弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

お金を節約するなら知っておきたい、無駄遣いの理由と対策。

公開日:2016.07.27

スポンサーリンク

今回は、人が無駄遣いをしてしまう理由対策について考えます。

お金節約は、どこまで行っても「収入>支出」を守ることに尽きます。様々なお得情報やテクニックを駆使する以上に、余計な支出を減らすことが第一の鉄則ではないでしょうか。

特に「理由もハッキリせずに買ったもの」は、無駄と感じやすいです。なぜ曖昧な理由でお金を使うのか?そこを突き詰めれば、無駄遣いの正体も見えてくるかと思います。

暇つぶしのため

暇で退屈だから、買い物に行ったり美味しいものを食べたりで紛らわせる。退屈しのぎにお金を使う人は多いです。もしくは、ストレス発散のためというのもあると思います。

かわいい雑貨を買う、レストランでご馳走を頼む、パーッと遊ぶ。その瞬間は確かに気分が上がり、心もある程度は晴れます。問題は、この高揚感が長持ちしないということです。

買い物はものを買ったときがピークだし、ご馳走も数時間で消化されます。暇つぶしのための消費はキリがなく、際限なくお金を使い続けないといけなくなるのです。

心のすき間を感じるとき、無駄遣いしやすい

理由はないけど、何か物足りない。何となく寂しい感じがする。そんな空白を埋めるときに手っ取り早いのが、お金を使うことです。いわゆる「心のすき間」を埋めるのに、買い物やグルメは手頃な方法なのです。

しかし前にも言ったとおり、もので心を埋めるのはキリがありません。根本的にすき間を埋めるには、自分と向き合うしかありません。

ストレスや疲れが溜まっているなら、お金を使うより身体を休めることが先決です⇒ストレス発散できる、8つのミニマルな方法。少しのゆとりで心はずっと楽になる

心のモヤモヤには、思ったことを書き出して見るのはどうでしょうか⇒心のデトックスとストレス解消方法には、モーニングページが簡単でおすすめ

部屋が散らかっているときは、掃除がおすすめです。キレイな部屋は、それだけで気分が落ち着きます。捨てるはずのゴミが溜まっている場合は、早めにゴミに出してください。

テーブルやテレビ台、キッチンなどは、散らかりやすいのでマメな掃除が大事です⇒家の中の断捨離できてない4つの場所。ここを片付けて掃除するだけで、室内はきれいになる

人に合わせて

人に合わせて一緒にものを買ったり、食事をする。より良い人間関係のためには、ときにお金を使うことも避けられません。

が、何でもかんでも人に合わせるのは無理があります。特に相手が自分よりお金持ちの場合、それに合わせていたのではこちらの財布が持ちません。

人に付き合ってお金を使うことの問題は、「本当は出したくないけどお金を出している」ということ。気が進まないことにお金を使うのは、思いのほかストレスがかかるものです。

それでもお金を出してしまうのは、周りに嫌われたらどうしようという不安からです。付き合いを断ったら仲間はずれにされるのでは、相手に嫌な思いをさせるのではと思うと、お金を出してしまうのです。

周りに嫌われるのが怖いのは、自分に自信がないからです。自分で自分を認められないから、周りから認めてもらおうとする状態です。

自信を付けるには、小さな成功体験を積み重ねるのが確実です⇒ポジティブになる方法を探している人へ。ミニマリスト生活で心に起こる良い変化とは 場所は「自分に自信がつく」です。

人と比べるのを止めるのも、自信を付けるには大事な要素です⇒ミニマリスト生活も服のファッションコーディネートも、人と比べないと楽になる。

他人のことを考えてしまう人は、その前に「自分はどうか?」と考えるクセを付けると良いです。重要なのは他の人の考えではなく、自分がどう思うかです。

ときには断ることも必要

100%相手に合わせるのではなく、気が進まないときは断ることも必要です。お金がないときは正直に「お金がない」ということも、ときには大事です。

付き合いのための飲み会も、嫌なら断って良いのではないでしょうか⇒年末年始、行きたくない飲み会や忘年会の無理のない断り方とは?

交際費がほかの支出より高い人は、人との付き合いを見直した方が良いかもしれません。每日のように飲み歩いていたり、見栄を張って多めにお金を出してはいないでしょうか。

毎週飲み会に参加しているなら月2回に。仲間に景気よくおごってしまうなら、禁酒宣言をしてしばらく付き合いをやめてみる。自分の財布事情に合わせた付き合い方も大切だと思います。

スポンサーリンク

衝動的に

これが欲しいと思ったら、後先考えずに即決してしまう。理性が吹っ飛んだ状態の買い物は、往々にして失敗するものです。

ストレスが溜まっている、欲しいものを我慢する習慣がないなど、衝動買いの理由は色々です。買い物の瞬間に理性が効かないのなら、予め衝動買いに備えるのが良いのかと思います。

無駄遣いしそうなパターンを知る

自分がどんなときに衝動買いに走るのか?そのパターンを掴んで、衝動買いのスイッチを入れないように行動をコントロールします。

ムシャクシャしているときに買い物したくなるのか、ネットのセールに夢中になりすぎるのか、美味しそうなスイーツを見るとついお店に入ってしまうのか。無駄遣いをしたタイミングで、メモなどに記録します。

衝動買いの記録が溜まってくると、自分の支出パターンが見えてきます。もし仕事で疲れたときに衝動買いが増えるなら、疲れをそもそも溜めない工夫を考えれば解決できます。

衝動買いについてはこちらでも⇒セールで安い洋服を見ても、衝動買いせず無駄遣いを防ぐ方法

自分のパターンを知って行動をコントロールするのは、衝動買い以外にも役に立ちます。まずは問題の行動を起こす「きっかけ」を知って、その対策を練ることです。

昔からの習慣

昔からの習慣というものは、よほど意識しないと変えられません。每日コーヒーショップに寄ったり、ランチと一緒におやつを買うことが、当たり前のようになってはいないでしょうか。

特に数百円単位の支出は、大きく感じないので見過ごされがちです。1日のうちにこういった「習慣」があると、お金は財布からどんどんこぼれていきます。

買いものは意識的に

無駄遣いというのは、ほぼ無意識です。無意識の買い物を掘り起こすには、意識的に買い物をするしかありません。

まずは1日の支出記録を取って、自分がどんなところにお金を使っているのか知る必要があります。お金を払うときは必ずレシートをもらって、家計簿やメモに付けます。

まずは1項目、特に気になるところから記録を付けるのがコツです。1ヶ月分を見れば、自分がいかに色々なところで散財しているかが分かると思います。

無駄遣いを止めるには、「自分なりの理由」をハッキリ言えるときだけお金をつかうことです。理由のハッキリしている支出は罪悪感もないし、たとえ失敗しても次に活かせます。

思考停止状態から抜け出さないと、いくら節約を頑張ってもダメです。自分の頭で考えることが、うまくお金を使う秘訣です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿