ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【見える……見えるぞ!】無料でパーソナルカラーを自己診断する方法。

スポンサーリンク

無料で、簡単・確実にパーソナルカラーを自己診断する方法を紹介する。パーソナルカラーは服を買うときにとても役立つが、専門家の診断は高い。かといって自己診断も難しい方法だ。

元は家族から教えてもらった方法なのだが、本当にパーソナルカラーが見えた。1人だけならまだしも、2人試して分かったというのは単なる偶然じゃないだろう。何回か試しても、やはり結果は同じだった。

診断してもパーソナルカラーが分からない、そこまでお金をかけられんという人に、ぜひおすすめしたい。

スポンサーリンク

パーソナルカラーを自己診断する方法

パーソナルカラーを自己診断する方法はこんな感じだ↓

・診断用の色見本を用意する

・色見本に手を乗せて写真を撮る

・撮った写真を見比べる

この3ステップで、パーソナルカラーがハッキリ分かるのだ。以下から詳しくみていく。

1.診断用の色見本を用意

まずは診断用の色見本を用意する。パーソナルカラー診断するときは、「春・夏・秋・冬」の4パターンの色見本が必要だ。

無料で自己診断しようというときは、色見本の調達が一番手間どる。逆にいえば、ここさえ乗り越えれば後は楽だ。

色見本を調達する主な方法はこんな感じ↓

・パーソナルカラーの本を使う

・ネットからダウンロード

パーソナルカラー診断の本は、ちょっと大きな本屋にいけば見つかる。近所の図書館で借りるのもおすすめだ。

私が診断に使った本はこちら↓

パーソナルカラー診断にくわえ、骨格診断のことも書いてあってお得だ。どちらも知れば、もう服選びには困らないだろう。

だがパーソナルカラーの本は人気が高く、借りるまでに時間がかかる。ちょっとハードルは高いが、本屋で立ち読みしながら自己診断というのもできなくはない。色見本のページにサッと手を乗せ、サッと撮って帰ってこよう。無音シャッターのカメラアプリがあると便利だ。

そんな恥ずかしいこと出来るかという人は、ネットから色見本を調達してカラープリントするのをおすすめしたい。プリント代がかかってしまうが、本を買うよりは安上がりだ。

「パーソナルカラー 診断シート」で検索すると、色見本がいろいろと出てくる↓

私はこれが分かりやすいなと思ったが、ほかの色味のシートもいくつかあった。自分が分かりやすそうなものを探してみてほしい。

ちなみにプリンターを持ってなくても、コンビニでネットプリントできる。詳しくはこちら⇒履歴書はパソコンがあれば、プリンタがなくても30分・1枚20円で作成できる

カラープリントのばあいは、1枚60円。B5かA4サイズがおすすめだ。

ネット画像ではなく実物の方がいい

もちろん手を色見本に置くだけなら、パソコンやスマホの画面でもできる。だが確実に診断するなら、実物の色見本の方がいい。ディスプレイ越しだと、カメラでキレイに撮影できないからだ。

PC画面の色見本をスマホカメラで撮ると、こんな感じになってしまう↓

モアレや色味のちがいなどが目立ち、目で見た色と写真の色では印象が変わる。これでは手を乗せて撮影しても、正確な診断は難しい。同じような理由で、診断アプリも当てにはならない。

肌の色は年齢とともに変わっていくから、パーソナルカラーが変わる可能性もある。そういうことを考えても、色見本が1枚手元にあれば安心じゃなかろうか。

 

2.色見本に手を当てて写真を撮る

そんなこんなで4パターンの色見本を用意できたら、1パターンづつ手を載せて写真を撮っていく。ここはスマホのカメラで十分だ。

上で紹介した森本さんの本によれば、自然光のもとで診断した方が正確な結果や出やすいという。なるべく日中の窓際で診断してみよう。

なんでわざわざ写真を撮るのかというと、自分の目でみても分かりにくいからだ。正直、どれも一緒にみえてピンとこない。

パーソナルカラーの自己診断が難しい理由も、肉眼のみを頼りにするからだと思う。だからこそ専門家など、「他人の目」が欠かせないんだろう。

そこで活躍するのがカメラ。カメラ越しに撮った画像は他人視点となり、自分の肌色を客観的に見れるのだ。

自分でやってみると分かるが、肉眼と写真では見え方に天地の差がある。写真を撮るのは自己診断の最大のポイントなので、ぜったい忘れないでほしい。

スポンサーリンク

3.撮った写真を見比べると……

この方法にしたがって、私が診断したときの結果をみてみたい。

 

春の結果↓

P_20170113_1413402

まずはこれを基準に、ほかのパターンの肌色をチェックしていく。

夏の結果↓

P_20170113_1413522

春に比べると、土気色の度合いが増した。もともと色黒のタチだが、より顔色が悪く見える。

秋の結果↓

P_20170113_1414002

春と似たような感じがする。だが、こちらの方が肌の明るさが少しアップしたか。

冬の結果↓

P_20170113_1414082

明らかに夏よりの結果となった。こんなに私の肌はドス黒かったかという感じだ。

4パターンを並べてみると、その違いがハッキリと分かる↓

左下が「秋」の結果。秋だけ少し肌色が明るく、それ以外は暗い印象になる。とくに夏と冬は相性が悪い。

光の加減によるかもと思い何度か試したが、やはり結果は同じだった。ちなみに家族が試したときは、冬だけ肌が明るく見えた。写真で比べる方法は、やはり効果がある。

ちなみにパーソナルカラーの色味の系統はこんな感じ↓

・春…イエローベース&クリアカラー

・夏…ブルーベース&マットカラー

・秋…イエローベース&マットカラー

・冬…ブルーベース&クリアカラー

秋タイプの私は、黄色みがあって透明感のない肌ということだ。たしかに色黒だから、それはよく分かる。クリア系の夏や冬とは相性が悪いワケだ。

試着でも使える?

この方法は、洋服の試着でも使えそうだ。試着したらカメラで撮って、肌の明るさをチェックするのだ。色違いの服で試すとよく分かるだろう。

パーソナルカラー診断する前は、自分の好みで服の色を選んできた。そのなかには、黒やビビッド系の色もあった。今ではそれが、どれだけ見当違いだったかを思い知らされた。ハタからみたら、そうとう顔色が悪く見えたことだろう。

服など好きなものを着ればいいとも思うが、どうせなら着たいうえに似合う服を選びたい。顔色が悪く見えると分かっているのに、どうどうと着るのは勇気がいるものだ。

なんとなく顔色が悪く見えるという人は、服の色選びが間違っているのかもしれない。ぜひパーソナルカラー診断で、自分に似合う色を見つけてほしい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi