ミニマリスト「部屋着はいらない!」←じゃあメリットとデメリットを考えてみよう。

スポンサーリンク

ミニマリストにとって、部屋着はほぼ無用なものと思われている。しかし本当のところはどうなのか、部屋着のメリットデメリットを考えてみたい。

確かに部屋着はムダが多いが、いい点もある。実際ものがない暮らしをする、ミニマリストの実感を紹介したい。

スポンサーリンク

部屋着のデメリット

まずは、ミニマリストの多くが考える部屋着のデメリットをみていきたい↓

服を捨てない言い訳に使われる

部屋着を持つデメリットの最もたるは、これだと思う。「部屋着にするから」と言ってしまうと、服が捨てられなくなるのだ。

たとえ部屋着を持っていても、最低限だけ残して後は捨てているならいい。だが「部屋着にする」派の大半は、まだ着れる服を捨てるのがもったいなくて言い訳しているだけだ。

自分に捨てる気があっても、家族に部屋着派がいるとまためんどくさい。自分が捨てた服を次々と回収され、結局押し入れなどが満杯になるという悲劇が起こる。

しかし「部屋着に……」といってしまう人は、その部屋着候補を全て着てるのか己に問うてみてほしい。それらをボロボロになるまで着倒すのに、どれだけの時間がいるだろうか。すでに一生分の部屋着を持っている人も多そうだ。

部屋着そのものの問題ではないのだが、逃げ道を断たないと服も断捨離できない。最初から部屋着なぞ持たなければ、言い訳のしようもなくなる。

ボロっちい服が増える

部屋着というのは、基本は外に出る目的では着られない服を指すんじゃなかろうか。すると、ボロっちい服が増えるということになりやすい。

不思議なのだが、ボロっちい服、ダラっと伸びた服というのは、こちらの気分までダラけやすい。色々と面倒くさくなってきて、動きたくなくなるのだ。古着だとそこらに寝っ転がりやすいのも、理由の1つかもしれない。

逆に動くための服に着替えると、気分もシャキッとする。部屋着だとダメ度がアップする人は、部屋着と外着は分けない方がいい。

突然の来客に困る

部屋の中で過ごすんだからボロっちくてもいいのではという声もありそうだが、油断していると痛い目を見る。誰しも、突然の来客で焦った経験はあるんじゃなかろうか。

うっかり宅急便がくるのを忘れていて、慌てて着替えるというケースは多い。ほかに適当な服がないと、さいあく居留守を使ってやり過ごすということにもなったりする。ドライバーさんも仕事が増えるし、いいことがない。

お出かけ着に着替えるのがめんどくさい

部屋着のままでは外に出られないので、なにか用事があるときは着替えないといけない。しかし、ゴミ出しや近所へ買い物へ行くのに、いちいち着替えというのも面倒じゃなかろうか。

(特にゴミ出しは時間との戦いだから、イラッとさせられやすい)

逆に外から帰ってきたときも、また部屋着に着替えないといけない。脱いだ服を洗濯に出したり、たたんでおくのも疲れた身には手間だ。そこら辺に脱ぎっぱなしの人も多いんじゃなかろうか。

めんどくささがピークに達すると、上着でごまかして外へ出たりするようにもなる。ちゃんとした服を着ていれば、そんな苦労もせずに済むのになあと思う。

お気に入りを着るチャンスが減る

なかには、「部屋着&近所用」の服として使う人もいるだろう。これはこれで合理的だが、部屋着というのはお気に入りじゃない2軍服が多いんじゃなかろうか。

なぜ2軍の服を、そこまで着なきゃいけないのか。どうせなら、好きな服をたくさん着た方が得だと思う。

近所だろうがなんだろうが、お気に入りはどんどん着ればいい。お出かけ着が汚れちゃ困るというのあら、こだわりのワンマイルウェアを選ぶのでもいいと思う。

着たい服を着るコツはこちらでも紹介中⇒着たい服を着よう。少ない服でおしゃれに着まわす一番のコツ。

部屋着を持つメリットとは?

スポンサーリンク

部屋着のデメリットを、ザッと挙げてみた。次は、それでもあえて部屋着を持つメリットについてだ↓

気分にメリハリが出る?

部屋着だと、外に出るときに着替えるのが面倒だといった。しかし逆に、ひと手間かけて着替えることで気分にメリハリが出るのだ。

パジャマと部屋着の問題でも、メリハリは大事なポイントだ。詳しくはこちら⇒ルームウェアとパジャマって、使い分けた方が良いの?カレジョの実感。

普通の服よりもルームウェアの方が、リラックスしやすいという人もいるだろう。オンオフをしっかり切り替えたいというときは、部屋着と外着を分けるとよさそうだ。

お気に入りの服を保護する役目

また、お気に入りの服はどんどん着ればいいといったが、問題がないわけじゃない。1着を着倒せば、寿命もそれだけ短くなってしまう。

難しいところだが、好きな服はできるだけ長持ちさせたいところだ。こういうときこそ、古着が役に立つ。

私のように一日部屋のなかで作業することが多い人間だと、部屋にいるだけなのになんだかなあという気分にもなってくる。そういうときはトップスだけ、部屋着に変えたりもする。

掃除や料理のときは、古着をエプロンとして活用できる。お気に入りの上から着れば、汚れやニオイ移りの心配もなしだ。

防寒着として活躍

ちなみに冬の時期は、古着は貴重な防寒着としても活躍する。少しでも電気代を安くしたい身としては、部屋の中で着込むことは欠かせない。

冬の防寒ファッションのコツはこちらでも⇒ズボラの冬コーデ、楽しておしゃれに防寒できる服装とは?

薄いカットソーでも、2枚3枚と重ねると暖かい。その上からジャンパーを着れば、ノー暖房でもやり過ごせる。

パジャマを持たずに済む

部屋着をパジャマとして使えば、パジャマがいらなくなる。私も普段着のまま寝るようになってから、パジャマを着なくなった。

普段着のまま寝るのは、意外に楽なのだ。詳しくはこちら⇒楽ちんすぎて止められない。毎日同じ服を着るメリットとは?

パジャマはリラックスして寝るにはいいが、寝る以外に使えないのがミニマリスト的には物足りない。万が一地震があったとき、そのまま逃げるのもちょっと不安だ。

専用のパジャマでなく、古着をパジャマ代わりにしている人もいるだろう。そこを古着でなく、もうちょっと新し目の服にするのもありじゃなかろうか。

冬用の部屋着を持ってます

私自身、新しく買った服を護るための冬用の部屋着を持っている↓

穴だらけで伸び放題、まさに部屋でしか着ない服だ。

新しく買った服はこちら↓

普段着とパジャマを分けない暮らしだが、この服で寝るのはちょっと抵抗があった。普段着をパジャマにすると、傷みのスピードが上がるからだ。

せめて今年くらいは、外に着ていくときだけ使おうと思った。そこで、代わりの寝間着が必要になったのだ。

寝ていても服が傷まない方法があれば、古着はいらないかもしれない。何かいい手があるだろうか。

部屋専用の服というのは、ミニマリスト的にデメリットが多いものだ。が、あればあったで使いようもある。ありきたりではあるが、ケースバイケースじゃなかろうか。

ただ部屋着を持つにしても、着る目的がないといらぬ服が増える。ただなんとなく、部屋用の服を増やすことだけは避けたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi