ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

夏バテ予防、体がだるいのを解消するには温かい食事が一番効果的。

スポンサーリンク

冷たいものばかりでは、夏バテは余計ひどくなります。体がだるいと思ったときほど、温かいものを摂るのが一番効果的です。夏バテ予防解消には、身体を内側を冷やし過ぎないことも大事です。

スポンサーリンク

夏の朝もお白湯で一息

私も、朝イチでお白湯を飲む習慣があります。夜寝ている間に下がった体温に、お白湯の温かさが身にしみます。

お白湯健康法はお金もかからず、冷え性にも効果バツグンなのでおすすめです⇒お白湯の美容に嬉しい8つの効果。水だけでできる、ミニマリスト的健康法

夏は薄着・薄布団で寝るうえ、扇風機を一晩中動かすこともあります。ぬっくぬくのふとんで寝る冬と比べても、身体は意外と冷えていることが多いです。

寝苦しさ解消のために、床で直寝しているのも身体が冷える原因かもしれません⇒電気代節約に、エアコンなしで夏の蒸し暑い夜を乗り切るために枯れ女が考えた秘策。

暑苦しい夜にどう寝るか、夏風邪との兼ね合いが難しいところです。快適な涼しさを確保しつつ、かといって芯から冷えない対策が欠かせません。

私は今のところノースリーブで涼を取りつつ、かけ毛布と腹巻きでお腹が冷えないようにしています。お腹周りの対策をしっかりしておけば、朝起きて体がだるいといったことは避けられます。

冷たいものは胃が弱る

冷たいものばかり摂って夏バテになるのは、胃の働きが弱るからです。胃が冷えることで食欲が落ち、スタミナ不足で余計に疲れやすくなるのです。

さらに熱いものを食べると、体温が上がって汗をかきやすくなります。かいた汗や冷えることで、結果的に体の表面の温度が下がるという効果もあります。

スポンサーリンク

私も胃の冷えを警戒し、喉が渇いたときもなるべく常温の水を飲むように。每日キンキンに冷えたウーロン茶をがぶ飲みしていた去年に比べ、今年は胃腸が軽く感じます。

そして夏の風物詩、そうめんも温かいものを頂きます↓

P_20160816_1928452

こうして見ると、一見ラーメンのようにも見えます。しかしラーメンに比べてコシがなく、スルスルと食べられるところが逆に良いです。食欲が失せているときや、冷やしそうめんに飽きたときにおすすめです。

一杯のみそ汁が夏バテを救う

夏バテ解消には、食事にみそ汁一杯をプラスするのが手軽です。自分で作っても、インスタントのみそ汁でも構いません。

温かい汁物という点はもちろん、汗をかいて失った塩分もしっかりカバー。具材も豆腐などのタンパク質から野菜まで何でも投入できて、栄養バランスもとても優秀です。

私もとにかく汗っかきで、マメな水分補給が欠かせません。そういうときにいっぱいのみそ汁を飲むと、「これで塩分の心配はない」と安心できます。

元々は質素な食卓に、手軽に一品加えられるのが便利で始めた習慣です。しかしこれが図らずも、夏バテと熱中症の予防にも役立ってくれました。

和食は健康的ながら、塩分の多さがデメリットとされています。が、夏こそその塩っけが活躍するときなのではと思います。

夏バテで体調を崩すと、元のリズムに戻すまで時間がかかります。夏の疲れを秋まで引きずらないためにも、この時期の体調管理は大事ではないでしょうか。

何でもかんでも温める必要もありませんが、食事のお茶はホットにするなど、冷えを取り込み過ぎない工夫はできるかと思います。

スポンサーリンク

Posted by yayoi