ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

世の中、服が多過ぎ。何で服を断捨離するそばから増やすの?

スポンサーリンク

今の世の中、出回っている洋服が多過ぎる。多分世界中の人が新品を着ても、着きれないくらいの量が出回っているんじゃなかろうか。

その一方で、を減らすテクニックや断捨離本は大人気。を増やしながら、それを減らしたいと悩んでいる人が多いということだ。これは大きな矛盾だと思う。

服を減らしたいなら、買わなきゃ良いだけの話だ。何故に人は、そこまで服を増やすことが止められないんだろうか。

スポンサーリンク

服が減らない→買い過ぎ

「分かっちゃいるけど止められない」というのは、実際には分かってないのと一緒だ。とにかく服を買わせようと必死になっている業界を相手に、ボンヤリしていては服を減らすことなどできない。

ちょっと思いつくだけでも、服を買うハードルがいかに低いかが分かる↓

・ファストファッション溢れすぎ

・流行変わるの早すぎ

・色違い多すぎ

・季節の洋服多すぎ

皆当たり前のように次々服を買うが、その服は本当に必要なのか。私の思うところを自由にツッコんでみたい↓

 

ファストファッション溢れすぎ

数百円から数千円で、おしゃれな服が買える。ファストファッションのブランドは、庶民にはありがたいものだ。

しかし服など、1着買えばしばらくは持つ。いくら安いからって、しこたま買い込んでもしょうがない。

ファストファッションはすぐに着られなくなるから、すぐ買い換えるという人も多いと思う。それならそれで、もっと長く持つ良い服を1着買えば済むんじゃないのか。

人は安いものに流されがちだが、安さは本当に正義か。こと服に関しては、安さで選ばない方が良いと思う。

 

 

流行変わるの早すぎ

服を買い換える理由は、今は「流行遅れになったから」の方が多いかもしれない。ファッションの流行りに乗るのは大変だ。

それが楽しくてしょうがないなら何も言えないが、半ば義務のように流行に食らいつく人も多いと思う。さながら、スマホゲームの期間限定イベントを惰性でプレイするがごとしだ。

別に流行遅れの服を着ていたって、「ダサっ!」と思う人はそんなにいないと思う。仮にいたとしても、気にしなきゃ良い。

色違い多すぎ

かくいう私も、カラバリで服を揃えていたことはある。が、パーソナルカラーの考えを知ってからは、むやみに色違いで服を揃えるのは止めようと思った。

パーソナルカラーの話はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

同じデザインでも、色が変わればおしゃれにもダサくもなる。洋服を買うときは、自分の肌に合う色から選ぶとものすごく厳選できておすすめだ。

季節の洋服多すぎ

日本は四季があるせいで、季節ごとに売り場の服が変わる。しかし実際は、衣替えなぞしなくても同じような服装で過ごせることが多い。

ちなみに私は、こんな服で一年をしのいでいる⇒女ミニマリストが持ってる洋服20着を一挙公開。カレジョの普段着はこれだ。

仮に季節ごとに服を買ったとしても、1シーズンで服がダメになるということはまず無い。普通に着ても、2~3年は持つんじゃなかろうか。

もはや現代は、「服を買わない理由」を見つける方が難しい気がする。しかし買わない理由もないが、買わなきゃいけない理由もない。

特に服を断捨離したいなら、まずは手持ちの服を何とかすることだ。

服は責任を持って着切る

服を一着買ったら、最後まで着倒す。まずはこれが基本じゃなかろうか。

私はここまで洋服を着たら、断捨離のしどきだと思っている。詳しくはこちら⇒服は何回着たら寿命なのか?カレジョが考える6つの捨てどき。

今まで捨てた服の中には、10年近く着続けたものもあったと思う。ファッションにこだわりのない私でも、「こりゃアカン」と思う傷みようだった。

そこまで着倒せとは言わないが、キレイな服を捨ててしまうのには買い方にも問題があると思う。すぐ飽きるような服を、簡単に選ばないことだ。

服は作るのにも手間がかかるし、捨てるのにも手間がかかる。使い捨ての感覚で買ってしまうのは、絶対によろしくない。

服の処分は大変だと知る

私は服の断捨離に、宅配買い取りなどを使ったことが何度もある。これがあるから、手軽に増やして手軽に処分するという人もいるかもしれない。

しかしその後、買い取られた服はどうなるか。もちろん中古で誰かが買う場合もあるのだが、半分以上はゴミとして処分されることになる。

特に大量のファストファッションは、アフリカ諸国などでゴミの山となって問題になっている。質が悪いのが分かっているから、現地の人もファストファッションは着ないらしい。

宅配買い取りは便利だが、簡単に頼りすぎるのもマズいのだと知った。「飽きたら売れば良いや」という考えで、服を買うのはもう止めるべきだ。

娯楽の感覚で買わない

買い物は、現代では娯楽の一種でもある。しかし服は、娯楽で買うと大変なことになる。これは、服の断捨離に悩む人なら誰しも知っていることじゃなかろうか。

ストレスの発散も、買い物でしない方が良い。その対策はこちら⇒買い物でストレス発散するのをやめられる対処法5つ。散財が止まらないときはこれが効果的。

新品の服が、クローゼットの中に大量にある人もいるかもしれない。しかしやはり、服は着てこその服だと思う。「この服が必要だ」という目的がハッキリしないうちは、買う必要が無いということだ。

服を買っては、大量に捨てる。こういう不自然なサイクルは、どこかで誰かが無理をすることになるんじゃなかろうか。

服は、着る分だけ買えば十分だ。

スポンサーリンク

Posted by yayoi