うっかり忘れた納税。カレジョ・6月の財布事情

スポンサーリンク

カレジョの財布事情、今回は6月の家計簿を紹介する。

とは言ってももう8月なので、なんと2ヶ月も前の結果だ。私の記憶もボヤケかけているが、張り切っていってみよう。

スポンサーリンク

支出の概要

まずは支出の概要から↓

項目 金額 割合
食費 合計 7,528円 11.71%
外食 7,528円 11.71%
日用品 合計 650円 1.01%
日用品 650円 1.01%
趣味・娯楽 合計 8,228円 12.80%
オタク費 8,228円 12.80%
交通費 合計 6,800円 10.58%
電車 6,800円 10.58%
衣服・美容 合計 813円 1.27%
衣服 813円 1.27%
健康・医療 合計 8,010円 12.46%
医療費 8,010円 12.46%
教養・教育 合計 17,957円 27.94%
奨学金 17,957円 27.94%
通信費 合計 3,280円 5.10%
携帯電話 3,280円 5.10%
税・社会保障 合計 11,000円 17.12%
所得税・住民税 11,000円 17.12%
合計 64,266円

合計、約64,000円。けっこうな臨時支出が続いた結果、6万円オーバーとなった。10万円の臨時収入があったとはいえこれは高い。

(その10万円もすでに使いみちが決まっているので、自分では使わないお金なのだが)

支出の内約

食費

食費 合計 7,528円
外食 7,528円

食費は7,000円オーバー。通販でパンを買い、職場でのおやつ用に素焼きのナッツなどを買い漁った結果だ。

このお値段、一人暮らし時代と同じくらいの金額である。当時が質素だったと同時に、今は少々使いすぎな気がしなくもない。

日用品費

日用品 合計 650円
日用品 650円

こちらは耳栓代。家族と一緒に寝ている私には必須アイテムだ。

先日耳栓のストックを切らしてしまい、久々にノー耳栓で寝る機会があったが、正直眠れたもんじゃなかった。耳栓は偉大である。

趣味・娯楽

趣味・娯楽 合計 8,228円
オタク費 8,228円

こちらはSwitchのjoy-con代。ゲームの付属品で8,000円超も取られるとは、これも時代か。

Switchのコントローラーはとにかく「壊れやすい」ことで有名だ。私が使っていたjoy-conも、スティックを倒してないのに、勝手にカーソルが動くようになってしまった。ちなみに買ったのは去年の9月である。

幸い一年間の保証期間内なので、メーカーに送りつけて修理してもらう予定だ。もう8月なので、そろそろ準備しないとマズい。

通信費

交通費 合計 6,800円
電車 6,800円

こちらは通勤の回数券代。2ヶ月ぶりの勤務再開により、こちらも復活した。

我が職場でもリモート勤務が進んでいるようだが、あいにく私の務める部署はそれが難しそうだ。私としてもリモートできるほどの環境が自宅には全くないので、現状の方が助かるっちゃ助かる。

被服費

衣服・美容 合計 813円
衣服 813円

こちらはいつ以来ぶりかの洋服代。もしかしたら今年1着目の洋服かもしれない。

手持ちのTシャツがくたびれてきたので新しいものを買ったが、このご時世で遠出の外出も無くなった。

結果、出番があるのはいつものくたびれTシャツばかりだ。たまには新しいTシャツも着た方がいいかもしれない。

医療費

健康・医療 合計 8,010円
医療費 8,010円

去年から長らく続いている歯医者の治療代。6月でようやく歯の被せもの治療が完了した。いやあ、長かった。

教育費

教養・教育 合計 17,957円
奨学金 17,957円

こちらはいつもの奨学金返済。歯医者と違って完済はまだまだまだ先の話だ。

通信費

通信費 合計 3,280円
携帯電話 3,280円

楽天モバイルの携帯代。楽天UN-LIMITが始まったものの、まだ乗り換えあぐねている。先着300万の定員がくる前には乗り換えたいところだ。

税・社会保障費

税・社会保障 合計 11,000円
所得税・住民税 11,000円

突然の納税11,000円。こちらは確定申告の際に納付し忘れたものだ。国税庁から督促が来てなにかと思ったら、なんと督促であった。

確定申告を済ませたことに安心してしまい、肝心の納税を忘れた結果だ。皆も確定申告の際は気をつけてほしい。

コロナで職がどうなるか心配であったが、とくに問題もなく再開した。ひとまず次の契約更新までは無事に働けそうだ。

コロナ禍で大勢が路頭に迷うなか、これは幸運だなと思う。私はド級の貧乏ではあるが、ギリギリのところで決定的な危機は避けている。

スポンサーリンク

Posted by yayoi