ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

ミニマリスト生活で分かった、服を断捨離し方がファッションを楽しめる理由とは。

スポンサーリンク

今回はミニマリスト生活の中で実感した、断捨離した方がファッションを楽しめる理由をお話します。

以前よりも、ファッションとちょうど良い距離を保てるようになりました。それが、自分らしいおしゃれを楽しむことに繋がっているのだと思います。

スポンサーリンク

着たいものだけを着ているから

服の断捨離をした後は、自分が本当に着たいものだけを着ています。手持ちの服は全てお気に入りなので、着るものを選ぶのが以前より楽しくなりました。

逆に断捨離する前のクローゼットは、「あるけど着ない」という服がたくさんありました。

元々シンプルなカジュアルファッションが好きなのに、「たまには雰囲気を変えたい」と通販で買った、  ひらひらのチュニック。チェック柄に惹かれれ買ったものの、生地がイマイチでがっかりしたスキニー。

カジュアルファッションの中でも、20代前半で買ったプリント柄のTシャツワンピース、バイト用に買ったワークシャツと、今のスタイルに合わない服がゴロゴロしていました。

生活スタイルと合わないために、お気に入りだったアウターも何着か処分しています⇒洋服の断捨離、4回め。大好きなアウターやボトムスを片付けた理由とは

何回かの断捨離の末、収納には「今着る服・着たい服」だけが残りました。ファッションを楽しむには、「今」を中心に考えるのが大事なのだと思います。

人と比べるのを止めたから

自分が着たいものだけを着続けると、自分と人を比べることもなくなりました。「自分が納得しているから良いんだ」という開き直り効果で、人目があまり気にならなくなったのです。

いくら流行りのアイテムや着こなしでも、自分が納得できないものは堂々と着れません。するとどうしても、「どう見られているか?」が気になってしまいます。

自分の着こなしに納得できないと、今度は新たなアイテムを買って補おうとします。けれどそれも「周りからおしゃれに見えるかどうか」が基準なので、結局イマイチな印象だけが自分の中に残ります。

そんなイマイチな自分と、写真の中のモデルや街中のおしゃれな人を比べては首をかしげる。余計な服を増やすことで、ますます人目が気になるという悪循環です。

こんな風に人と比べるのを止めるには、まず今の自分を素直に認めることです。自分の意思で着たいものを選ぶことも、その第1歩です。

スポンサーリンク

ファッションのことで悩む時間が減ったから

周りを気にせず着たいものだけを着る。すると、ファッションについて悩む時間が減りました。「着る服がない」「この服を上手く着こなしたい」。そんなことを考えずに済むと、おしゃれも苦痛でなくなります。

コーディネートに悩む原因の8割は、着こなせない服が多すぎるからです⇒ファッションやコーディネートの悩みの8割は、洋服の持ちすぎが原因

洋服が大好きで着こなしを想像するのと、着きれない服の活用法を模索するのには雲泥の差があります。前者は好きだからやっていることですが、後者は「義務感」のようなものでやっていることです。

義務感というのは、「やらねばならない」というプレッシャーがつきまといます。これが心に重くのしかかると、おしゃれを楽しむ余裕もなくなります。

このプレッシャーを減らす、一番確実で効果的な方法。それは、着こなせない服をスパッと手放すことです。

心に余裕ができれば、今より素直な気持ちで服と向き合えます。素直に着たい服だけを着れば、ファッションはもっと楽しくなります。

着たいものを選ぶというのは、自分から積極的にファッションと関わっていくことでもあります。自ら進んで関わっていくと、ものごとは楽しくなります。

每日の服選びも、どうせなら楽しい方が良いと思います。服の断捨離は、ファッションを楽しむ良いきっかけです。

スポンサーリンク

Posted by yayoi