自宅と職場の往復。カレジョ・7月の財布事情

スポンサーリンク

カレジョの財布事情、今回は7月の家計簿だ。6月の家計簿に引き続きである。

勤務が再開し、今は自宅と職場をひたすら往復する日々だ。にも関わらず、お金は容赦なく出ていくのだ。

スポンサーリンク

支出の概要

まずは支出の概要から↓

項目 金額 割合
食費 合計 7,757円 18.58%
外食 7,757円 18.58%
趣味・娯楽 合計 2,766円 6.63%
オタク費 2,766円 6.63%
交通費 合計 6,800円 16.29%
電車 6,800円 16.29%
健康・医療 合計 1,750円 4.19%
医療費 1,750円 4.19%
教養・教育 合計 19,387円 46.45%
奨学金 17,957円 43.02%
学費 1,430円 3.43%
通信費 合計 3,280円 7.86%
携帯電話 3,280円 7.86%
合計 41,740円

合計、41,000円あまり。意外と支出が少なく見える。

が、これは忙しさにかまけて各種払込みなどをサボった結果でもある。

支出の内約

ここからは支出の内約を紹介↓

食費

食費 合計 7,757円 18.58%
外食 7,757円

先月に引き続き7,000円オーバー。食費が高くなったのには理由がある。

その主な理由は、最近ハマっている「rebake」でのまとめ買い。こちらはロスパンがお得に買えるということで人気沸騰のパン通販サイトだ。

ロスパンとは店で売れ残ってしまったパンのこと。そのまま捨てるのは偲びないので、このようなサイトで売るのだ。

売れ残りのパンとはいえ、どれも本格ベーカリーの品ばかりなので美味しい。全国のパンが楽しめるオススメサイトだ。

ただ人気が高く、会員登録までに時間がかかる。私が申し込んだのは2月だが、本格的に登録できたのは5月だ。

趣味・娯楽

趣味・娯楽 合計 2,766円 6.63%
オタク費 2,766円

こちらはSwitchOnlineのファミリーパス代。なんだかんだで家族で利用することとなった。

年間パスというとハードルが高そうだが、このお値段でファミコン&スーパーファミコンの色々なソフトが遊べるのは実にお得だ。子供時代の私に渡したら狂喜乱舞したことだろう。

交通費

交通費 合計 6,800円 16.29%
電車 6,800円

毎度おなじみの回数券代。世間は未だコロナの爪痕深いが、個人としてはいつもの日々が戻りつつある。

医療費

健康・医療 合計 1,750円 4.19%
医療費 1,750円

こちらは歯医者代。詰め物した歯をチェックし、ようやく治療が一段落ついた。

だがもう片方の歯が最近痛い。また歯医者に行かねばならないのかと思うと気が重い。

教育費

教養・教育 合計 19,387円 46.45%
奨学金 17,957円 43.02%
学費 1,430円

こちらは奨学金と英語の書籍代。今年1月に始めた英語の勉強はコツコツ続けている。

が、コロナの影響でTOEICの試験も受けるのが大変になりそうだ。試験に備えて日々勉強していたが、しばらくはマイペースで続けるのがいいかもしれない。

通信費

通信費 合計 3,280円 7.86%
携帯電話 3,280円

楽天モバイルの携帯代だ。最近はスマホゲームを止めたので、専らスマホは動画の鑑賞に使っている。おかげでパケットも持ちが良い。

マイナポイントもう申し込んだ?

7月から本格的に始まったマイナポイントはもう申し込んだだろうか。以前も書いたが、最大で5,000ポイントがもらえるお得なキャンペーンである。

マイナポイントの話↓

勤務再開からの第二波懸念。カレジョ、5月の財布事情

私は楽天カードとマイナポイントを紐付けようとしたが、なんとパソコンからは申込みができない。楽天は申込みに、NFC対応のスマホが必須だったのだ。

この無慈悲な対応には文句が殺到したらしく、9月からはパソコンからも申し込みが可能になるようだ。しょうがないので9月まで待つつもりだ。

もう今年が始まって半分が過ぎてしまった。本当であればオリンピックの渦中にいたはずであるのに、未知のウィルスに世界がパニックになるなど誰が予想しただろうか。未来とは分からないものだ。

スポンサーリンク

Posted by yayoi