おひとりさまの考え方

友達も恋人もいないぼっち女が、一人きりで連休を遊んで楽しむ方法を考える。 大勢といようが一人だろうが、楽しいことは単純に楽しい。いっしょに遊ぶ人がいないから遊べないなど、実にもったいないことだ。 なんで一人で楽しんじゃいけないのか? ぼっち ...

一人暮らしの生活, 無駄遣いを減らすコツ

一人暮らしに必要な家電は、実際どれだけあるのか?私が2年の一人暮らしから学んだ結果をお話したい。 ネット上には家電のおすすめリストが無数にあるが、全く参考にならない。必要な家電など、じっさいの暮らしのなかで見つけていくのが一番なのだ。家電も ...

おひとりさまの考え方

海賊版サイトの対策に、とうとう国まで乗り出した。しかし一つサイトをつぶしても、どうせ新しいサイトが無数に出てくるのでキリがない。 話題騒然となった漫画村がつぶれた直後も、今度は漫画タウンなるサイトができた。そちらのサイトも、すでにアクセスは ...

一人暮らしの生活

スキージャンプの葛西紀明さん著「40歳を過ぎて最高の成果を出せる疲れない体と折れない心のつくり方」の感想だ。 葛西さんが銀メダルを取ったのは41歳、世間ではピークを過ぎたと言われる年齢だ。そんななかでなぜ大きな成果を残せたのか、葛西さんがや ...

おひとりさまの考え方, ミニマリスト・断捨離の達人

脳科学者として有名な黒川伊保子さん著「英雄の書」の感想だ。タイトルで誤解されそうだが、立派な脳科学の本である。 英雄は、ほかならぬ自分の脳が作り出す。考え方・習慣1つで、人は凡人にも英雄にもなる。世の中でくすぶっている人に、ぜひ読んでほしい ...

一人暮らしの生活

相撲の女人禁制ルールで、男女差別の話題がもりあがっている。とくに男尊女卑文化の日本では、根の深い問題だろう。 しかし今の世の中LGBTsやGID(性同一性障害)という言葉が広く知られるようになるなど、男性・女性というボーダー自体があいまいに ...

おひとりさまの考え方

東日本大震災から7年が過ぎた。だが福島への風評被害はいまだになくならず、地元の人たちは苦労しているという。 そんな福島の負のイメージを、どうすれば晴らせるのか?そのカギは、滝廉太郎の名曲「荒城の月」にあった。 荒城の月と福島 なんでいきなり ...

おひとりさまの考え方

いわゆる「大人の発達障害」の悩みの1つに、うっかりミスが多いということがある。どうすればうっかりミスを防げるのか、明日から簡単にできる対策を紹介したい。 普段はもちろん、仕事でもミスが多くて落ち込んでしまう人も多いかと思う。どうしてもミスを ...

シンプルなお掃除, 一人暮らしの掃除・洗濯

出そうと思っていたゴミを出し忘れてしまった、そんなときの対処法を紹介したい。 かくいう私も、よくゴミを出し忘れる人間だ。部屋に溜まっていくゴミ袋を見るたび、ゲンナリしてきたりもする。 そんな忘れっぽいズボラの、ゴミの日との付き合い方とは?詳 ...

おひとりさまの考え方

発達障害や精神障害者のなかには、がんばっても働けないという人が少なからずいる。また、そもそも働きたくないという人もいるかと思う。 そういう人に対し「あなたにあった仕事を見つけよう」「働こうと思えば働ける」という声もあるが、仕事というのはそこ ...