弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

仕事や勉強が忙しいと感じる人のための、生活の中で見直したい習慣チェックリスト。

公開日:2016.07.12

スポンサーリンク

今回は、仕事勉強忙しいと感じるときに見直したいチェックリストの話をします。日々の生活習慣を見なおせば、今よりもっと時間を確保できるかもしれません。

私もよく「時間がない」と感じるときがありますが、実際はあるところにはあるのです。5分のスキマ時間も、10回積み重なれば50分。このわずかな差が、生活を余計に忙しくしているのではないでしょうか。

テレビ&スマホを見る時間

時間を浪費しやすい代表格が、テレビとスマホではないでしょうか。最初はちょっとニュースやメールをチェックするつもりが、気付けば数時間経っていたということはよくあります。

私も引越し後、テレビなし生活を始めたら自由な時間が増えました⇒多くのミニマリストは断捨離済みの、テレビがない生活のメリットとデメリット 場所は「自由な時間が増える」です。

今はスマホゲームに勤しむことが多いですが、1回のプレイでも10分は費やしています。1日に5回起動すれば、それで1時間近くも使う計算です。

完全にゲーム断捨離できないまでも、最近は気をつけてプレイ時間を減らすようにしています。特にお風呂上がりは、なるべくスマホをいじらずすぐ寝るようにしています。

時間がないと言う人はまず、テレビとスマホの時間を意識的に減らしてみるのはどうでしょうか。今までよりも時間に余裕ができて、心にもゆとりが生まれやすくなると思います。

ながら作業をしている

テレビやスマホがマズイのは、ながら作業になりやすいという理由もあります。テレビの音をBGMに仕事など、効率が悪いことこの上ありません。

集中力が続かないのは、周りに誘惑が多いのが原因です⇒勉強や仕事の途中で気が散らないための、集中力を高めるコツ

特にシングルタスク脳の私の場合、テレビか作業かどちらかにしか集中できません。テレビがあると、例外なく作業の手が止まります。

マルチタスクは脳に負担がかかる

一見効率的に見えるマルチタスクも、脳には負担がかかるものです。1つ1つ作業するよりもエネルギーを消耗し、かえって効率が悪くなることもあります。

急がばまわれという言葉もある通り、焦ってアレコレ進めるよりも地道に取り組む方が早く終わることは多いです。用事を抱え込み過ぎの人は、優先順位を付けて上から順に片付けていってはどうでしょうか。

スポンサーリンク

夜更かしが好き

夜更かしした分は、翌日の朝に響きます。特に週末の夜更かしは、せっかくの休日を無駄にしかねません。

週末も平日と同じ時間に起きれば、それだけで数時間は確保できるのではないでしょうか⇒夜更かし対策に私が実践している方法。早寝で、おひとりさまの休日を楽しく過ごす

また、週末の寝過ごしは生活リズムを崩す元です⇒GW明けからお盆休みの間、仕事を辞めたい気持ちを解消するコツとは?

その日のうちにやりたい作業があるかもしれませんが、翌日の朝にやる方がおすすめです。寝る直前の脳よりも、朝起きた直後の脳の方が良く働いてくれます。

そして朝早く起きられると、その分早く眠くなります。眠くなったときにちゃんと寝れば、自然と早寝早起きのリズムが作られていきます。

私が早起き生活になったきっかけも、早起きからでした⇒朝活したい人は必見。私が朝の5時に起きられるようになった、早起きできる方法

午前中に溜まった家事や用事を片付ければ、午後はまるまる自由時間です。前からやりたかったことや気になることにも、チャレンジしやすくなると思います。

寄り道が多い

コンビニやドラッグストアへの寄り道も、意外と時間をくいます。かくいう私も、近所の買い出しでダラダラして30分以上かかることがザラです。

たまの買い出しでダラダラしてしまうのは、半分は息抜きという意味もあります。が、どうせ息抜きするなら、本当にやりたいことをやる方が良くも思えます。

お店には決まったものを買うときだけ行く、買い物には買い物リストを作り、それ以外の場所には立ち寄らない。ダラダラしないためには、やるべきことをキッチリ決めた方が良さそうです。

「次にやること」を考える時間が多い

やることが決まっていないと、「次はどうしようか?」と考えねばなりません。この時間も、無駄といえば無駄ではないでしょうか。

考える時間が増えると、せっかくの良い流れがストップして調子を取り戻すまで時間がかかるということもあります。作業の始めから終わりまで、予めルーティン化しておけばそういうことも防げます。

私も、朝やることはルーティン化しています⇒充実した1日は朝から始まる。私の早起き後のルーティンを紹介

夜寝る前にやることも、大体決まっています⇒朝に早起きするコツは、前日の睡眠にあり。早寝を目指す私の夜のルーティン

頭で考える時間が減ると、その分省エネにもなります。なるべく単純な作業にまで落としこむ方が、手を動かすだけなのでより楽ちんです。

何も予定がない日は、前もって「やりたいことリスト」を作っておくと良いです。そのリストから今日やることを選ぶようにすれば、ボーッとする時間を減らせます。

ものを探す時間が多い

暮らしの中で見落としがちなのが、「ものを探す時間」です。家の鍵やちょっとした小物、大事な書類など。必要なときに、サッと取り出せるでしょうか。

私も実家住まいの頃は、每日のようにものを探していました。荷物がアッチコッチに散らばっておいてあったので、「どこにやったっけ?」という事態によくハマっていたのです。

その解決のために、道具箱を作ったりもしました⇒探しものが見つからないときは、何でも一箇所にまとめる整理収納術がおすすめ

今はものが減ったおかげで、ものを探す時間が激減しました。未だに「どこにやったっけ?」となることはありますが、探す場所が限られているので時間は取られません。

家の鍵1つにしても、昔はバッグの中にクローゼットの引き出しの上、果ては寝室の棚など、とにかく適当な場所に置くクセが。そのせいで、いざ探し出すと数十分はかかることもありました。

今は基本、鍵はバッグインバッグの中が定位置。万が一そこにない場合は、テーブルの上かアウターのポケットのどちらかです。テーブルの上ならばすぐ分かるし、シーズンごとに使う上着は決まっています。

荷物を極限まで減らしたおかげで、長くとも1分あれば行方不明のものも見つけられるようになりました。整理整頓が苦手な人ほど、ものを減らせば自由な時間が増えると思います。

1日のなかで、どういうことに時間を取られているのか。忙しさを感じる人は1度、時間の使い方をチェックしてみるのがおすすめです。

お金の節約と同じく、時間も無駄を見つけて省くことはできます。每日何気なくやっている習慣を改めれば、より時間を確保できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850391総閲覧数:
  • 611今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ