ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

賃貸VSトレーラーハウス、住むならどっち?女ミニマリストの理想の家の条件。

スポンサーリンク

一時期お金のかからない身軽な生活を求めて、トレーラーハウスに住めないかということを考えたことがある。今は普通のアパート暮らしだが、それはそれで楽しく暮らしている。

車住まいと賃貸住まい、女ミニマリストにとってはどちらの方がより理想に近いのか、改めて考えてみたい。

スポンサーリンク

カレジョミニマリストが家に求める条件

まずは、私が理想とする家の条件をご覧いただきたい。

・虫のGが出ないこと

・駅チカ、徒歩10分圏内

・私鉄よりJR

・スーパー、コンビニ徒歩10分圏内

・できればオートロックが良い

・家賃は安いほど良い(収入の1/3が目安?)

・朝日が窓から差し込んだら言うことなし

部屋の中に関しては最低限、「仕事・飯・風呂・寝る」が出来りゃ良いと思っている。とにかく、周辺の環境が便利なことが何より大事だ。

これらの条件と、トレーラーハウスのメリット・デメリットなどを考えつつ、賃貸とどちらがより気楽に住めるかを検証していきたい。

1.虫のG→車も賃貸も大変?

私が家に求める一番外せない条件、それが「Gが出ないこと」だ。いくらキレイで便利な物件でも、Gが出没する季節があるならその家は避けたい。

外からやって来たGは自力の対策で何とかなるが、建物の内部に住み着いたGはどんなことをしても湧いてくる。私はそこまで徹底して対策する気力が無いので、まだGがいない家で楽に対策できるのが理想だ。

私の精一杯のG対策はこちらで紹介中⇒

しかしこの点は、賃貸もトレーラーハウスも対策が大変じゃないかと思う。賃貸の場合はとにかくすき間を埋めることになるが、トレーラーハウスは果たしてその戦法が通用するのか。

(もし経験者の方がいたらコメント等頂けるとありがたいです)

ただGは、人の気配がするところには滅多に忍び込んでこない。常に車の中でガヤガヤしていれば、警戒して近寄ってこない可能性はある。

田舎のペンション的トレーラーハウスなどはGの巣窟になるケースもあるらしいので、一箇所に留まるのは危険ということか。とにかく掃除を徹底しつつ、Gが来なさそうな駐車場をグルグル巡ると良いかもしれない。

2.駅チカ、スーパーなど→車なら移動し放題

駅チカやスーパーなど、移動系の問題はトレーラーハウスの方が強い。思い立ったらすぐ移動できるのは、車ならではだろう。

賃貸の場合はこの点を最初に気を付けないと、ずっと不便することになる。納得の行く部屋を探す手間が、大変っちゃ大変か。

不便な土地に住むと、出かけるがおっくうで引きこもりがはかどってしまう。私のような元がズボラの人間は、なるべく外に出るハードルが低い家じゃないと孤独死しそうだ。

が、どこでも車で移動できるのにも問題はある。特に、運動不足などが心配である。ずっと座りっぱなしだと足腰が弱くなりそうなので、エクササイズなどは欠かせない。

が、車の中だと運動する場所が無いことは明らか。適当な公園まで車を走らせて、ウォーキングをして帰って来るなどの工夫が必要かもしれない。この点は面倒だ。

 

3.防犯面→女の車上生活って大丈夫なの?

車上生活は便利だが、その便利さは他の色々なものを犠牲にしていると思う。その最もたるが、セキュリティ面だ。

この点女性は、男性よりも慎重にならざるを得まい。女性が一人で車上生活をしていることがバレたら、やはり危険だろう。

キャンピング暮らしをしている人の話をチェックしても、防犯に関することをツッコんでいる人間はあまり見かけない。ほとんどが男性だから気にしてないか、よほど人が来ないような場所で暮らしてでもいるんだろうか。

女性は男性に比べると、そういう自由度がまだまだ圧倒的に低い。

4.家賃→車の方がコスパは良いが……

家に住むなら外せない、家賃の問題。トレーラーハウスが一軒家だと考えると、普通の家を買うよりもよほど節約になるということは分かる。一軒家は安くても数千万レベルだが、トレーラーハウスは200万円以内でも買える。

が、ウン百万円をポンと出せるというのは金持ちの所業だ。節約目的の庶民には本末転倒の結果となろう。

そして車の寿命は、家の寿命よりも短い。定期的に買い換えることを考えると、トレーラーハウスに住み続けるのも家賃が高く付きそうだ。

そしてトレーラーハウスに住むには、土地がいる場合がある。こうなると固定資産税などがかかり、賃貸の方が良かったじゃんということにも成りかねない。

自分で何かを持つをいうのは、その分管理などの面倒を引き受けるということだ。身軽さとともに楽さを追求したいカレジョとしては、賃貸アパート暮らしはストレスフリーで良い。

5.水道・光熱費などの維持費→賃貸の方が安い

これまで盲点だったが、車上生活を続けるのは意外とお金がかかるらしい。

流石にガソリン代と駐車場代くらいはかかるだろうと思っていたが、その他の水道・光熱費などもバカにならない。特に電気は、ちょっとテレビやエアコンを付けすぎるとすぐ充電が切れるという。

トレーラー暮らしには、そういったメンテナンスのお金を払う覚悟がいる。賃貸はそういうところを家賃で全部まかなっているので、思えば何も考えずに済んでいた。

賃貸はこちらのやる気次第で、いくらでも光熱費などを削れるのが良い。私はアパート暮らしを始めてから、1ヶ月の水道・光熱費が5,000円で済むようになった。

1ヶ月10万円で暮らすコツはこちらで紹介中⇒年収200万あれば超余裕。一人暮らしが生活費10万(家賃含む)で生きる方法。

6.朝日の問題→意外と難しい

一人暮らしをしたら朝日が差し込む家に住みたいと思っていたが、これが意外と実現しない。今住んでいるアパートは南西向きなので、むしろ夕方の日差しがキツくて困る。

トレーラー暮らしならば窓の向きは自由になりそうだが、そこは駐車場次第ということになるだろうか。ベストな朝日の駐車場を求めて、あちこちを探し回ることになりそうだ。

 

やっぱり賃貸の方が気楽か

私としては「節約・楽」という可能性をトレーラーハウスに期待していたが、むしろ面倒なことの方が増えそうだ。ならば今まで通り、賃貸暮らしというのが楽したいミニマリストにとっては理想かもしれない。

トレーラーハウス暮らしを続ける人というのは、本当に自由を孤独を愛する人たちなんだろう。そのために諸々を犠牲にできる覚悟がないと、住めなさそうだ。

ミニマリストの中にも「トレーラーハウスイエーイ」みたいにはしゃいでいる人はいるが、ああいうのは根っからのアウトドア人に失礼なのかもしれない。何事も、ファッション感覚の人間というのは嫌われるものだ。

トレーラーハウスで暮らすという生き方は、それなりの準備と心構えが必要だ。ただ「節約したい」だけの動機だと、後悔する可能性が大な気がしてきた。

やはり私としては、大体のことを人任せにできる賃貸暮らしの方が気楽だ。

 

スポンサーリンク

Posted by yayoi