【続・恐ろしきなりすまし】奇跡!クレジットカードで不正利用され泣き寝入りしかけたけど、全額戻ってきた話

スポンサーリンク

クレジットカにード不正利用され、約3万円の被害に遭ったのが2017年12月の話。それが奇跡的に全額戻ってきたので、その顛末をお話したい。

一旦は諦めかけた詐欺被害だが、粘って本当によかった。人間最後の最後まであがいてみるものだ。

スポンサーリンク

警察よりも上の人に相談だ

クレジットカードのなりすまし被害を全方面に相談したものの、全く解決せず。これは迷宮入りかと絶望していた私のもとに、家族よりある情報がもたらされた↓

「知り合いの知り合いの娘さんが詐欺被害に遭ったが、議員さんの協力によりお金が戻ってきた」

その娘さんもネットで詐欺に遭い、お金を取られたとのこと。最初は警察も相手にしてくれなかったが、議員さんに間に入ってもらったところスムーズに話が進んでお金が返ってきたというのだ。

私も警察に相談したとき「暖簾に腕押し」状態だった。これは庶民の力ではどうにもならんと思い、議員さんの協力を仰ぐことにした。

警察やカード会社に被害のことを相談しても相手にされなかったときの話はこちら⇒【恐ろしきなりすまし】クレジットカードの不正利用で30,000円の被害にあった全記録

警察の窓口を紹介してもらう

まずは議員に直談判したという知人Tさんに連絡。「神奈川在住の場合、神奈川県と縁ある議員さんに相談するといい」とのアドバイスを頂き、Tさんの紹介ということでツテを辿ることになった。「これでお金も戻ってくるはずや!」と意気込んだのだが……。

「色々あたってみたけど難しいです」「事件の相談は受け付けられません」などのお断りの返事の数々。親身に話を聞いてくれる人、ケンモホロロな対応の人と様々だった。全て議員秘書の段階で止められたが、同じ秘書でもそのリアクションは天地の差がある。

そうして何人かに連絡した末、話を聞いてくれたのがF議員の秘書さんだった。被害を訴えるメールを送ったところ、「では警察の窓口を紹介します」との返信が来たのだ。

その後、F議員の紹介で神奈川県警察の方と連絡を取ることができた。改めて被害を訴えた結果、その旨を最初に相談した地元警察にその方から言ってくれることになったのだ。

その約1ヶ月後、地元警察から再びの連絡。今回の件の被害届けが受理され、正式に事件として捜査される運びとなった。

1年後、カード会社に改めて連絡

本来ならば被害届けが受理された時点でカード会社に連絡すれば、被害額は返金されたはずだ。だが当時の私はそのことが頭から抜け落ち、「犯人から金を取り戻す」と本気で考えていた。

しかしネット上の被害ということで犯人は簡単には捕まらず、そのまま一年が経過。「事件の捜査はどうなったのか?」と警察に問い合わせたところ、「カード会社に改めて言ってみては?」とアドバイスされた。

「そうか、その手があったか!」と一年越しに気付く私。早速カード会社に「警察に被害が認められたので返金求む」との旨を書面で送った。

(当時はカード会社に敵意むき出しだったので、「さもなきゃ法的手段に訴えるぞ」などの脅し文句も書いていた)

その一週間後、カード会社から「楽天カードの窓口に電話下さい」との連絡が。「なんで書面じゃ無いねん」と思いつつ電話すると、「今回の件は改めて会社側で調査し、不正が認められたら返金します」との返事をもらったのだ。

そして2019年8月、ついに被害額が返金された↓

一部私に非があるとみなされたら全額戻ってこないかもと思ったが、そんなことはなかった。ダメ元でもゴネ倒してみるものである。

庶民の力の限界

今回のカード被害の顛末をまとめてみた↓

・2017年12月、カード番号が盗まれ勝手にホテルを予約される

・被害金額は約3万円

・カード会社は被害を認めず、警察も動かず

・望みをかけ知り合いづてに議員さんへ連絡

・ある議員さんから神奈川県警の窓口を紹介してもらう

・県警の警察官の方から、地元の警察に言ってもらう

・地元警察、被害届けを受理する

・被害届けを受理された旨をカード会社に連絡

・カード会社から「改めて調査する」と返事をもらう

・不正利用が認められ、被害額が戻ってきた!

いくら私が訴えても動かなかった警察が、議員づてに連絡してもらうとアッサリ被害届けを受理。「警察は権力に弱い」という事実を目の当たりにした瞬間である。

まずは議員に相談だ

警察に限らず役所など、国の組織は国家権力に弱い。なにか困ったことがあったら役所や警察に行くのではなく、身近な議員に相談するのが一番手っ取り早いんじゃなかろうか。

もし身近に「地元の議員と知り合いそうな人」がいたら、まずその人に相談してみるのがいいかと思う。そこから議員さんを紹介してもらうのだ。

その議員さんが心ある人ならば、相談内容を聞いたうえで役所なり警察なりに口添えしてくれるはずだ。私達自身で駆け込むよりもよほど効果てきめんだろう。

振り込め詐欺の被害に遭ったら

今回はカードの不正利用だったが、ネット上で振り込め詐欺の被害に遭うこともあるかもしれない。そんなときはこちらを参考にしてみてほしい↓

https://furikomesagi.dic.go.jp/

振り込め詐欺救済法のサイトだ。被害に遭ったことを金融機関に連絡すれば、振り込み先の口座を凍結してくれるという。ただし60日の期限があるので気をつけたい。

サイト上で事あるごとに「お金を振り込んでね」と言われたら、ほぼ100%詐欺だ。「なんかおかしいな?」と思ったら、金融機関に連絡しよう。

たかが3万、されど3万。庶民にとっちゃ数万円は立派な大金だ。取り戻せるものなら取り戻したい。

世の中には公になっていないだけで、数万円の被害で泣き寝入りしている人が少なからずいるかもしれない。そんなときは諦めず、あらゆるツテを辿って相談してみることをおすすめしたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi