ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

女性ミニマリストの服の数、ズボラな枯れ女が生活できるギリギリの量とは?

2016年11月24日

スポンサーリンク

女性ミニマリストにとって、服の数はどれくらいあれば生活できるのか?ズボラ独身30代の場合をお話します。

厳密に「この量まで」と決めたワケではないですが、調子に乗ってポイポイ断捨離したら「生活できるギリギリの量」まで減っていました。今は残った服を、ボロボロになる限界まで着倒す算段です。

スポンサーリンク

下着はショーツが5枚あると楽

まず、毎日使う下着類。特に絶対に履くショーツは、最低でも4~5枚はあると楽です。

毎日マメに洗うなら、2~3枚でもやっていけるかもしれません。が、私は洗濯を数日に1回しかしないズボラ性。余分に1~2枚あった方が安心できます。

洗濯機がないため、基本手洗い。毎日は面倒なので、数日に1回で済むよう、洗いものの量は調整しています⇒洋服を洗濯する手間を減らすため、ズボラな私がやっているエコすぎる方法

たまに天気が悪い日が続くと、下着を洗えずピンチに陥ることも。お風呂上がり、未だ湿っぽさが残るショーツを物干しから収穫したことも数回あります。

それ以外は、「靴下3足・ブラトップ3枚・寝るとき用のノースリーブ4枚」という構成。滅多に人に会わないのを良いことに、ショーツ以外の下着の洗濯まで2~3日おきです。

ただ靴下は、ヘビロテしているとすぐ擦り切れます。ずっと使っている3足は、どれも親指の辺りが薄くなってきて穴が開く寸前。そろそろ対策を考えないと、どこかで大恥をかきかねません。

(今年の冬は、ヒートテックソックスを入手したのでひとまず安心です。全身ヒートテックコーデはこちら⇒全身ユニクロのヒートテックコーデ、インナーとレギンスだけで冬を耐えられるか?

書いていて我ながら「ちょっとどうなのよ」とも思います。が、家で1日パソコン作業をしただけなのに、マメに洗濯するのはもったいない気がしてしまうのです。汗臭さがなければ、ひとまず良しとしています。

トップスは着回し対策でやや多めに

トップスは、「これは今後も着るだろう」というものだけを残しました。インナーは長袖と半袖がそれぞれ5枚ほど、アウターは6着ほどあります。

現状のクローゼットはこちら。基本は作り付けの収納スペースに直置きです⇒ミニマリストが持っているファッションアイテムはいくつか?~100個チャレンジ~

私の場合、夏用と春・秋・冬用の2パターンがあれば事足ります。それぞれ5枚持っておけば、ほどよくローテーションできて「飽きる」という事態にもなりにくいです。

ちなみに、洗濯の頻度は下着よりも低くなります。特に寒い季節は、1週間近く同じ服を着続けることもザラです。

インナーは2枚+予備の1~2枚

もしギリギリ2枚で着ているものが汚れた場合、残り1枚が洗濯中だと悲惨なことになります。万が一のことも考え、メインの2枚+予備の分があると安心そうです。

現状は全部で10着ほどですが、これ以上は無理に減らすこともなかろうと思っています。傷んだものから1着づつ断捨離して、自然に減らせればそれで良いです。

季節ごとに変えたいアウターは4~6枚

私の場合、インナーよりもアウターの方にこだわりがあるようです。上着が大活躍する冬用は3着、あとは春・夏・秋用が1着づつあります。

冬の着こなしはこんな感じです。アウターと小物でアレンジします⇒ミニマリストの服選び、冬ものコーディネートを紹介。(30代枯れ女の場合)

子供っぽくなってきたパーカーをおしゃれに着こなせないかも画策。詳しくはこちら⇒ミニマリストの服の秋冬コーディネート、パーカーでおしゃれな着こなしを考える。

私は「上着好き」な性分ゆえに、アウターだけは多めです。あまりこだわりがなければ、多分冬1着、それ以外の季節1着などでも済むんだろうと思います。

ボトムスは最低2足でイケる

トップスが多い代わりではないですが、ボトムスは少ないです。最低ジーンズが2足、夏用ボトムスが2足あればイケるんじゃないかと思っています。

ジーンズを使ったコーデはこんな感じです⇒少ない洋服でファッションを楽しむための、白の半袖Tシャツのコーディネート活用術

夏のジーンズは拷問並みに暑苦しいので、涼しいボトムスを履きます⇒ミニマリストが暑い季節に使うボトムス。夏のコーディネートに活躍する服とは?

ジーンズは「汚れに強い」という独断から、滅多に洗濯しません。トップスが1週間なら、ジーンズは10日は同じものを履き続けることもあります。

(汗をかく夏でさえ、3日に1回洗えば良い方という超ズボラですが)

ただ、ずっと同じジーンズを履き続けていると膝の伸び具合が相当進みます。ジーンズの手洗いはとてつもなく面倒ですが、たまには洗ってで伸びた繊維を戻さないといけません。

スポンサーリンク

小物を1~2個持てばアレンジが簡単

メインの衣類に加えて、帽子や巻きものがあるとコーディネートアレンジが簡単に。小物を足すだけでおしゃれっぽくなり、楽をしながらファッションが楽しめるのです。私の場合、帽子2着に巻きもの2枚があります。

手持ちの帽子はこちら⇒おしゃれファッションは帽子がおすすめ。簡単にコーディネートが決まる便利アイテム

帽子はもっぱら、ピンピンにはねたくせっ毛を隠す目的で被ります。夏は日除け、冬は頭の防寒にも役立つアイテムです。

冬の防寒対策にも必須の巻きものは、地味な服装をカバーできる派手めのデザイン。赤チェックや大柄のボーダーを使っています。

(今のところ全く考えられませんが、もしかしたらネックレスやイヤリングを買い足すこともあるかもしれません)

今は服が猛烈に欲しい気持ちもないので、最終的に「これを洗濯したら着るものがない」というところまで減るかもしれません。むしろ、どこまで服を持たずに済むのか限界に挑戦してみたいです。

本当に「ただ生活していければ良い」だけなら、数枚の服でもやっていけるものです。それにプラスして、おしゃれを楽しむ用の数着があれば十分ではないでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi