弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

カテゴリー:おひとりさまの考え方

家計簿を付ける意味とは?独身30代がお金の使い道を記録する5つの理由。

なぜ、家計簿を付ける意味があるのか?私がお金の使い道を記録する理由をお話します。 始めは節約を頑張る目的で付け始めた家計簿ですが、家計簿を付けていても出ていくお金は出ていくなあと感じます。しかし、家計簿を付け続けて得たものも多いと思っ…

詳細を見る

テレビを観ない生活ってどう?1年続けた枯れ女が実感するメリットとデメリット。

ほぼテレビを見ない生活を1年ほど続けてみたミニマリストが実感する、メリットとデメリットを紹介します。 据え置きのテレビはなく、スマホのワンセグのみ。そのワンセグも、ニチアサのヒーロータイムを観るためだけのツールと化しています。 …

詳細を見る

ぼっち女に朗報?エア花見の意外なメリットとは。

最近、「エア花見」というものが話題になっています。エア花見とはその名の通り、外へ桜を見に行かない花見のこと。写真や画像などを見つつ、室内で桜を楽しむのです。 画像の桜で満足するという謎のイベントですが、これはぼっちな女には良いチャンス…

詳細を見る

「理想の女子部屋」記事を見たので、一人暮らし女子の実際の部屋を公開してみる。

新居へ引っ越してもうすぐ1ヶ月。30代一人暮らし女子の、新生活間もない部屋の様子を公開します。 30を過ぎても独身の女は、果たしてどんな部屋で暮らしているのか?世間一般のキラキラ女子とは一線を画した、その内部をご覧ください。 男性は…

詳細を見る

ミニマリストと節約家の違いとは?ものを持たない暮らしはただの質素か。

ミニマリストと節約家。この2つは似ているようで、全く違うものです。どこがどう違うのか、ミニマリストと貧乏暮らしを両立している私の実感をお話します。 「ミニマリストって貧乏なんでしょ?」。そんな質素なイメージを持っている人は、ぜひチェッ…

詳細を見る

独身30代の枯れ女が、物を持たないミニマリスト暮らしを続ける理由。

独身30代に突入し、ミニマリスト生活を初めてから1年半あまり。なぜ私が物を持たない暮らしを続けるのか、その理由を考えてみました。 少ないものでの暮らしは、ズボラにとってどんなメリットがあったのか?以下から紹介します。 当初は流行りに…

詳細を見る

一人暮らしの節約生活を楽しくするために、私がやっている7つのコツ。

一人暮らしの節約生活を楽しく続けるために、私が意識している7つのコツを紹介します。 節約が続かない一番の原因。それはやはり、楽しくないからです。「無駄を削らなきゃ」「贅沢禁止」などと意気込みすぎると、「自分は何をやってるんだろう」と虚…

詳細を見る

実は丁寧な暮らしが嫌い?自分の理想は「楽な生活」だと知った。

ほかのミニマリストの方々の暮らしぶりは、「丁寧な暮らし」という言葉がピッタリです。が、果たして自分には「丁寧な暮らし」は本当に合っているのか?と疑問に思いました。 細かいところにまで気を配る生活ではなく、「楽に暮らす」こと。ミニマリス…

詳細を見る

独りが辛い?30代独身、結婚してない女性が楽しく暮らすコツを考える。

30代ともなると、独身が辛いときもある。結婚していない女性が、楽しく暮らすにはどうすれば良いのか考えました。 「独り身の方が自由で気楽じゃん」と私は思うのですが、周りの結婚や出産をみると焦ってしまう事もあるかもしれません。そんな不安を…

詳細を見る

一生独身でもいいじゃない。おひとりさま女性に必要な覚悟って?

女性の生涯未婚率が上がり続ける昨今、おひとりさま女性に必要な覚悟を考えます。 かくいう私自身は、「一生独身でもいいんじゃない?」と思っている人間です。無理に結婚せずとも、独り身で楽しく過ごす方法はいくらでもあるんじゃないでしょうか。 …

詳細を見る
スポンサーリンク

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿