ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

ミニマリスト生活を始めて昼夜逆転?カレジョの暮らしBefore&After

2018年8月1日

スポンサーリンク

一人暮らしミニマリストになってから、私の生活はどう変わったのか?ミニマリスト以前の暮らしと今を比べてみた。

昔の私が今の私をみたら、「どうやったらそんな暮らしができんの?」と小一時間ほど質問攻めにしてくるだろう。ただ持ち物を減らすだけなのだが、人が変わるきっかけには十分なようだ。

スポンサーリンク

ミニマリスト以前

まずはミニマリスト以前の生活から紹介しよう。今でも私はズボラ人間だが、そこから見てもだらけきった生活を送っていたと思う↓

昼近くまで寝る

ミニマリスト以前は夜更かしが多く、朝に弱かった。勤め仕事を辞めた後は、毎日11時過ぎまで寝ていたものである。ほとんど昼だ。

その間に何度か目覚めるが、迷わず2度寝を選ぶ。昔の私からすると、7~8時などまだ早朝である。

たまに「これではイカン」と思い早起きに挑戦するのだが、いつもより数時間早く起きるのだから当然ツライ。3日どころか、1日も持たずに元の昼寝ぐらしに逆戻りであった。

起きたらまずはスマホ

起きたら起きたで、1番にやることはスマホゲームだ。一時は7タイトル同時プレイという無茶をやっており、片っ端からログインしていた。たかがログインだけでも5~10分はかかるから、それだけで1時間の浪費だ。

バイトをしていたときはガチャにもハマっていた。1万円を数分で溶かしたことも……⇒人気スマホゲームの罠にハマり、節約とは真逆の浪費家生活を経験した私の黒歴史

スマホゲームをいじっているうちに、いつしか時間は1時近くに。朝ドラの再放送を見るのがお決まりのコースであった。

パソコンを付けてもダラダラ

朝ドラ再放送を見終わった辺りで、ようやくブログ記事に取りかかろうと思いたつ。まずはパソコンの電源をONにするのだが、そこからも長かった。

まずはメールチェックに始まり、ヤフーニュース・リアルタイム検索・各種ブログなどを見て回る。記事を書く気が起きないので、つい横道に逃げてしまうのだ。

早く書けば早く終わるのに、そういうときに限って現実逃避してしまうのは不思議な心理だ。人間脳みそがオーバーフローすると、かえって仕事がはかどらないのかもしれない。

遅めの夕食をとり、深夜までテレビ

ブログを書き終わったらお風呂に入り、その後は夕飯までスマホやテレビを観て過ごす。夕飯を食べたら食べたで、次は深夜アニメまで待機だ。

深夜アニメを観終わると、たいてい時間は夜中の2~3時を回っている。そしてまた昼の11時近くまで寝て……の繰り返しであった。

1日1用事が限界

ブログを書いて寝るだけの生活だが、なにか用事があるときはちょっと大変だった。なにせ昼近くまで寝ているので、単純に時間がないのだ。

11時に起きたら出かける準備をして、役所なり図書館なりに向かう。ブログも書かないといけないので、1日に1つの用事が限界であった。

たまには「ちょっと店をブラブラ見て回りたい」とも思うのだが、ブログで手一杯なのでそれも無理。ブログを書いてスマホをやって寝るだけの毎日であった。

スポンサーリンク

ミニマリスト後

そんな生活が、一人暮らし後ミニマリスト生活を始めてどう変わったのか?現在の生活をみていく↓

朝4~5時台に起きる

朝は大体4~5時に目が覚める。土日祝日関係なく、同じ時間帯だ。

「もうちょっと寝たい」と思うときもあるのだが、部屋が明るいと眠れないのだ。なんだかおばあちゃん化している気もするが、早起き自体はいいことだから問題ないだろう。

私が早起きできるようになったコツはこちらでも詳しく⇒朝活したい人は必見。私が朝の5時に起きられるようになった、早起きできる方法

早起きのために基本は早寝だが、たまになら夜更かししても早起きできる。起きる時間を一定にすると、生活リズムが崩れにくいようだ。

雑用などを済ませる

朝起きてやることは、大体決まっている。私の場合、

・顔を洗う

・洗濯

・ゴミ出し

などがワンセットだ。

今では習慣化して、やらないと逆に落ち着かなくなった。習慣化すると「次はこうしよう」と考えなくて済むから、楽だ。

やることをリスト化すると、ムダな時間も減らせる。詳しくはこちら⇒1日の無駄が丸わかり。よけいな時間を探すときの行動記録のとり方

朝イチで散歩

洗濯が済んだら、ゴミ出しついでに近所を散歩。時間があるときはウォーキングでグルっとそこらを一周してくる。

サウナスーツを着て歩くと、大量の汗をかけて気持ちがいい。サウナスーツの話はこちら⇒【100均サウナスーツガチレビュー】1ヶ月間使ってみた感想を率直に語る

散歩は運動目的もあるが、メインの目的は朝日を浴びることだ。朝日を浴びて体内時計をリセットし、身体のリズムを整える。多少夜更かししても大丈夫なのは、朝日を浴びていることにも理由があると思う。

ただし夏の時期は、6時台でも日差しが厳しい。汗も大量にかくので、散歩の前には水分補給が欠かせない。

朝ごはんついでにスマホ

散歩が終わると、ちょうどお腹が空いてくる。朝ごはんを食べるついでにスマホゲームだ。たとえミニマリストになろうがゲーム好きは変わらない。

今はプレイ中のタイトルが少ない代わりに、ガッツリ遊ぶ。なんだかんだで、1時間はゲームしていることが多い。

だが早い時間に起きているので、1時間くらい遊んでも8~9時までには終わる。私としては「9時にブログ記事に取りかかれればいい」と思っているので、ギリギリセーフだ。

ブログを書く

スマホゲームの後、ようやくブログ記事に取りかかる。最近はサイトチェックすることが少ないので、パソコンを付けて10分後には記事を書けるようになった。

だが記事を書いている途中でネットサーフィンしてしまうことがあるので、その対策としてオフラインで記事を書いている。前もって横道を塞いでおけば、現実逃避したくてもできない。

午後、雑用を済ませる

ブログは大体、午前中に終わる。ちょっと休憩した後は、買い出しなどの雑用を済ませる時間帯だ。ときにはブログ記事の書き溜めなど、仕事を続ける場合もある。

とくに用事がないときは、本を読んだりスマホゲームで遊んで過ごす。なにせお金がないので、できることといえばそれくらいしか無い。

夕飯のしたく

17時過ぎから、夕飯の準備に取りかかる。といっても、鍋に食材を放り込んで煮るだけのズボラ飯だ。

そのズボラ飯についてはこちらで詳しく⇒【1食130円】一人暮らしの超簡単な節約自炊レシピ、枯れ飯の作り方

冷蔵庫と炊飯器があったときは、炊飯器調理で1週間分を作り置きしていた。食べるときはただ温めるだけなので、料理嫌いでも自炊できる。

入浴

鍋で食材を煮込んでいる間にお風呂へ入る。今の部屋はコンロがIHヒーターなので、放ったらかしでも危険は少ない。

お風呂上がりには生理対策のヨガを。デスクワークでなまった身体には、ちょうどいいリフレッシュだ。

生理ヨガで、生理痛も軽くなった。詳しくはこちら⇒ヨガをやったら、長年の生理痛が無くなって楽になった話。

ヨガが終わるころに、夕飯もちょうどできている。夕飯づくりと入浴を同時並行できると、ちょっとした時短になる。

21時に就寝

テレビなどがないので、夕飯を食べ終わるとやることがない。スマホゲームをいじることはあるが、ゲーム内のスタミナが尽きるのでそう長くも遊べない。結果、21時台にはさっさと寝るようになった。

私は8時間は寝ないとダメな人間のようで、翌日も早起きするとなるとこのくらいの時間に寝ないと寝不足になる。1~2日の夜更かしには耐えられても、3~4日と続くと頭がフラフラしてくる。

まさに老人並みの朝型生活だが、体調はすこぶるいい。長年夜型生活を送っていたが、実は朝型人間だったらしい。

暮らしが質素になり、時間の使い方は大きく変わった。だがそのなかでも、オタク気質など根っこの部分は変わらないようだ。

ミニマリスト生活を始めて、「私はやはりゲーム好きなのだ」と改めて実感する。ものが少なくなると、自分の核のようなものが見えてくるのかもしれない。

スポンサーリンク

Posted by yayoi