弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの光熱費を節約するため、電気料金の対策を考える。

公開日:2016.06.18

スポンサーリンク

今回は、一人暮らし光熱費節約するための電気料金対策を考えます。

電化製品をバンバン使っているわけではないのに、料金を見ると意外とかかっています。今後はどの辺りを削れるのか、色々と模索中です。

現在の電気料金、2,500円

まず、引越し当初の電気代を見てみます。3~4月の電気代はこんな感じでした↓

P_20160617_085101

翌5月はこんな感じです↓

P_20160617_085108

そして6月の電気代は、こうなりました↓

P_20160617_085118

平均を見る限り、可もなく不可もなくという感じです。むしろ電化製品が少なめの身としては、使いすぎの感すらあります。

ここ数ヶ月で電気代が減ったのは、電気毛布を使わなくなったせいもあるかと思います。冬場の暖房器具は、やはり多少の電気代がかかります。

あまりの部屋の寒さに、引越し数日で電気毛布を買いました⇒節約系ミニマリストの防寒対策。電気代を安くするなら、電気毛布がおすすめです

換気扇の電気代

電気代が減らない原因として思い当たるのは、24時間付けっぱなしの換気扇3台です。これで、月に数百円の差が出ているのではと思われます。

なぜ部屋中の換気扇を付けっぱなしにしているかというと、これは虫対策です。通気口から虫が入ってこないよう、常に換気扇をONにしています。

ほかにも、生ゴミを出しっぱなさない、每日床掃除など、色々と虫対策はしています⇒ミニマリストが実践する虫対策。家にゴキブリやコバエを寄せ付けない方法

2,500円のうちの数百円も気にはなりますが、Gの侵入はそれ以上に気になります。特にこれからの夏場は、換気扇を止めるのはリスクが高い気がします。

そこで現状は、換気扇以外の部分でできそうな対策をやっています。

自動湯沸かし機能を停止

まず一番にやったのは、自動湯沸かし機能を極力使わないことです。基本は、お風呂に湯船を張るときだけONにしています。

この機能はガス代だけでなく、待機電源も余計にかかる代物です。ガス代と電気代が妙に高いと感じたら、おそらく自動湯沸し器や自動お湯はり機能のせいです。

30A→20Aに変更

電気のアンペアを、途中から「30A→20A」に変更しています。これで、1月に280円の差が出ます。

アンペアを下げるとブレーカー落ちのリスクが高まりますが、今のところ全く問題なく生活できています。1回、電気ケトルと布団乾燥機を同時に使おうとしてアラームがなったくらいです。

たまにドライヤーと布団乾燥機の同時使いをしますが、それは問題ないようです。

ドライヤーは、低温のエコなものを使っています⇒髪の毛のケアと電気代節約を考えた結果、低温エコドライヤーにたどり着いた話

ただ、炊飯器と電子レンジなど、キッチン家電の同時使いはおそらくアウトです。電子レンジをよく使う人は、30Aの方が安全です。

冷蔵庫を節電モードに

どこまで効果があるか分かりませんが、冷蔵庫を節電モードにしています。冷蔵庫は常にスカスカなので、フルパワーで冷やさずとも食品は保存できています。

ただ、我が家の冷蔵庫は140Lと小さめです。元々小さい冷蔵庫を節電モードにしても、効果は100~200円程度のようです。それなら、冷蔵庫のサイズを変える方が節電効果は高いでしょう。

スポンサーリンク

自然光の活用

とても地味な対策ですが、太陽光を活用すれば照明が少なくて済みます。我が家の場合、照明器具はリビングの蛍光灯1つのみです。夜は少々暗いですが、それでも何とかなっています。

自然光を取り入れるには、カーテンを開放するのが一番です。後は家の中に光を妨げるものがなければ、その分明るくなります。

私も勢いだけでカーテンを断捨離したのですが、部屋がかなり明るくなりました⇒ミニマリストが部屋からカーテンを断捨離して実感した、メリットとデメリット

が、勤め人であれば、そもそも日中家にいることは少ないと思います。照明云々というのは、私のような一日中自宅にいる人間だけの話だと気付きました。

でんき家計簿に登録

節電とは直接関係がありませんが、東京電力の場合「でんき家計簿」というサービスに登録できます。でんき家計簿は、ネット上で電気料金のチェックや契約変更ができるものです。

これまでの電力使用量を見たり、同じような契約世帯の平均と比べることも出来ます。電気代の現状を知れば、また対策も立てやすいのではと思います。

これからの季節は、冷房やら扇風機やらでますます電気代がかかる時期に入ります。なるべくこれ以上の家電は使わない方向で、節電に励んでいこうと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850371総閲覧数:
  • 591今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ