ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【ヤバすぎ】代理婚活とか、100%トラブルしか起きないよね。

スポンサーリンク

最近、本人が婚活をしない代理婚活なるものが流行っているという。ついに世の中、結婚相手も誰かに決めてもらうようになってしまったか。

しかし本人が相手を選ばない婚活など、どう考えてもトラブルのもとだ。いくらめんどくさがりの私でも、そこまで人任せにするのはいかがなものかと思う。

スポンサーリンク

代理婚活とは?

代理婚活とは、本人の代わって親が結婚相手を探すスタイルの婚活のことだ。その歴史は意外に古く、2000年ごろからはじまったという説がある。「良縁親の会」という代理婚活専門の集まりは、2005年からやっているという。

代理婚活のイベント会場に集まるのは親のみで、親同士が子供の経歴などを紹介しあってお見合いする。気になる相手がいれば子供の情報を交換して、あとは本人たちにまかせるのだ。

自分で結婚相手を探そうにも、仕事が忙しいなど婚活できないこともある。そういう人にとって親が候補を見つけてくるというのは、おせっかいの反面ありがたくもあるらしい。

あかの他人がプロデュースするよりも、親の方が子供の好みも分かりやすい。自分一人で探すよりも、親に協力してもらう方が効率がいい可能性もある。

子供と親のニーズが合えば、代理婚活も便利なシステムなのかもしれない。

親の過干渉では?

だが親が結婚相手を決めてくるというのは、やはり過干渉以外のなにものでもないと私は思う。

代理婚活の親の平均年齢は、60~70歳前後だという。とすると、子供はおそらく30~40代か。その歳で結婚しない人は、結婚する気ゼロの場合も多いんじゃないのか。

もういい歳なワケだし、結婚など子供の自由にさせればいい思う。たとえ独身を貫いて困ったとしても、それは本人の問題だ。

仮に結婚する気があったとしても、親のお膳立てで結婚するのはしゃくなものだ。親に勉強しなさいと言われて、逆にやる気がなくなる心理に似ている。

とくに子供の結婚まで気を遣う親は、子供が小さい頃から色々口出ししてきた可能性が高い。そういう子供にとって、親というのは煙たい存在でしかないのだ。煙たい親が勧める相手と結婚など、考えられない。

親の過干渉について知るなら、こちらのドラマがおすすめだ⇒親子関係に悩んでませんか?「お母さん、娘をやめていいですか?」感想まとめ。

子供の意見が無視されることも

また過干渉の親は、まず子供の意見を聞かない。代理婚活でも子供に無断で話を進めて、後からこじれるケースが後を断たない。

親同士で勝手に盛り上がってしまい、その気がないのに子供が気を遣って結婚してしまうこともあるという。人生の一大事のはずなのに、そんなところでも周りの空気を読まねばならないなど悲劇だ。

結婚後うまくやれる気がしない

スポンサーリンク

仮に代理婚活で結婚できたとしても、結婚後の生活がうまくいく気がしない。夫婦としてやっていくほどの心のよゆうが、果たしてお互いに備わっているだろうか。

親が過干渉でも、一見親子仲がいい場合もある。いわゆる友だち親子のような、子供も親離れできていないパターンだ。

子供と親がいがみ合うのはよくないのだが、親子べったりというのも同じくらいタチが悪い。どのみち、子供が健全に育つことを邪魔してしまう。

そういう子供が成長すると、仕事でもプライベートでも人間関係につまづく可能性が高い。結婚しても親の呪縛から離れられず、トラブルを起こしてしまうのだ。

もし親の過干渉を断ち切らずうまく生きようと思うなら、自我を100%殺すしかないだろう。自分で何も決めない、なんでも親のとおりに生きようという人間でないと無理だ。

決まりごとだらけの昔なら、そういう生き方を子供も受け入れたんだろう。が、個性を尊重することが当たり前になった昨今、自分を完ぺきに殺せる人間がどれだけいるのか。

かなりの信頼関係がいる

もし代理婚活で円満な結婚&夫婦生活をおくるには、親子の間に相当の信頼関係がないとダメだろう。そのうえで、どんな相手がいいかじっくり話し合うことだ。

実際に会ってみてダメだった場合も、どんなところがダメだったか率直な意見を言いあえることが理想だ。感情的にならず、冷静に話し合えるといい。

後は、婚活が長引いても親からアレコレ文句を言わないことも大事だ。結婚は縁だから、うまくいかないときはうまくいかないものだろう。

結婚=幸せという古すぎる価値観

代理婚活が流行っているのには、子供が結婚していた方が親の安心だからという思いもあるのだという。結婚すれば安心・幸せという考え方が、まだまだ根強いのか。

しかし独身の全員が全員、結婚して幸せになれるものなのか。現在独身の私からみると、結婚というのは苦労しかないイメージだ。待ちゆくお母さんも、ハツラツとしている人はほとんど見かけない。

経済的な安定にしても、今は雇用が不安定で夫婦で共働きの世帯が多い。ならば結婚せずとも、自分一人養えるだけのお金を稼げればそれで十分じゃなかろうか。

結婚して幸せになるというのは、もはや昭和の価値観だ。もうすぐ平成も終わることだし、結婚についての考え方はいいかげん見直ちゃどうか。

代理婚活が流行っているのは、子供の晩婚化で悩む親がそれだけ多いということだろう。気持ちは分からなくもないが、子供に結婚を強いる権利が親にあるのか。

自分の人生くらい、自分で決めたいものだ。たとえ失敗しても、その方が後悔がない。

スポンサーリンク

Posted by yayoi