ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

安いのにサックサク。楽天モバイルのスーパーホーダイSを一ヶ月試してみた感想

スポンサーリンク

楽天モバイルのスーパーホーダイSにプラン変更してから3ヶ月ほど使ってみたので、その感想を紹介したい。

今までの組み合わせプランでも十分安かった楽天モバイルだが、スーパーホーダイに変えるとさらに通信費が減って激安に。いったいどこまで携帯料金は安くなるんだろうか。

これから格安スマホに乗り換えたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてほしい。

スポンサーリンク

楽天モバイルのスーパーホーダイとは?

楽天モバイルスーパーホーダイは、通話とデータ通信がセットになった楽天モバイルの目玉プランの1つだ。

これまでの組み合わせプランと比べると、こんな特徴がある↓

・料金料金プランは以下の3つがある

Sプラン Mプラン Lプラン
月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
データ通信量/月 2G 6G 14G

この基本料金には、こんなものが含まれる↓

 

・国内通話5分かけ放題

・データ通信が1Mbpsの速度で使い放題

5分のかけ放題と1Mbpsでのデータ通信が、使い放題になる。5分のかけ放題をオプションで付けると月額850円とられるから、短い通話が多い人にはお得だ。

しかしなんと言っても、目玉は楽天会員限定のお得な料金プランがあることだろう。楽天会員になると、月額料金はこうなる↓

1年間限定だが、料金がふつうより1,000円ほど安くなるのだ。ダイヤモンド会員なら、1,500円が割り引かれる。

ちなみに私はダイヤモンド会員なので、月額1,480円で使えている。それまでは月額3,000円だったから、半額になった計算だ。

5分かけ放題のオプション付きで、2,000円を切るのはスゴい。楽天カードを持っている人などは、楽天モバイルへの乗り換えを考えてもいいと思う。

ちなみに楽天モバイルは、組み合わせプランの料金も十分安い。詳しくはこちら⇒年間80,000円もお得。携帯料金を安くするなら格安SIMが一番。

 

実際使ってみると?

だがいくら安くても、サービスに問題があっちゃどうしようもない。とくにテザリングをよく使う私にとっては、データ通信が早いことは必須だ。

スーパーホーダイで使える1Mbpsは、いったいどれくらいの速さなのか?公式サイトによれば、イメージはこんな感じ↓

だいたいのことは、日常的に楽しめるようだ。

ちなみに組み合わせプランの場合、通常モードの通信速度は200kbpsだ。単純に考えるとその5倍速くなる計算だから、それなりに期待はできる。

表にあるそれぞれのポイントについて、私が数ヶ月使ってみた実感をみていく↓

メール・SMS

メールなどのやりとりは、全く問題ない。200kbpsだとメールの受信にも時間がかかってイライラしていたので、これは嬉しいところだ。

メールのみならず、ショートメッセージやLINEも快適に使えている。文字のみならず、LINEやTwitter上での写真のやりとりもサクサクに使える。

ネットサーフィン(WEBブラウジング)

ネットサーフィンも、今のところは快適だ。YahooやGoogleなどのポータルサイトはすぐにつながる。いつも遅くてイライラさせられる楽天市場のサイトも、高速表示してくれるようになった。画像や音楽を多く使っているヘビーなサイトもまあまあ速い。

個人のブログなど、サーバーの規模が小さいところはビミョウに読み込み時間がかかる。さらにアクセスが集中しているサイトも、なかなか読み込んでくれない。このあたりが1Mbpsの限界だろうか。

地図アプリの表示

200kbpsの時代は、高速モードにしないと地図はまともに動いてくれなかった。だが1Mbpsの速度だと、通常モードでもストレスなく地図を表示してくれる。方向音痴の私にとって、これは地味に嬉しいところだ。

動画再生

動画の再生となると、やはりちょっと不安要素がある。時間をかければちゃんと読み込んでくれるのだが、すぐ観ようとするとたびたび再生が止まってしまう。こうなると快適な視聴はまず無理だ。

そのため私は、動画を観るときだけは高速通信モードにしている。1回30分の動画再生で、データ通信量は0.2~0.3Mほどかかるだろうか。これくらいなら、月2Mでも十分間に合う。

アプリダウンロード

アプリダウンロードはもともと遅かったので、スーパーホーダイでもあまり期待はしていなかった。1Mbpsだと多少は速いが、「一瞬でダウンロード!」のようにはいかない。

ちなみに高速モードにしても、アプリダウンロードはそこまで速くならない。大きなアプリのダウンロードや更新は、寝ている間にやるのがおすすめだ。

ちなみにテザリングを使ってPCからダウンロードするときも、モッサリして時間がかかる。PCでダウンロードするプログラムはサイズが大きいものが多いので、よゆうを持っておかないとイライラしてしょうがない。

画像のダウンロード

アプリのダウロードに比べると、画像のダウンロードの方がまだ快適だろうか。1~2枚の画像なら、十数秒でダウンロードが終わる。

ただブロガーのように、ひんぱんに大量の画像をアップロード&ダウンロードする人間にはちょっと不満のあるスピードでもある。やはり他の作業をしている間に、ダウンロードも済ませるのがいい。

昼間と夕方に遅くなる

これはスーパーホーダイの注意書きにもあるのだが、昼間や夕方など利用者が多い時間帯は1Mbpsより遅くなることがある。昼休みや帰宅ラッシュのときは要注意だ。

私の体感だと、いつもの1/2~1/3くらいの速度まで落とされている気がする。そういうときはおとなしく、高速モードにした方がストレスも溜まらない。

スポンサーリンク

携帯料金はこんなに安くなりました

肝心の携帯料金は、どこまで安くなったのか?それまでの携帯料金と見比べてみると、ここまで安くなった↓

4月からの料金が、スーパーホーダイプランのものだ。

いつもは3,000円~4,000円の間をウロウロすることが多かったが、4月は2,000円を切った。基本月額1,480円の効果は大きい。

ちなみに1月と3月が6,000円を超えているのは、通話時間が長かったせいだ。格安SIMはデータ通信は安いが、通話が多くなると割高になるのが大きなデメリットである。

通話も安くなった!

だがスーパーホーダイの5分かけ放題オプションのおかげで通話料も抑えられた。スーパーホーダイ加入前と比べると、電話代の一部はこうなっている↓

スーパーホーダイ加入前の料金↓

たとえ数十秒の通話でも、しっかり通話料がかかっている。こういうのも積み重なると何百円にもなるから油断できない。数十分もの通話になると、それだけで1,000円近くかかる。

そしてこちらがスーパーホーダイ加入後の料金↓

5分以下の通話は、確かに全てタダとなっているのが分かる。これは地味に大きい。

ちなみに5分を過ぎた場合の料金は、楽天でんわを使うと30秒10円だ。すると5分かけ放題で、最大100円の節約になる。毎日5分の会話を1回するとしたら、月3,000円だ。

5分のかけ放題には、回数の制限はない。短い通話を何度もする人ほど、かけ放題の節約効果は大きくなる。

私はめったに電話をかけないが、1度通話すると1~2分じゃ終わらないことが多い。少しでも通話を安くしたいので、やはりかけ放題プランは大事だなと思う。

スーパーホーダイは始まったばかりのプランだが、なかなか使いやすくてお得なプランだ。こういうサービスは時間が経つとどんどん不便になっていくから、乗り換えを考えているなら早めの決断をおすすめしたい。

格安SIMは気になるけど通話も多いんだよなあ……という人は、ぜひスーパーホーダイへの乗り換えも考えてみてほしい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi