ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

普段全く化粧をしない枯れ女が実感する、すっぴんのメリットとデメリット。

2017年6月22日

スポンサーリンク

私はいつも、ノーメイクすっぴんです。化粧を全くしない枯れ女が実感する、ノーメイクのメリットデメリットを紹介します。

普段はすっぴんでも全く不都合を感じないのですが、こんなところでマイナス効果があるかもしれないなという事もあります。30年以上の間、ほぼノーメイクだった私の実感はこんな感じです。

スポンサーリンク

化粧しないメリット

まずは、化粧をしないことのメリットを紹介します。

1.時間に余裕ができる

お出かけ前の10分20分というのは、地味に貴重じゃないでしょうか。ノーメイクだと、その分時間に余裕が出来ます。

シンプルなメイクは十数分でできますが、ガッツリ化粧をする人は1時間以上かかることもあると思います。ノーメイクとまではいかずとも、化粧を減らす時短効果は大きいんじゃないでしょうか。

私の場合、仕度にかかる時間は長くても10分くらいです。化粧の時間が無いので、出かける直前までブログを書いたりスマホゲームを楽しんだりと色々やっています。

会社勤めやバイトをしていたときは、ギリギリまで寝る時間に充てていました。特にエンジニア時代は残業も多かったので、10分でも睡眠時間が増えるのは嬉しかったです。

2.節約になる

化粧品というのは、なかなかにお金がかかるもの。化粧をしないことの節約効果は、年間で10,000円を超えるんじゃないかと思います。

ノーメイクで浮いた分のお金は、生活費はもちろんのこと、趣味のオタク代にも使われています。私の中では、化粧品に使うお金というのはとてつもなく優先度が低いです。

私が普段、お金を使っているものはこちら⇒30代カレジョの幸せなお金の使い方とは?自分の満足感が何より大事。

メイクが好きでお金をかけている場合は良いのですが、なかには身だしなみやマナーの一環として仕方なしにやっているケースも多いと思います。そういう人のために、化粧品に補助金でも出ないもんでしょうか。

3.肌が健康になる

化粧品を止めてからは、肌が健康になったと思います。ニキビや、冬の時期に悩まされていた乾燥肌やが無くなりました。

乾燥肌が無くなった話はこちらでも⇒カサカサな乾燥肌の対策で、一番効果的なスキンケアは「手抜き」だった。

ただ、毛穴の開きが気になったり一部のシミが気になったりと、美肌というワケでもありません。この辺りは栄養をたっぷり摂ったり、基礎化粧品で対応しないとやはりダメなようです。

4.プレッシャーからの解放

すっぴんというのは、女性にとってはものすごい開放感があることじゃないかと思います。化粧をしないことが当たり前だと、キレイでいなきゃ・ちゃんとしなきゃというようなプレッシャーがありません。

一つ大きなプレッシャーから解放されると、そのほかの事でも余裕を持てるようになります。すると、ピリピリしたストレスや自分をごまかすことの自己嫌悪も無くなるのです。

私の場合は化粧じゃありませんが、優等生ぶるという殻を破ったら楽になりました。その話はこちら⇒自分の気持ちに嘘をついてない?自分の殻を破ってもっと自由になる7つの方法。

化粧をしないデメリット

逆に、化粧しない事で感じるデメリットがこちらです。

スポンサーリンク

1.ズボラが加速する

化粧をしないとプレッシャーが無くなりますが、逆に色々なところがユルくなります。まずは髪がボサボサ・服は部屋着で外出など、身だしなみに悪い影響が出てきまました。

そして身だしなみがユルくなると、その他の生活全般までいい加減に。食事を抜かす、お風呂に入らないなど、暮らしのハードルがどんどん下がっていくのです。

ひどいものだと、セルフネグレクトとも呼ばれます。詳しくはこちら⇒生きるのが面倒?若者でもかかるセルフネグレクト対策を、独身30代が考える。

流石に、生きていくために大事な部分だけはしっかりしようと気を付けています。元々が面倒くさがりなので、こういうところは油断できません。

2.素肌と服の色とのギャップ

ノーメイクだと、おしゃれをしようとしたときにギャップが出るように思います。おそらくそのギャップは、自分の素肌と服の色が合わないことが原因です。

なので最近は、自分の肌と相性の良い色の服を着るのが良いかと思っています。私の場合は黄色の要素が強いので、服も黄色の要素がある方が相性が良いです。

色の似合う・似合わないを知るには、パーソナルカラー診断がおすすめです⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

3.疲れがどうしようもなく顔に出る

また、素肌には疲れのたまり具合がごまかしようもなく出るなと感じます。ちょっと寝不足が続いたりすると、鏡と見たときの顔がおじさんのようになっていてヤバいです。

しかしそういうときは、疲れた顔に従ってしっかり休むのが良いんだとも思います。顔の疲れをメイクでごまかして働くというのは、心身ともに辛いものです。

4.ガールズトークについていけない

これは肌の状態とは関係がないですが、女性同士の化粧の話題には全くついていけません。化粧品の知識がないと、盛り上がる話題に無言で頷くしか手がないです。

同じ女子としては、女子力が要求される話題に乗っかることができないというのは少々不利でもあります。そういえばブログにも、メイク云々の話題にないことに改めて気づきました。

化粧をしないことにはメリットもデメリットもありますが、やはり私は今後もすっぴんで過ごすだろうと思います。化粧で手に入るメリットよりも、楽さの方が私には大事です。

今や当たり前とも思われている化粧ですが、あなたの実感はどんな感じでしょうか?

スポンサーリンク

Posted by yayoi