ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

ズボラの冬コーデ、楽しておしゃれに防寒できる服装とは?

スポンサーリンク

まだ本格的な冬ではないが、寒い日が増えてきた。寒さに負けないよう、手持ちの洋服で今すぐ楽にできる防寒ファッションのコツを紹介したい。

しかしただ着込むだけでは、おしゃれではない。コーデを楽しみつつ防寒できる服装は、どうやったらできるだろうか?

 

スポンサーリンク

冷えやすいパーツをカバーせよ

身体の中には、特に冷えやすい部分がある。特に以下のパーツは、積極的にカバーしたい↓

・ツボが集中している頭

・太い血管が通っている「首」

・内臓が多いお腹~下半身

以下から、それぞれ見ていきたい↓

ツボが集中している頭

頭というのは、意外と冷えやすい。私はそれを、真冬に髪を切って風邪をひいたときに実感した。私はその後、冬は帽子を被ることにした。

私が使っている帽子はこちらでも紹介している⇒ミニマリストになりたくて服を捨てたら、半分以下に減った話。カレジョの断捨離実践記

帽子を被るだけでも、ずい分と暖かい。さらに耳あてやマスクもあれば、ホッカホカだろう。

が、耳あては似合う人・似合わない人が分かれるから注意がいる。帽子も自分に似合う形でないと、野暮ったくなりがちだ。

太い血管が通っている「首」

「首」が付くパーツは太い血管が通っていて、カバーすると体温が上がりやすい。首・手首・足首は、なるべく外に出したくないところだ。

それぞれの防寒対策は、こんな感じになるだろうか↓

・首→マフラー、スヌードなど

・手首→長袖、手袋など

・足首→パンツ、ブーツ、タイツなど

特に足首は、スカート派の女性は冷えやすそうだ。厚手のくつ下やタイツでカバーしたい。

内臓が多いお腹~下半身

お腹周りは、臓器が集まっている。臓器を冷やすのは健康的にも良くないから、カバーしていきたい。いつもミニスカートを履いている人は要注意だ。

防寒アイテムで私がおすすめしたいのは、腹巻き一体型のパンツだ。薄手のタイプを選べば、服のうえからでも響きにくい。さらに心配なら、ホッカイロを貼るのもいい。

私も冬は、ヒートテックだ。詳しくはこちら⇒ユニクロのヒートテック洗濯チャレンジ。10回洗った後はこうなります。

ブラトップ+薄いインナーの重ね着

ヒートテックのようなインナーは薄いものを重ね着した方が、空気の層ができて暖かさが長持ちする。仕事場が寒いときなど、上着を着れない場面で活躍するだろう。

下着も冬の間だけは、お腹周りまでカバーできるブラトップにするのもいい。その上からインナーを1~2枚重ねれば、かなり暖かくなるはずだ。

スポンサーリンク

防寒でも「似合う」にこだわる

具体的なアイテムやコーデの紹介よりも、自分に似合う防寒アイテムを探すのがおしゃれするには一番楽だ。アイテム別では、個人差により似合う・似合わないが分かれてしまう。

私は骨格診断やパーソナルカラーを参考にしているが、これは基準がハッキリしていて分かりやすいと思っている。相性の良いものさえ着れば、小難しい着こなしを考えずとも決まってみえるのが楽だ。

そこで以下から、似合うことを考えた防寒対策を見ていきたい↓

アウターは形にこだわれ

防寒の主役となるアウターは、自分の骨格に似合うものを選びたい。タイプ別に似合うアウターは、こんな感じだ↓

・ストレートタイプ→トレンチコート、テーラードジャケットなど

・ウェーブタイプ→Pコート、ダウンジャケットなど

・ナチュラルタイプ→ムートンコート、ざっくりニットなど

冬になると街中のダウンコート率が大幅に上がるが、似合わない人が着るとボリュームが出てダルマになってしまう。おしゃれを考えるなら、アウターの種類は厳選したい。

骨格を見極めるコツはこちらで紹介中⇒骨格診断を自己診断する7つのコツ。自分に似合う服が分からないときの対処法とは。

どうしてもダウンを着たいときは、アウターの中に着る薄手のダウンベストがいいのかと思う。ベストが見えるとちょっとダサいので、前は閉めて隠していきたい。

ブーツの長さと形にもこだわれ

なかには、ブーツで防寒する人もいるんじゃなかろうか。やはり骨格別に似合う形があるので、できるだけこだわっていきたい。

骨格別に似合うブーツはこちら↓

・ストレートタイプ→革製のブーティ、ショートブーツなど

・ウェーブタイプ→ファー付きロングブーツなど

・ナチュラルタイプ→ムートン、ウェスタンブーツなど

ウェーブとナチュラルはブーツと相性がよいが、ストレートタイプだとベストな組み合わせと言いづらい。パンツを履くか、シンプルなヒールに厚手のタイツの方が無難だ。

裏起毛パンツはありか?

防寒アイテムとして、裏起毛のパンツも人気がある。裏起毛のレギンスパンツなどは、ウェーブタイプの人が得意なアイテムじゃないかと思う。

しかしこうした防寒系ファッションアイテムは、ほかの服に比べてモサい。よほど相性がよくないと、「防寒してるなあ」感が全面に出てしまうだろう。

あくまでもおしゃれにこだわるなら、薄手のタイツ+パンツの方が自由度が出ていいと思う。私としては、やはり腹巻きパンツでしのぎたいところだ。

巻き物は色が肝心

顔に近いアイテムであるマフラーなど巻き物は、色が最重要になってくる。服の色がイマイチでも、巻き物の色でカバーすればごまかせる。

パーソナルカラーの話はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

肌色タイプ別の、似合う色はこちら↓

・春タイプ→淡いピンクやクリーム色など

・夏タイプ→薄むらさきやミントグリーンなど

・秋タイプ→オレンジやからし色など

・冬タイプ→レッド、モノクロなど

マフラーにおなじみの色や柄も、肌色や骨格によっては似合わないこともある。買う前に試着をして、顔色が悪く見えないかどうかチェックしたい。

見えない部分は防寒アイテムを駆使して、見える部分は似合うファッションアイテムを使う。面倒にも感じるが、それが楽におしゃれするには確実じゃなかろうか。特に骨格は一生変わらないから、一度知ればかえって楽だ。

いつも着ぶくれしてしまうという人は、今年は似合うアイテムを意識してみてほしい。

 

スポンサーリンク

Posted by yayoi