ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

UR賃貸の一人暮らしってどう?築40年超の古い団地に一年住んでみた感想

スポンサーリンク

UR賃貸での一人暮らしは、どんな感じなのか?一年住んでみた感想を紹介したい。私が住んでいたのは、築40年を超える古い団地だ。

UR賃貸は家賃が安め・保証人不要など、独り身にはありがたい物件だ。よけいな初期費用をぼったくられる心配もないし、はじめての一人暮らしにもいい。

ネットでは色々な評判が飛び交うが、実際暮らさなきゃ分からないことは多いものだ。これから物件を探す人はチェックしてみてほしい。

スポンサーリンク

よかったところ

まずは、URに住んでみてよかった点を挙げていく↓

室内がリフォーム済みでキレイ!

見た目は昭和テイストの団地だったが、室内はしっかりリフォーム済みでピカピカだった。部屋の中だけみれば、誰も築40年とは思うまい。おそらくそこらの古マンションよりキレイだろう。

畳などの和室も多いUR団地だが、リフォーム済みの部屋は大体が全面フローリングだ。畳もいいっちゃいいが、やはりフローリングの方が掃除もしやすくて住みやすい。

キッチンなどの設備も、わりと新しめだ↓

最初に内覧へいったときは、ドアのなかに入る前と後のギャップが大きくて驚かされた。建物自体が多少古かろうと、住む場所がキレイならそこまで問題じゃない。

とくに古いUR賃貸は、新しい入居者を集めるためにリフォームされていることが多い。築年数だけで判断するといい物件を見逃すこともあるのだ。

リフォーム済みの物件は、UR賃貸サイトの「リノベーションしたお部屋」からチェックすることもできる。キレイな部屋に住みたい人はぜひみてみよう。

さらに詳しい部屋の様子はこちらから⇒女ミニマリストが一年住んだ部屋はこうなる。レイアウトBefore&Afterを大公開。

運がいいと家賃半額で住める

一年限定だったが、私はUR賃貸に家賃半額で住めた。理由は、その物件が「特別募集住宅」だったからだ。

特別募集住宅とは、いわゆる事故物件のことだ。前の住人がその部屋で亡くなったときなどは、特別募集住宅に回されたりする。

そして特別募集住宅の一部は、家賃が期間限定で割引される。私の場合、家賃が8万円のところ4万円で住めた。団地に住むのを決めた理由は、家賃が安かったのが一番大きい。

リフォーム済みのうえに4万も家賃が安くなるとは、かなり破格の条件である。もしそんな物件を見つけたら、ほかの人に取られないうちに契約することをおすすめしたい。UR賃貸は早いもの勝ちなのだ。

特別募集住宅の物件も、UR賃貸のサイトからチェックできる。お得にUR団地へ引っ越したい人は、マメにチェックしてみよう。もしくはUR賃貸の事業所まで直接出向くのもおすすめだ。

事故物件サイドの話はこちらから⇒一人暮らし女がUR賃貸の事故物件に1年住んでみた感想

すぐ近くにスーパーなどがあって便利!

私の団地は世帯が数千のマンモス団地で、団地自体が1つの街のようだった。そんな場所だから、大体の用事は団地の中だけで住んでしまうのだ。

団地のなかにあった主な施設はこんな感じ↓

・スーパー

・郵便局

・銀行(私は利用しなかったが)

・診療所

なにか足りないものがあれば、団地に入っているスーパーに行けば何とかなる。スーパーは10時くらいまで開いているから、帰りが遅い勤め人も安心だ。

もしゆうちょ銀行の口座があれば、お金は郵便局でおろせる。私も団地にいたときは、銀行よりゆうちょをメインに使っていた。ゆうちょは、ATM手数料がいつでも無料で便利なのだ。

お金の引き出しのみならず、年金などの料金振込みにも使える。近所に郵便局1つあれば、お金回りの用事はほとんど済むんじゃなかろうか。

さらに小さいながら、診療所もあった。確か皮膚科や産婦人科、内科などがあった気がする。残念ながら、歯科はなかった。

さらに、団地に入っている商店街のお店もあった↓

・八百屋

・米屋

・肉屋

・魚屋

・弁当屋

・定食屋

・パン屋

・本屋

etc……

色々なお店がある商店街だったが、私がおもに通ったのは八百屋のみだった。お金がなくてあまり買い物できなかったからだ。一度くらいは定食屋でも食べてみたかったが、ついに食べないまま引っ越してしまった。

いつでもゴミ出しOK

団地内には専用のゴミ捨て場があって、住人なら好きなときにゴミ出しができた。いちおう7~18時まで開放時間が決まっていたが、見た限りだと皆24時間好きなときに出していた気がする。

いつでもゴミ出しOKなら、朝イチでゴミ出しに走らなくていい。私は最上階に住んでいたこともあり、たまの用事のついでにしかゴミを出さなかったものだ。

そのうえ「いつでも出せる」と思うと、逆に安心して忘れてしまうことが多い。私も「出そう出そう」と思っていたゴミを、5回くらい出し忘れた記憶がある。

そんなズボラ向け(?)に、燃えるゴミや生ゴミを出せるダストシュートが各階に備えてあった。ちょっとしたゴミなら、いちいちゴミ捨て場まで行かずに捨てられるのだ。

しかし私は、そのダストシュートへゴミ出しに行くことすら面倒くさいときがあった。ものぐさに付ける薬はない。

退去時には敷金がちゃんと返ってくる

入居のときに支払った敷金は、退去時に返ってくる。当然っちゃ当然のルールなのだが、普通の賃貸物件だと守られないことも多い。原状回復で揉めるなど、敷金・礼金トラブルはよくある話だ。

UR賃貸はもともと礼金不要だし、原状回復についても線引きがしっかりしている。変な因縁を付けられて、敷金没収などということはできないようになっているのだ。

私の退去時の話はこちら⇒UR賃貸の退去費用、予想外の査定の結果に驚いた話。

賃貸に暮らすものならば、入居・退去時のゴタゴタを避けたいのは共通の願いのはずだ。もしそういうトラブルに巻き込まれた経験のある人は、次はUR賃貸に住んでみるのはどうだろうか。

ちょっと困ったところ

次は、UR賃貸に住んでみて困ったことを挙げてみよう↓

バスを使わないと最寄り駅まで行けない

前に、団地のなかで大体の用事が済むといった。その理由は、団地が少々不便な場所にあったからだ。もよりの駅までは2kmくらいあり、皆バスを使っていた。

私はよく実家へ帰省していたので、毎回の往復がちょっと大変だった。バス代がもったいないので、よく駅まで歩いていったものだ。

もし地震などで道路が分断されるとほかの場所へ避難が難しく、個人的には「陸の孤島」みたいだなと思った。学校まで団地内にあるところだったから、団地内で避難も済んでしまうのか。

団地の外の店も、さいていでも1kmくらい歩く必要があったと記憶している。団地の外とつながるには、ちょっとエネルギーがいるのだ。

エアコンなどの設備はなし

これもUR団地ならばしょうがないが、エアコンなどの設備はなかった。家具・家電付きの部屋に住みたい人は、古いUR賃貸はおすすめできない。

エアコンを買ったらどうかと周りから勧められたが、私は頑なにノーエアコンで過ごした。さいわいにして健康的にはなにごともなかったが、極寒と猛暑に苦しめられた。

とくに冬は、寒すぎてしもやけができた。詳しくはこちら⇒しもやけを放っとくとこうなるよ。重症化したときの治し方と予防法。

だがこれは、エアコン代をケチった私の責任でもある。ごく普通の暮らしを送っている人なら、エアコンくらいは持っているはずだから大丈夫だろう。

ちなみに今住んでいるアパートには、備え付けのエアコンがある。めったに使わないが、やはり猛暑日と極寒日はお世話になってしまう。

断熱性は弱い

建てものが古いせいか、断熱性はあまりなかった気がする。広々とした間取りで窓が大きかったことも、寒さの理由だろう。暑さは、部屋が東向きで日差しが厳しかったせいだ。

たまに団地内の知り合いのお宅へお邪魔することもあったが、やはり皆カーペットなどでしっかり断熱していた。確かに、むき出しフローリングから這い上がる寒さは異常だった。

UR賃貸はファミリー向けの物件が多いせいか、30㎡以上の広い物件が多い。その分断熱対策も念入りにやらないと快適に過ごせないので、そこだけ気をつけよう。

近隣のもの音が筒抜け

地味に困ったのが、近隣の生活音や声が筒抜けだったことだ。私は自宅で仕事していたので、外からの音が気になってしまう。とくに子供の泣き声には困った。これはURの宿命と思って諦めるしかあるまい。

だがガヤガヤするのは昼間だけで、夜は静かだ。寝るときにうるさくて困るということはない。昼間は家にいない人なら、ほとんど問題ないだろう。

ただ1つ注意は、こちらの生活音も隣近所に聞こえてしまうということだ。とくに窓を開けっ放しにすると、そこら中に声が響き渡ることは確実。夏場は気をつけよう。

Gがけっこうよく出る

こちらも古い建物の宿命だろうが、虫のGによく遭遇した。我が家はスッカラカンでGが潜む場所など無いから、外からやってきたんだろう。それだけすき間が多かったのだ。

悩んだ挙げ句、G対策を業者に頼んだ。詳しくはこちら⇒枯れ女ミニマリスト、部屋のゴキブリ対策にプロの業者を頼む

Gが出そうな場所に薬剤を塗ってもらったのだが、これが効果てきめんだった。その後はGを見かけることなく、引っ越しまで平穏に過ごすことができた。

業者の人から聞いた話だと、団地はとくにGの侵入ルートが多くて対策が難しいという。私のような虫嫌いは、団地に住むときは覚悟を決めたほうがいい。

見知らぬ訪問客がよく来る

これはオートロックがない古い団地限定だと思うが、よくセールスや勧誘がやってきた。一度相手にすると話が長くなるので、たいていは居留守を使っていた。

あるときは、ドアガチャされたことも……。詳しくはこちら⇒一人暮らし女を襲った恐怖体験。独身女性は油断禁物だと知った一夜。

最新の団地ならオートロック式だから安心だが、あくまで家賃の安さにこだわる一人暮らしは要注意だ。オートロックなしの団地に住むときは、ツーロックなどでドアを破られないようにしよう。

なぜか電気・ガス代が余計にかかる

団地に住んでいた頃は、電気・ガス代が2,000円を下回ることはなかった。今のアパートに越してからは、なぜか一気に1500円台にまで値下がりしたのだ。

電気代の話はこちら⇒【月平均1,433円】一人暮らし女が電気代を節約した方法の全て

ガス代の話はこちら⇒【月平均1,357円】一人暮らし女がガス代を節約した方法の全て

引っ越してから冷蔵庫を使わなくなったなどの変化はあるものの、基本の暮らしはほとんど変わってない。団地からアパートに越しただけで光熱費が安くなるとは、全くの謎である。

これは私の憶測だが、設備が古かったり建物自体が大規模だと、光熱費がよけいにかかるんじゃなかろうか。団地は古さ・大きさともに文句なしだから、それならば頷ける。

毎月1,000~2,000円くらいの話なのだが、お金のない身としては千円単位でも惜しい。あまりに古すぎる団地は、コストがかかるかもしれないから気をつけよう。

ご近所付き合いはどうだった?

ネット上で評判をみていると、「団地は人間関係が面倒くさい」という情報をみかける。だがじっさい住んでみると、面倒な人間関係のトラブルはなかった。

逆にお隣さんからは食料をもらったり、近所の知り合いとたまにおしゃべりできたりと、お世話になりっぱなしだった気がする。

これは私が引きこもりで、積極的に人間関係を持とうとしなかったせいもあるかもしれない。しかしそれならそれで、人に会いたくない人は会わずに済むということだ。

団地住人も高齢化・海外化が進んで、昔のような密なつながりは出来にくくなった。デメリットでもあるが、孤独を愛する人間には助かる面もある。

一人暮らしでも、団地でやっていくことはできる。礼金・保証人不要、更新料なしなどメリットも多いので、部屋探しのときは候補に入れるのもいいんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi