ズボラカレジョが辿り着いた、一人暮らしの自炊に必要な調理器具3+1選

スポンサーリンク

一人暮らし自炊では、どんな調理器具があればいいのか?料理嫌いカレジョが2年以上自炊を続けられた経験から紹介したい。

料理好きでない限り、凝ったキッチングッズは必要ない。むしろ最低限の道具だけで調理する方が、手間がシンプルになって楽なんじゃとすら思う。

スポンサーリンク

3種の神器

調理グッズは、

・食材のカットや加工をするもの

・食材に火を通すもの

・お湯を沸かすもの

があればいい。まずは100円ショップなどで揃えると気軽に自炊を始められる。

私がメインで使っているものは以下の3つだ↓

包丁

まずは食材を切るための包丁↓

こちらは実家からもらったものだ。全く研いでないので、そろそろ切れ味が心配になってきた。

スキルを磨けば千切り・みじん切り・そぎ切りなど自由自在だが、ただ適当に乱切りするだけでも十分だ。食材に火が通りやすい大きさにさえカットすれば、とりあえず料理はできる。

包丁が使えない人向けには、もっと簡単なキッチン用ハサミもある。大事なのは食材を切ることだから、自分が一番使いやすいものを選ぶといい。

まな板

包丁でもキッチンハサミでも、まな板がないと切った野菜の置き場に困る。我が家のまな板がこちら↓

私は最初「鍋の上で直に野菜を切ればまな板いらずやろ」と思っていたが、まな板の上で切ってまとめて鍋にINした方が楽だった。

一人暮らしでは、しっかりしたまな板よりコンパクトで薄いプラスチックまな板の方が使いやすい。とくにワンルームではキッチンが小さいことが多く、まな板の置き場所や食材をカットする場所に困るからだ。

我が家のキッチンもIHヒーターが一口あるのみで、コンロの上で野菜を切ってからでないと火が使えない。簡単なものを作るだけなら十分だが、本格的な料理には向かないので注意したい。

フライパン(鍋)

食材を切ったあと実際に調理する器具は、24cmくらいのフライパンが1つあれば間に合う。煮物にも使えるよう、深型タイプがおすすめだ。1年くらいで買い換えることが多いので、近所のスーパーで売っているような安いフッ素加工製でいい。

ちなみに我が家で使っているのは、こちらの寸胴鍋だ↓

以前はフライパンも持っていたが、取っ手がグラついて危なかったのでやむなく処分。フライパンの買い直しが面倒で寸胴鍋を使い続けているが、焼き料理を作れないのが大きな弱点だ。

一人暮らしではキッチンが1口コンロの部屋に住むことも多く、フライパンと鍋の2つがあっても同時に使えない。結局どちらかは使わなくなるので、これから調理器具を買うという人にはフライパンをおすすめしたい。

小鍋

だがフライパンのみだと、お湯を沸かせない。熱湯がほしい場面は多いので、沸かす用の小鍋もあると安心できる。

だが1口コンロの家では、調理と湯沸かしが同時にできないのが実に不便。やはり自炊するなら、2口コンロは必須かもしれない。

+αでお世話になるもの

さらにあると助かる、+αでお世話になっている調理器具もみていく。

電気ケトル

あってよかったと思っているのが、こちらの電気ケトルだ↓

持つ前こそ「湯は鍋で沸かせる」と思っていたが、今ではこれがないと困る。1口コンロのキッチンでも電気ケトルがあれば、調理しつつ一瞬でお湯を沸かせるからだ。

お湯だけでなく、レトルトなどを温めるのにも使える。詳しくはこちら⇒レトルトカレーをすぐ食べたいならこれ。パウチは電気ケトルで温めるととても楽。

さらに試してみたところ、ゆで卵も電気ケトルで作れることを知った。詳しくはこちら⇒【1食130円】一人暮らしの超簡単な節約自炊レシピ、枯れ飯の作り方

ただし使った後はちゃんと中を洗おう。さらに本来の目的から大きく外れた使い方をしているので、安全性は保証できない。

もちろんお湯を沸かすためだけに持っていても便利だ。インスタント味噌汁をストックしておけば手軽に汁ものを足せる。

計量カップ

自炊ではご飯も自分で炊くことが多い。計量カップもあると安心だ↓

計量カップは100円ショップなどでも売っているし、炊飯器を買えばもれなく付いてくる。米以外にも水や小麦粉など、あらゆるものを計れるのに使える。

もしないときは、適当なコップで「米:水=1:1」の割り合いで計れば問題なく炊ける。目分量になるが、コップ1/3くらいの量で一食分炊ける感じだ。

少量の米を炊くときはフライパンを使うといい。詳しくはこちら⇒炊飯器なし。フライパンでご飯を炊くことに挑戦~実録・一人暮らしの節約料理(4)~

炊飯器

一時期とてもお世話になったのが炊飯器だ↓

5.5合炊きの炊飯器ならば、まとめてご飯を炊き冷凍庫にストックしておくと便利。週末にまとめ炊きすればいいので、忙しい勤め人でも続けやすい。

電子レンジでの解凍が普通なのだが、いざとなればフライパンでも解凍できる。詳しくはこちら⇒冷凍ご飯の解凍方法と温め方。レンジなしでもフライパンで美味しくできる。

ご飯をたくのみならず、炊飯器1つで本格料理が作れてしまうのも魅力だ。ネットでは「炊飯器で作る〇〇」のレシピが溢れかえっているので、レパートリーには困らない。私はありたっけの野菜を煮込んだ野菜スープをよく作っていた。

自炊がめんどくさくなる原因の1つには、後片付けの手間がある。あれこれ調理器具を揃えると洗うのが大変なので、できる限りシンプルなものを使うのがいい。

ズボラが自炊を続けるコツは、とにかく面倒くさいことを省くことに尽きる。私のような料理嫌いの人は、最低限の調理器具だけ揃えるのがいい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi