ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

熱狂的なジャニーズファンと毒親の、恐るべき共通点

2018年5月2日

スポンサーリンク

熱狂的なアイドルファンと毒親には、深い共通点があるように思う。お互い「自分はあんなんじゃない」と言うだろうが、よくよく観察してみると考え方や行動パターンがそっくりだ。

一体どういう点が似ているか、じっくりさぐっていこう。

スポンサーリンク

自分の信じたいものしか信じない

アイドルファンのなかでも、熱狂的なジャニーズファンにはヤバいと感じる人が多い。偏見かもしれないが、現実がみえてないんじゃないかという人が目立つのだ。

たとえばちょっと前のSMAP解散騒動では、賛否両論、無数の意見がとびかった。なかでも熱狂的な一部のジャニーズオタクは、

・解散さわぎは事務所やエライ人の陰謀

・本当は5人はとても仲がいい

みたいなことを言っていた。今でもそう信じている人も多いかもしれない。SMAPを再結成してほしいという声も根強い。

しかしSMAPを止めてジャニーズ事務所を去った3人をみると、とても晴れ晴れしていて楽しそうだ。正直、SMAPにいた頃より生き生きしている。なんというか、それまで隠していた負のオーラが消えた感じだ。

そういう様子をみると、あの3人はジャニーズを辞めてよかったんだろうなと思う。あのままジャニーズにいても、幸せじゃなかったろう。

おそらく本当のSMAPファンなら、同じような意見を持つんじゃなかろうか。SMAPの解散を悲しんで再結成を望む一方、5人それぞれの意志を尊重するんじゃないか。

だが熱狂的なファンは解散は陰謀だから認められないし、5人揃ったSMAPがあるべき姿だと信じている。今の5人の様子など目に入らないのだ。

そういう人はSMAPの5人にとっていい道かどうかより、SMAPというアイドルの姿ありきで物ごとを考えているんだろう。熱心すぎるファンほど5人の心情を受け入れられないというのは、なんとも哀しいことだ。

先日の強制わいせつ事件でも、

・ハニートラップでは?

・キスくらいで騒ぎすぎ

のような意見がかなり多く見受けられた。

確かに熱心なファンなら、大ショックなのは分かる。だからといって、本人の罪まで正当化・もしくはなかったことにしようとするのはいかがなものか。

もし被害者が自分の大事な人だったら、同じような態度が取れるだろうか。想像力をもうちょっと働かせてみてほしい。

毒親は子供に理想を押し付ける

こういう現実を受け入れられない傾向は、そのまま毒親にも当てはまる。毒親が見ているのは本来の子供の姿じゃなく、自分が作り出した理想の子供なのだ。

子供が理想どおりに振る舞っていれば大丈夫だが、ちょっとでも理想からズレると大変だ。

・それはあなたらしくない

・本当のあなたはそんな子じゃない

・あなたのために言ってるんだよ

みたいな言い分で、なんとか型どおりの理想に子供を押し込めようとする。子供の現実を受け入れられなくて混乱する様子は、SMAP5人の今を受け入れられない熱狂的なファンと同じだ。

アイドルはファンが望むように振る舞うのが仕事だから、そういう堅苦しさも仕方がない部分があると思う。だが子供の人生は100%子供のものだ。親が自由に振り回していいものじゃない。

子供は親の理想を押し付けられると、自分を押し殺して窮屈な生き方しかできなくなる。その押し殺した部分が負のオーラになって、自らをむしばむのだ。

前のジャニーズを去った3人も、SMAP時代は自分を押し殺して生きてきたんだろうと思う。今はそういう重圧から解放されて何よりである。

スポンサーリンク

自分の心にフタをして表面を取りつくろう

だがSMAPが解散しないでほしいとストレートに言えるのは、自分の心に正直という点ではいいのかもしれない。表面上は個人としてのアイドルを応援しつつも、心の中ではそれを認められないという方がよほど怖い。

ジャニーズアイドルの結婚報道があったときのファンの反応をみても、多くは2通りに分かれる↓

・結婚なんてゆるせない!

・私は応援するよ

問題は2つ目の、「応援するよ派」だ。もちろん本当に応援する冷静なファンの方が大多数だろうが、一部「結婚を許してやってもいい」みたいなニュアンスのファンがいるのだ。

「許してやってもいい」というファンの心理を考えるに、おそらくは

・本当は結婚なんて認めたくない

・でも大っぴらにそう言うのもはしたない

・まあこのレベルの女性なら許せるんじゃない?

・流石は私の〇〇!

みたいなルーチンが働いているんじゃなかろうか。「流石は〇〇!」というところまで持っていってようやく、結婚を認められるのだ。いわゆる「認知的不協和の解消」というやつだろうか。

認知的不協和というのは、どうにも納得いかない出来事のことだ。そういうとき人は、自分を納得させるための思考パターンを作り出すのことだ。思い込みが強い人ほど、これで自分を守っている。

また、「流石!!」という考えのウラには「そういう〇〇を好きな私」「〇〇の結婚を認めた私」という一面もあるんだろう。アイドル個人というより、結局は自分が大事なのだ。

毒親も自分が大事

毒親も毒親で、自分が子供より上に立つためにあらゆる手を使う。子供がなにか失敗しても成功しても、「こうなると思ってた」という。全て自分の思い通りに進んでると考えるのだ。

表面上はおだやかに取りつくろうのも、毒親にとっては大事なことだ。なによりも自分を守ることが大事だから、見たくない感情には完全にフタをする。

だから一見「いい人」というのは、油断できない。顔では笑っていても、中ではどんなことを考えているのか読めないからだ。

人は見たいものしか見ないし、信じたいものしか信じない。毒親と熱狂的なアイドルファンは、そういう点ではとてもよく似ている。

ただ私がここで取り上げたのは、あくまでも盲目的で熱狂的な一部のファンだ。大多数のファンはもっと冷静に、アイドルの仕事とプライベートを区別して応援しているだろう。「ジャニーズファン=現実が見えてない」ということじゃないので、ご了承いただきたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi