ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

自分の定番の服装を見つけるステップ。女ミニマリストが着回しコーデを決めた方法。

スポンサーリンク

自分だけの定番の服装を決めると、コーディネートがとても楽です。私が定番の着回しコーデを見つけた方法を紹介します。

特別に意識して定番を決めたわけではありませんが、好きな服を着続けていたらだんだんと定番コーデに収まってきたのです。その定番にたどり着くまでの、具体的な流れを今一度見直してみます。

スポンサーリンク

1.コーデの中心にくるキーアイテムを決める

定番の服装を決めるときに大事だと思うのが、コーディネートの中心にくるキーアイテムです。自分にとって、これだけは譲れないというアイテムが何か考えます。

キーアイテムになりやすい服は、普段着ることが多い服・何回着ても飽きない服など。定番コーデは毎日のように着ることになるので、お気に入りの服の方が着ていて楽しいはずです。

例えたくさんの服があっても、よく着るのはその中の数着だけということは多いです。自分がいつもクローゼットから選ぶ服を意識すれば、キーアイテムは簡単に見つかると思います。

ちなみに私の場合、キーアイテムはボトムスです。ジーンズでも綿のパンツでも、とにかくパンツスタイルというのは譲れませんでした。

パンツが好きなのは動きやすいという理由もありますが、単純にスカートよりズボンが好きだからというのが大きいです。これは昔から変わりません。

もし特にこだわりがない場合は、トップスよりもボトムスに着るものから先に決めるのがおすすめ。下に何を着るかで、コーディネートの印象が大体決まってくるからです。

キーアイテムが決まることで、ファッションの方向性も見えてきます。その後のアイテム選びも、ゼロから考えるより簡単です。

2.キーアイテムと組み合わせる服を探す

キーアイテムが決まったら、後は組み合わせる服を考えます。キーアイテムと相性の良いものを色々組み合わせていくと、定番のパターンもだんだん見えてきます。

ジーンズというキーアイテムの場合、コーディネートの方向性はカジュアル寄りになります。私の場合は、シンプルなTシャツやカットソーがメインです。装飾がなく、ユニセックスなものが一番しっくりきます。

ボトムス1着につき5着のトップスを合わせれば、それだけで5パターンのコーデが完成。同じテイストのボトムスが後2着あれば、3×5=15パターンです。

もしこれだというパターンが1つあったら、それを追求していくのも良いと思います。同じ服を何着も持って、制服化したらさらに楽になりそうです。

そして定番を追求した結果、クローゼットに残った服はこうなりました⇒クローゼットなしで洋服をスッキリ収納する7つのコツ。狭い部屋でも大丈夫です。

3.上着と小物で季節感を出す

メインの着こなしはもう決まっているので、それに合ったアウターや小物をそろえるのも難しくないはずです。パーカーやコートなど、羽織るもので季節感を簡単に出せます。

私も夏以外は、着るものが同じです。冬は厚手のジャンパー、夏はカンカン帽など、周りのアイテムで季節感を出しています。

スポンサーリンク

キーアイテムを決めるときのコツ

お気に入りの服が分からなかったり、色々なテイストが好きな場合、キーアイテムを決めるのも大変かもしれません。そこで、キーアイテムを探すときのコツも紹介します。

カレジョがいつもチェックするおすすめ情報はこちら↓
一人暮らし
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
シンプルライフ

1.自分のコーディネートのテーマを考える

キーアイテムをイメージ出来ないときは、スタイルのテーマを考えてみます。あなたのお気に入りの着こなしは、どんな雰囲気でしょうか。私の場合なら、やはりシンプル&カジュアルに落ち着きます。

ほかにもシックだったりコンサバだったり、あるいはふんわり・カッチリなどざっくりしたイメージもあるかもしれません。

カジュアル・シックなどお馴染みテーマから、「都会っぽい」「ふんわり」などのオリジナルのイメージまで。

「仕事でもプライベートでもOKなバランスフェミニンスタイル」など、目的まで考えてオリジナルのスタイルを作っても良いです。形にとらわれず、自分が目指すファッションを考えてみてください。

2.気になるファッションを参考にする

自分の中だけでなく、周りの情報を参考にするのも良いと思います。目指すイメージに近い写真などがあると便利です。

誰かのファッションを参考にするときは、自分の直感でピンと来たものだけ残すのがおすすめです。

雑誌でおすすめされていた・自分の年齢にはこれが似合いそうなど、難しいことは考えないようにします。情報に惑わされると、自分のスタイルではなく誰かの借り物スタイルになってしまうからです。

3.柄・色・形・素材にこだわる

具体的に条件を付けて絞り込むと、さらにキーアイテムのイメージが湧きやすくなります。

具体的にアイテムを絞るときは、自分に似合う服がどんなものかが分かっていると参考になります。私は簡単なパーソナルカラーと骨格診断で、おおよその方向性を知りました。

パーソナルカラーの話はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

骨格診断の話はこちら⇒自分に似合うファッションの結果に驚き。東京で安くお得に骨格診断した体験談。

私のキーアイテムであるボトムスも、テイストは無数にあります。私の場合は、その中でもこんなこだわりを持っています↓

・柄…ボトムスは無地。トップスに限り、ボーダー・チェックなどシンプルな柄はあり。

・色…アースカラー系。くすんだ感じの紺や焦げ茶など。明るい色ならベージュやオフホワイトなど、温かみのある色。

・形…オードドックスなストーレートかスキニー。長さはフルレングス。膝だけのハーフパンツも検討中。

・素材…綿100%が理想。5~10%くらいなら化学繊維が入っていてもセーフ。

・デザイン…余計な装飾がなく、シンプルでキレイめなもの。フリンジやフリル付きのもの、ダメージ加工のあるものは避ける。

こんな感じに絞っていくと、キーアイテムの候補も少なくなってくるはずです。

自分の定番ファッションがあると、おしゃれに関して不安が無くなりました。自分の方向性が決まることで、ファッションにしっかりした軸が出来るんだと思います。

どんな服を着たいのか分からないというときは、絶対に譲れない1着を探すところから始めて見るのはどうでしょうか。そこから、定番ファッションの方向性も見えてきます。

スポンサーリンク

Posted by yayoi