弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

頭皮の乾燥に効く湯シャンの正しいやり方とは?抜け毛や薄毛のお悩み解消。

公開日:2016.11.08

スポンサーリンク

シャンプーに頼らず髪を洗う「湯シャン」のやり方をお話しします。頭皮の乾燥が気になるときは、思い切って湯シャンにチャレンジしてはどうでしょうか?

頭皮が乾燥するのは、シャンプーの洗浄成分が強すぎて皮脂を取りすぎてしまうからです。そういうときはお湯だけにした方が、頭皮は潤います。

ただ湯シャンのやり方が雑だと、頭皮が臭ったり脂ぎったりする危険性があります。大事なことは、頭皮の汚れと余分な皮脂をしっかり落とすことです。

1.髪をブラッシングする

髪を洗う前に、くしで髪の汚れを落とします。ショートヘアの場合は省略しても大丈夫ですが、ロングヘアの場合は念入りにブラッシングした方が良いです。

ちなみに私は散切り頭のような髪型で、くしで髪をとかすのをチョイチョイサボります。が、幸いにして頭皮が脂ギッシュになる事態は今のところ起こっていません。

ブラシは使いやすければ、安いものでもOK。私は100円ショップのコームを使っています↓

P_20160228_105559.jpg

湯シャンの場合、クシに皮脂汚れが付きやすいです。クシの汚れは、食器用洗剤かセスキ炭酸を水で薄めた液に一晩置くと、簡単にきれいにできます。

2.湯船に浸かる

髪を洗う前に、湯船に浸かって身体を温めています。最低でも15~20分は浸かると、頭皮の毛穴が開いて皮脂や汚れが落ちやすくなるのです。

特に湯シャンを始めたばかりのときは、頭皮の毛穴はしっかり開いた方が良いです。余分な皮脂が落ちきらず、臭いの原因になるかもしれません。

カラスの行水の人は、音楽なを聴きながら浸かると長く入浴できておすすめです⇒お風呂タイムに音楽でリラックス。おすすめ防水スピーカとは?

湯シャンをしばらく続けていると、皮脂の量が減ってきて頭皮の脂っぽさがなくなってきます。そうなれば、たまにシャワーだけの日があっても簡単には臭いません。

スポンサーリンク

3.37~40℃くらいのシャワーで流しながら洗う

髪を洗うときはシャワーで流しながら、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。サイドの生え際や後ろもしっかり洗うのがポイントです。

ここで雑に洗うと、臭いや脂っぽさの原因に。多少時間をかけて、念入りに頭皮を洗ったほうが良いです。

ここでも、頭皮を洗うブラシがあると便利です。私も最初は指で洗っていましたが、今はシリコン製のブラシでゴシゴシ洗っています。

湯シャン用のブラシも100円ショップのもの。元はマッサージ用のブラシです↓

P_20160805_0541352.jpg

髪が長い人は、毛先まで念入りにとかして洗います。シャワーで洗いきれないときは、洗面器などを使って洗うのがおすすめです。

4.髪をタオルドライする

髪を乾かすときは、ドライヤーの前にタオルドライを念入りにやります。湯シャンは基本トリートメントを使わないので、タオルドライを念入りにやってドライヤーの時間を減らします。

あまりゴシゴシこすらず、上からギュッと押さえつけて水分をしぼり取るように乾かすのがポイント。キューティクルを傷めぬよう、優しくポンポンしながらドライします。

湯シャン歴が長くなると、タオルドライだけでも何とかなるように。夏場はドライヤーを何日かサボりました⇒髪を上手く自然乾燥する方法は、健康な頭皮ケアにかかっている?

シャンプーを止めたおかげで、頭皮が健康になったのが理由かもしれません。頭皮の乾燥が減って、雑菌が繁殖しにくくなったのではと考えています。

5.ドライヤーで乾かす

タオルドライの後、ドライヤーでサッと乾燥。私は低温ドライヤーを使っています⇒髪の毛のケアと電気代節約を考えた結果、低温エコドライヤーにたどり着いた話

乾いたタオルを頭に被せて、その上からドライヤーを当てると早く乾きます。さらにドライヤーの熱風から髪も守れるので、一石二鳥です。

ドライヤーの風を直に当てるときは、なるべく頭から離した方が頭皮が乾燥しにくいです。特に普通の高温ドライヤーの場合は、腕をギリギリまで伸ばして乾かします。

ドライヤーの熱は、当てすぎると髪のタンパク質を「変性」させます。変性した髪はゴワゴワ・バサバサになりやすいので、近くで当てない方が安全です。

慣れれば、シャンプーやリンスを使って洗うより快適です。シンプルな頭皮ケアには、湯シャンはおすすめできます。

数々のシャンプーを試しても髪質が改善しなかった方は、シャンプー自体が頭皮に合っていないのかもしれません。そんなときは、いっそ湯シャンに切り替えてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿