットと出会い、もうライダースは手放せそうかと考えたのです。

ちょうど着る季節が被りそうだった

また、ボーダージャケットとライダースは、ちょうど着る季節が被っています。どちらも4月の始めや10月の終わりなど、何を着たら良いのか困る季節にピッタリな上着です。

季節ごとに対応したアイテムは、大体メインの1着ばかりを着てその他を使わないことが多いです。多分黒のライダースを断捨離しなかったとしても、今後着る機会は激減するだろうと思います。

収納スペースが大きくても小さくても、着ない服は長く取っておかない方が良いです。なるべく視界から余計な服を消した方が、コーディネートも楽に決まるんじゃないかと思います。

選択肢が増えると、かえって迷う話はこちら⇒物が少ない生活の方が良い理由。マジカルナンバー7±2の法則とは?

手持ちの小物との相性は?

新しい上着をゲットしたのは良いですが、1つ問題もあります。それは、手持ちのバッグやストールとどう合わせるかということです。

私が使っているバッグは、こちらで紹介しています⇒こんなもの使ってます。30代女ミニマリストのバッグの中身~100個チャレンジ~

手持ちの小物は、赤のチェックやモノクロボーダーなど、割と派手なものが多いです。派手なジャケットと合わせると、柄がぶつかりあってゴチャゴチャした印象になる気がします。

手持ちのリュックも買い換えようか迷っているところなので、これを機に新しいものを探しても良いかもしれません。今度は、もっとシンプルで控えめのアイテムを探します。

が、現状はお金がないので、まだしばらくは今あるリュックでしのぐつもりです。

長年愛用の上着を断捨離するというのは、ちょっとした冒険です。今後はもっと、自分に似合うという点を意識して服を開拓していきたいとも思っています。

自分らしさを残しつつも、似合う服を選べたらもっとファッションが楽しくなりそうです。今後も、手持ちの服のチェックとリサーチを続けてみます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿