弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ミニマリストを目指すオタク、グッズの断捨離は宅配買い取りでしっかりリサイクルする

公開日:2016.03.21 最終更新日:2017.05.15

スポンサーリンク

先日、長年取ってあった大量のオタクグッズ断捨離しました。今回はグッズの断捨離のために、宅配買い取りを利用した話です。

ただ捨てるのではなく、「リサイクル」という形にするとお気に入りのグッズも手放しやすくなります。そんなときはやはり、宅配買い取りに頼むのが便利です。

ただ捨てるのは偲びない

今はもうときめかないとはいえ、かつては大事にしてきたグッズの数々。「ただ捨てるのは、非常に持ったいない」と思いました。(オタクは、こういうところが地味に厄介です)

微妙なオタクグッズたち

けれど、私が売ろうとしているグッズはこんなものばかり。

P_20160301_103110

ガチャガチャの景品、テーマパークのバケット、お土産のキーホルダーetc……。すさまじく雑多なものの数々です。普通の宅配買い取りでは、まず受け付けてくれません。

かといってオタクグッズの買い取り業者を見ても、大体は「ゲーム・DVD・フィギュア・コミック・その他オタクグッズ」が対象。私の荷物全部を引き取ってはくれなそうでした。

「こんな無数のグッズを扱ってくれる業者など、果たしてあるのか?」。大量のグッズを前に、私は眉間をシワだらけにして考えこみました。

選んだのは「茨城買い取りドットコム」

そうして色々調べまわった末、「ここは!」と思った業者が「茨城買い取りドットコム」です。地方の小さいリサイクルショップながら、ネットの評判はなかなかのようでした。

サイトを見ると、「趣味のグッズなら何でもOK」というなんとも懐の深い言葉が。まさに、私にうってつけの業者ではと思いました。

不安な点が1つ……

それでも、買い取りに不安な点が。「オタクグッズとは呼べないような、お土産キーホルダーやファンシーグッズも全て大丈夫か?」。それが心配だったのです。

時間が経って状態が悪くなったものや、無料のコチャコチャしたグッズも多数。「対象外のものは着払いで返送」というところが、さらに不安を煽ります。

それでも、送ってみなければどうなるかは分からりません。私は、わずかな希望に賭けてみることにしました。

買い取りの流れ

茨城買い取りドットコムに申し込む流れを、簡単に見ていきます。

メールフォームに記入

まずは、サイトのメールフォームに必要な情報を入れます。今回は「かんたん買取申し込み」から頼みました。

住所・氏名に、大体どんなグッズが何点あるかを入力。量が多すぎる場合、おおよそでも大丈夫です。(私はアバウトに「1000点」と入力しました)

買い取り申込書のダウンロード

申し込みが終わったら、次に買い取り申込書をダウンロード。そのまま印刷をして、必要事項を書きます。

私の場合は家にプリンターがないので、近所のコンビニで利用できる「ネットプリント」を使いました。スマホやパソコンがあれば、ネットプリントで済ませるのもありです。

この時点で「1点ごとの査定額を出す」か、「全部まとめて査定する」かと選べます。私は、「全部まとめて査定」にしました。

私が送ろうとしているのは、これだけの量。全部まとめての方が楽でした。詳しくはこちら⇒ミニマリストを目指すオタクの断捨離。一人暮らしを機に、大量のグッズを片づけ

品数が少ないときや、どうしても値段が知りたいときは1点ごとの査定でも大丈夫です。

荷物をダンボールに詰めて送る

申し込みが終わると、茨城買い取りの方から「集荷手配の完了」メールが届きます。集荷までに、荷物はダンボールに詰めておきます。

ダンボールの中には、買い取り申込書と本人確認ができる書類を入れねばなりません。本人確認書類は、予めコピーを取っておくと安心です。

私の場合は住民基本台帳カードのコピーが手元にあったので、それを入れました。運転免許証や、保険証でも良いかと思います。

荷造りで注意すべきは「梱包用品は自力で用意する」ということ。ダンボールでもクッション封筒でも、送るときの梱包グッズはこちらで準備せねばなりません。

(ちなみに送ったダンボールは、「1箱につき100円」で買い取ってくれます)

手元に良いものなければ、買うものありです⇒単身の引越し手続きをした話。一人暮らしに必要な準備とは~手配・後始末編~

私も引越しのとき、ダンボールは「フジモクネットショップ」というサイトで買いました。

査定の結果をチェック・了承

荷物を送ると、数日後に査定の結果がメールで届きます。金額などが大丈夫なら、「了承しました」というメールを返信します。

その後、指定の口座にお金が振り込まれます。振込金額が間違いなければ、買い取りは完了です。

買取ってもらった結果

そして、無数のグッズを私が買取ってもらった結果……なんと「50,000円」という金額を付けていただきました。

良く分からない無数のグッズも大量に送りつけたというのに、それに関しては文句の1つもありませんでした。「これはダメです」と、送り返されたものもゼロです。

買い取りが微妙そうなものを全て引き取ってくれただけでなく、50,000円という高額の査定までしてもらえるとは……。これには感激でした。

何がそんなに高かったのかは分かりませんが、とにかく安心しました。引越し後の物入りな時期、数万円の収入はかなり大きいです。

「こんなもの買取ってくれるの?」というような、半端なグッズやおもちゃなど。ネットをくまなく探すと、意外と買い取り手は見つかります。

「ただ捨てるのは偲びない」。手放したいけど手放せない趣味のグッズは、買い取りサービスでリサイクルすることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿