ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

本気のダイエットなら、オートミールから作る手作りグラノーラがおすすめ。

2016年8月19日

スポンサーリンク

普段の食事をグラノーラに置き換える「グラノーラダイエット」。より健康的に痩せるなら、手作りグラノーラでやるのがおすすめです。

オートミールさえ用意できれば、グラノーラは割りと簡単に作れます。市販品よりも安く上がるので、節約したい人にも良いレシピです。

スポンサーリンク

手作りが市販品よりも良い点

なぜ、市販よりも手作りの方が良いのか?それは、巷で売っているグラノーラには余計なものが入りすぎだからです。

特に気になるのは、植物油脂の存在です。植物油脂は摂り過ぎると、動脈硬化などのリスクが高まると言われています。健康のことを考えるなら、避けた方が良いものです。

日本の場合、加工品にはほぼ使われています⇒植物油脂を減らして変わったこと。トランス脂肪酸の影響とは?

ほかにも砂糖やら各種添加物やら、パッケージの裏を見るとズラッと並んでいるのが分かります。よしんばこれで痩せられたとしても、健康面では不安が残ります。

「健康上問題ない」とは言われていますが、摂らずに済むものなら摂らないに越したことはありません。手作りならば、シンプルな材料でできるので市販よりも安心して食べられます。

グラノーラ自体はカロリーが高い

ただ注意せねばならないのは、手作りグラノーラでもカロリーがそれなりにあるということです。具材を固めるときにどうしてもハチミツや油が必要なので、その分は避けられません。

ダイエット目的でないなら良いのですが、痩せたいとなると食べ過ぎは絶対に禁物です。あくまでも、普通の食事を置き換える形で取り入れるのが良いようです。

おそらく、間食などでパクパク食べていると逆に太ります。ハチミツや油を避けるなら、ただオートミールと具を混ぜただけのミューズリーの方が良いです。

グラノーラは簡単に作れる?

私も健康的な朝食を求め、グラノーラを度々作っています。ちょっと前まで使っていたのは、こんな具材たちです。

・オートミール…3.5カップ(1カップ=180ml)

・冷凍ブルーベリー…1カップ

・ゴマ…適量

・食用油…大さじ1

・ハチミツ…大さじ4

これで、バット1つに敷きつめられるだけのグラノーラができます。私はチビチビ食べて、3~4日は持たせていました。

スポンサーリンク

フライパンで焼く→冷蔵庫で固めて完成

作り方も、とてもシンプルです。少々時間はかかりますが、フライパン1つで作れます。

1.油とハチミツを、フライパンで熱して溶かす

2.そこに、残りの材料を投下

3.ある程度固さが出て、オートミールに焼色が付くまで炒める↓

P_20160724_1433452

4.炒めた具材をバットに敷きつめ、冷やしたら完成です↓

P_20160724_1443382

オーブンがあると、もっと出来上がりが安定すると思います。ただ我が家にはオーブンもトースターもないので、何とかフライパンで試行錯誤しています。

本当はシリアルバーにしたかった

結果的にグラノーラになってしまいましたが、本当はシリアルバーにしたくて何度も挑戦しています。が、どうしてもうまく食材同士が固まってくれません。

ハチミツの量が少ないのか、具材の粒が大きすぎるのか?バットに入れるときは力を込めて圧縮しているつもりですが、カットするときにボロボロと崩れてきます。

おそらくはオートミールの1粒1粒が大きすぎて、バー状にならないのが原因です。もっと細かい粉状にできれば、より固まりやすくなりそうな気はします。

私もオートミールの袋を一生懸命揉み込んだりはするものの、人力では限界を感じています。フードプロセッサーなりミルなり、細かくできる道具が欲しいところです。

材料を混ぜて焼くだけで、美味しいグラノーラはできます。ダイエットに限らず、栄養バランスの良いオートミールは朝食におすすめの食品です。

スポンサーリンク

Posted by yayoi