お金をかけない美容と健康法。今すぐ対策できる5つの生活習慣。

スポンサーリンク

美容と健康は、足元からです。お金をかけずに今すぐできる、生活習慣対策を紹介します。

高いお金をかける健康法というのは、続けるのが難しいです。基本的なところから固めていく方が、地味でも確実に効果があるんじゃないでしょうか。

私は普段、こんなことに気をつけるよう意識しています。

スポンサーリンク

1.食事を手抜きしない

やはり健康の基本は、食に尽きるんじゃないでしょうか。バランスの良い食事というのは、それだけで寿命を伸ばしてくれます。

食事で気を付けると言えば、ほとんどの場合が暴飲暴食じゃないでしょうか。ストレスからたくさん食べて飲むというのは、かえって身体に良くありません。

小腹が空いたときにお菓子などをつまんでしまうのも、積もり積もれば太るもと。間食するにしても、腹持ちが良くて栄養のあるものが良いです。

私がおすすめしたいおやつは、素焼きのナッツです⇒健康生活は1日100円で手に入る。素焼きの無塩ミックスナッツの効果とは。

ナッツはカロリーは高めですが、炭水化物よりも腹持ちが良くて太りにくいというメリットが。ダイエット中のおやつにもおすすめです。

お値段は1kg3,000円前後で、1ヶ月分くらいになります。1日100円と思えば、巷のお菓子よりもお金がかからないんじゃないでしょうか。

しかし逆に、食べなさ過ぎるというのも良くありません。かくいう私の場合、面倒くさい&節約のために、食事が質素になることの方が問題です。

あまりに食事が質素だったせいか、生理が9ヶ月止まったこともあります⇒生理が来ない不安やストレスは忘れよう。9ヶ月の無月経が再び来た理由とは?

今は何とか復活してはいますが、月経血が少ないです。多分、肉などのタンパク質が足りてないせいじゃないかと思っています。

食費の節約をやりすぎて、栄養失調になっては余計にお金がかかることに。実家のお世話にもなりつつ、倒れないように気を付けます。

2.歯磨きは丁寧に

食事を摂るには、何よりも歯が命。歯が無事でこそ、美味しい食事も食べられるというものです。

歯の健康を守る基本は、毎日の歯磨き。最近の研究では、1日1回でもしっかり磨けば大丈夫というデータもあります。あまり磨きすぎると、かえって歯や歯茎が傷つくのです。

しかし毎日歯を磨いていても、雑だと汚れが残ってしまいます。マメに新しい歯ブラシに取り替えたり、効果の高い歯ブラシを使うのが良いです。

私は一時期、歯垢がよく取れる電子歯ブラシを使っていました⇒歯周病予防が水だけでできる。歯垢がスッキリ落ちるイオン歯ブラシを使った効果。

さらに理想は、半年に1回は歯医者に行くこと。溜まった歯石を取るには、やはりプロの力が必要です。

ちなみに最後に歯医者へ行ったとき、アドバイスされた歯磨き方がこちらです↓

・歯の1本1本をきれいにするように磨く

・歯周ポケットに歯ブラシの毛先を当て、マッサージするように磨く

・歯と歯の間も毛先を入れて磨く

・歯ブラシはそっと握る

・歯磨き粉はつけ過ぎない

ここ数年はお金を言い訳にしてずっと歯医者に行ってないので、そろそろ診てもらいたいです。

スポンサーリンク

3.睡眠不足は万病の元

夜更かしが多かったり寝る時間がバラバラだったりすると、睡眠不足に。睡眠時間が十分でも、睡眠の質が低いと疲れが取れにくくなります。

睡眠の質を低くする原因は、周りの騒音や寝る前のスマホ・テレビなど。寝る前のスマホが睡眠に悪いのは、おなじみの「ブルーライト」が原因です。

私も最近スマホをいじってから寝ることが多いですが、少し寝付きが悪くなったかなと感じます。やはり寝る1~2時間くらい前には、スマホは見ない方が良いんだと思います。

ちなみに騒音の方は、耳栓で対策しています⇒騒音対策には耳栓が一番効果バツグン。在宅ライターがおすすめする使い方。

仕事が忙しくて寝るのが遅くなったときも、睡眠不足になりやすいです。そういうときは、次の日に早く寝るようにしています。

さらに体内時計をリセットしたいときは、午前中から散歩に出かけて太陽の光を浴びます。朝日をしっかり浴びると、夜には眠くなって寝やすいです。

4.運動不足で身体がたるむ

人は身体を動かさないと、あっという間に筋肉が衰えていくもの。最近は老化に備えて、部屋の中で運動するようになりました。

私がよくやっているのは、下半身に効くスクワットです⇒スクワットで即効足痩せなるか?~3月の1ヶ月チャレンジ~

しっかり腰を下げてやると、だんだんと全身に汗をかいてきます。その場で手軽に出来るのに、意外と体力を使うエクササイズです。

とにかく足腰を鍛えておけば、齢をとっても何とか暮らしていけるんじゃないかと思っています。70を過ぎても、自力でスーパーまで買い物に行けることが理想です。

いきなり運動するのが難しくても、駅の階段を使ったり、歩ける場所には歩いて行くなど。ことあるごとに運動を取り入れることはできます。大事なのは、身体を動かそうという意識です。

5.イライラすることが多い

仕事でイライラ、人間関係にイライラ、現代社会はイライラすることで溢れています。そのストレスを溜めっぱなしにしておくのも、健康には良くないです。

イライラを解消するコツも紹介しています⇒仕事のストレスに限界を感じたら読んで欲しい、心が軽くなる方法や考え方まとめ。

ストレスを溜めない一番のコツは、自分のペースで生活することじゃないかと思っています。仕事でストレスが止まらないなら、その仕事のリズム自体が合ってないのかもしれません。

かくいう私は会社勤めが合わず、フリーのライターに転職した人間です。自分の好きなときに起きて、好きなときに文を書く生活。毎日会社に通勤していたときのような、憂うつさはなくなりました。

特に日本は、我慢し過ぎの人が多いと感じます。あまりにストレスが多いなら、もっと自分の自由にして良いんじゃないでしょうか。

美容と健康は、毎日の生活習慣から直す。お金もかからず、確実に効果の出る方法です。

色々と忙しくてつい後回しになりがちですが、何事も身体が資本。私もつい健康を二の次にしがちなので、気を引き締めます。

スポンサーリンク

Posted by yayoi