弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

歯周病予防が水だけでできる。歯垢がスッキリ落ちるイオン歯ブラシを使った効果。

公開日:2017.01.08

スポンサーリンク

歯周病予防が水だけでできる、イオン歯ブラシを使った実感を紹介します。きっかけは数年前、知覚過敏になったのをきっかけに始めたデンタルケアでした。

当時は歯磨き粉やジェルを色々試していましたが、イオン歯ブラシは水だけでOK。気軽に使えて助かっています。

イオン歯ブラシってどんなもの?

今私が使っている歯ブラシは「イオン(電子)歯ブラシ」です。仕組みはとても単純で、「イオンの力で歯垢を落とす」という風になっています。

何でも口のなかの歯垢は、元々「プラスイオン」を帯びている状態なんだそうです。イオン歯ブラシは、それをマイナスイオンで根こそぎ取るという理屈になっています。

しかし仕組みは分かったものの、正直なところ「そんなんで本当に歯がきれいになるのか?」というのが使う前の思い。最初にイオン歯ブラシを使った感想も、「いつもより歯がツルツルかも?」程度でした。

新聞に載っていたような、「きつい口臭がなくなった」「歯茎が驚くほど締まった」などの劇的な効果は実感できず。それでも「付属の替えブラシを使いきるまでは」と、地道に使い続けていました。

二年間ご無沙汰だった歯医者が首をかしげた

そんな私がイオン歯ブラシの底力を思い知ったのが、欠けた前歯の治療で歯医者に行ったときです。治療のついでに、歯石も落とすことになりました。

検査のために口のなかを観察していた歯科医さんが、「あれ?」と首を傾げだしました。

その言葉に一瞬不安になりましたが、直後に「何の問題もありませんね」の一言。「確か(最後の検診は)二年くらい前ですよね?」との問いかけに「そうですね」と頷く私。

この間、もちろん他の歯医者に行ったりはしていません。不思議がる歯科医さんを見て、「イオン歯ブラシは本物だ」と恐れおののいていました。

スポンサーリンク

私が使ったイオン歯ブラシはこれ

私が今使っている電子歯ブラシは、「hyG(ハイジ)」というものです。固さは「ふつう」を選択しました。

本体を一度買えば、後は替えブラシを買い換えるだけで大丈夫です。一つのブラシで、約1ヶ月間使えます。使い方は普通の歯ブラシ同様、毛先に水をつけて磨くだけ。歯磨き粉はいりません。

実際使った実感としては、ブラシがかなり硬めです。「ふつう」でもかなりハードなので、軽く握って力を入れすぎないようにしています。

そして毎日使っていると、本体の電子が流れるが金属の部分が歯垢で汚れてきます。そのままだと効果が落ちるので、まめに洗わないといけないのが少々面倒でもあります。

また、電子歯ブラシは電池式。たまに電池の残量を、歯ブラシに付いているテスターでチェックしないといけません。

普通は電池が切れたら本体を買い換えるのですが、内臓の豆電池を変えれば使い続けられます。少しでも節約したい場合、豆電池を別に買うのがおすすめです。

今や歯周病は、20~30代の若い世代でも当たり前になっています。歳をとってからも自分の歯で美味しく食べるためにも、歯磨きと歯医者のチェックは欠かさずにいたいです。

私が使っている電子歯ブラシはネット販売ですが、ドラッグストアにもイオン歯ブラシが色々置いてあります。まずはお店で、色々チェックするのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿