子供が親を殺したいと思うのは、殺される親の方が100%悪い。

スポンサーリンク

子供殺すなど、世の中では物騒なニュースが次から次へと出てくる。日本の家族は本当に病んでいると思う。

こういうときは大体、子供個人の人格に注目しがちだ。が、いくら子供の性格を分析したところで、事件の本当の背景は絶対に見えてこないだろう。

もちろん、殺人は絶対によくない。子供が親を殺すまでになってしまうのは、ほぼ100%親の方に責任があるんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

それまでの育った環境に問題がある

ニュースでは表面的な事実しか見えないから、「なんでこんなことで?」ということで大事件になってしまうことが多い。勉強のことで文句を言われた、部屋を片付けろと言われたなど、見た目にはささいなことだ。

が、人を殺すというのは並大抵じゃない。裏には、それまでの積み重ねというものが確実にある。

一言で注意と言っても、言い方によっては子供の自尊心を傷つけて怒りを抱かせることもある。おそらく「こんなこともできないの?」「本当にダメな奴だ」など、人格まで一緒にこき下ろされてきたんだろう。

こんなことが長年続けば、誰でもいつかは爆発する。親は長い間、子供に殺したいと思われるようなことをずっとやってきたということだ。

だから子供が親を殺した、殺しかけたというニュースを見ると、むしろ子供の方に同情してしまうことが多い。今までずっと耐えてきたんだなあと哀しくなってくる。

事件を起こした子供はサイコパスのように言われることもあるが、実際は心が傷つきすぎてやってしまったケースの方が多いと思う。サイコパスと一緒にするのは、止めていただきたいものだ。

怒りを正しい方向へ向けた結果

長年心を傷つけられてきた子供が親を殺すのは、それだけ怒りが激しかったからだろう。やり方は間違っているものの、子供は怒りを正しい方向へ向けたのだと思う。

殺人は最悪の結果だが、それが親ならまだ家族のなかだけで話が終わる。もっと悪いのは、怒りをぶつけるべき親にぶつけられなかった場合だ。

怒りが学校の同級生に向けば、いじめになり得る。自分自身に向けば自殺になるだろう。自分が親になったとき子供に怒りが向いたら、トラウマの連鎖が起きてしまう。もし全く関係のない赤の他人に向いたら、通り魔殺人になりかねない。

家族の問題というのは、実は家族だけの問題じゃない。しっかり社会全体で関わっていかないと、結果的に社会へはね返ってくる。

カウンセリング大国のアメリカでは、アダルトチルドレンなどの問題にもそれなりの対策がなされている。日本ももっと、家族のなかに潜む問題を真剣に考えた方がいい。

スポンサーリンク

が、殺人はやはり良くない

しかしどんな事情があっても、殺人はよくない。倫理的にどうこうというのもあるっちゃあるが、毒親を殺したせいで人生をダメにするというのは実に損なことだ。

これまでずっと親に支配されてきたのに、殺してしまったら死ぬまで親殺しから逃げられない。自分の人生を取り戻すには、もっと安全な方法がある。

まずはこれ読んで

親を殺したいと思ったら、まずはこれを読んでみてほしい↓

子供を傷つける親は、毒親と呼ばれている。この本には、

・毒親とはどんな親か?

・毒親から解放されるには?

などの情報が紹介されている。

これまで自分が悪いのかと思ってきた人も、実は悪いのは親の方だったと分かるかと思う。それだけでも大きな発見になる。

おそらく近所の図書館に行けば、普通に借りられる。親のことで悩んだらおすすめの一冊だ。

親と距離を取れるなら取る

もし家を出られるなら、早めに出るのがいい。物理的に距離を取った方が、心も落ち着きやすいと思う。

お金の問題で実家から出られないというときは、まず貯金から始める。単発のバイトなら、仕事が見つけやすい⇒【奇跡】面接3連敗中の引きこもりが、ついにバイト採用されるまでの体験談。

引っ越しもお金がかかると思われがちだが、安い部屋を見つければそんなに高くない。引越し業者も安いところを選べば、10万円弱で何とかなる。

私が引っ越しを安く済ませた方法はこちら⇒一人暮らしの引っ越し初期費用を、相場より安くするために私がやったこと。

嫌なことは嫌だという

親に何か言われたとき、無抵抗だと怒りを溜め込んでしまう。イヤなことはイヤだと、ハッキリ言えるといい。

始めのうちは、親に迷惑をかけたとか悲しませたとかで、罪悪感を感じるかもしれない。が、その罪悪感も、実は親がかけた呪いなのだ。本当は罪悪感など感じる必要はない。

親を大事にしようというのは、あくまで健全な家庭に限られると思う。アダルトチルドレンの場合、自分の人生を取り戻すのが最優先だ。

自助グループに参加してみる

同じような境遇の人と話すと、悩みを共有できるというメリットがある。一人が辛いときは、自助グループに参加してみるのも手だ。

異性が苦手な人向けの、女性だけの集まりもある。詳しくはこちら⇒引きこもり女性の憩いの場、ひきこもり女子会に参加した感想。

自分と同じような人がたくさんいると分かると、視野も広がる。味方の存在というのは心強いものだ。

 

殺人は絶対にダメだが、子供が親を殺したくなってしまうのにはそれなりの事情がある。もっと、親の問題にも光を当てないと本当の解決にはならない。

最悪の結果になる前に、親には子供との向き合い方を考えてもらいたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi