弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

節約系ミニマリストが効果を実感した、梅雨のくせ毛を治す方法とは?

公開日:2016.05.22

スポンサーリンク

今回は、お金を節約しながらくせ毛を治す方法をお話します。特に梅雨の時期は、くせ毛がひどくなる人も多いのではないでしょうか。

私も、昔からくせっ毛が悩みでした。が、ミニマリスト生活にシフトしてからは、前よりくせ毛が治ってきたと実感しています。

くせ毛を治すには、髪を健康にすることが一番。健康な髪とミニマリスト生活は、相性が良いように思います。

湯シャンに切り替える

私が一番効果を感じたのは、「湯シャン」です。シャンプーを使わずお湯のみで髪を洗い始めてから、くせ毛が気にならなくなりました。

以前は髪のうねりやガンコなハネがありましたが、今はブラッシング1つできれいにまとまるように。髪が適度にしっとりして、くせが出にくくなったと感じます。

湯シャンは、シャワーとヘッドブラシを使うと楽です⇒節約しながら髪のトラブルを解消?湯シャンの効果とメリット

ショートカットのせいもあるのか、これまで髪がベタついたり頭がかゆくなったことはありません。お湯でも、頭皮をしっかり流せば汚れは落とせます。

シャンプーのデメリット

頭皮や髪のトラブルが治らないのは、使っているシャンプーのせいかもしれません。特に安いシャンプーは、刺激が強すぎる洗浄剤がたくさん入っています。

「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」「オレフィンスルホン酸」には要注意です⇒そのノンシリコンシャンプーは大丈夫?お金を無駄にしないための選び方 場所は「こんなシャンプーは要注意」です。

これらの洗浄剤は、頭皮の油分を根こそぎ奪い乾燥の原因に。頭皮が乾燥すると、雑菌などの温床にもなったりします。

肌の乾燥以外にも、成分自体が頭皮にダメージを与えます。もちろん、頭皮から生える髪にも大ダメージです。

巷で有名なシャンプーや人気のシャンプーの中にも、安い洗浄剤をバンバン入れたものは多いです。使っているシャンプーに上の洗浄剤があったら、早めに変えることをおすすめします。

元々肌が弱い人は、シャンプー自体が合わない可能性もあります。髪や頭皮のトラブルは、湯シャンに切り替えれば解決するかもしれません。

低温ドライヤーを使う

さらに少し前から、低温ドライヤーを使っています。ほどよい温風で、やけどの心配なく髪を乾かせます。

私は、値段が手頃な低温エコドライヤーを使っています⇒髪の毛のケアと電気代節約を考えた結果、低温エコドライヤーにたどり着いた話

ドライヤーの高温は、髪の毛のタンパク質を変性させる恐れがあります。これは卵の白身が、熱で白く固まるのと同じ原理です。変性したタンパク質は元に戻らず、くせ毛の元となる場合もあります。

低温ドライヤーは、髪の毛が変性しない温度で髪を乾燥。その前にタオルドライをしっかりやれば、髪への刺激をより減らせます。

普通のドライヤーを使う場合は、髪の毛からできるだけ離す方が良いです。常にドライヤーを動かし、1ヶ所に当て続けないことが肝心です。

スポンサーリンク

ワックス代わりのワセリン

それでも寝相が悪いと、たまにひどいくせ毛が出ることも。そんなときは、ワックス代わりのワセリンをちょちょっと付けて治します。

私が使っているのは、青いフタの「ヴァセリン」です⇒ミニマリストの乾燥肌対策。ヴァセリン1つでできる、節約スキンケア

ちょっと濡らした毛先に、トリートメントのようにワセリンを付けます。後はブラッシングしながらドライヤーでセットすると、大分くせ毛が目立たくなります。

ワセリンは天然成分なので髪に優しく、顔から手足まで全身に使える優れもの。乾燥肌の対策にも効くので、1つあると便利かと思います。

毛先をマメにカットする

後ろの髪は難しいですが、前髪は伸びてきたらチョコチョコ切っています。傷んだ毛先を切ると、くせも出にくいように思います。

髪は、すきバサミを買ってきてセルフカットで済ませています⇒美容院代0円で大幅節約も夢じゃない。自分の髪を上手にセルフカットするコツ

髪を伸ばしっぱなしにすると、うねりが出て髪型がキマリにくくなります。特にショートカットほど、マメに切ることが大事だと痛感します。

後ろ髪のセルフカットは面倒なので、最近は半年に1回ということもザラです。理想は、美容院でマメに切ってもらうことかもしれません。

番外:帽子でごまかす

そんなズボラな私が最後に頼るのは、帽子です。帽子を上から被ってしまえば、気になるくせ毛もすっぽり隠せます。

帽子は1つあると、おしゃれにも便利です⇒おしゃれファッションは帽子がおすすめ。簡単にコーディネートが決まる便利アイテム

帽子でごまかすときの問題は、人と会うときなど。帽子を脱ぐ場面があると、髪がぺしゃんこになって気まずい思いをすることもあります。

そういうときは顔を合わせる前に帽子を取って、チョチョッと修正。完璧とまではいきませんが、人前でも恥ずかしくないていどには治せます。

くせ毛の対策には、日頃から髪を健康に保つことが最も効果的です。それには色々使うより、シンプルに済ませる方が良いと感じています。

まずは、いたんだ頭皮と髪のリセットが大事です。週に1回は湯シャンにするなど、少しずつ変えていけば続けやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903187総閲覧数:
  • 4707今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ