弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

朝に早起きするコツは、前日の睡眠にあり。早寝を目指す私の夜のルーティン

公開日:2016.05.20

スポンサーリンク

今回は、私の夜のルーティンを紹介します。明日の早起きで始めるには、前の日の準備も大事です。

早起きするには、夜は早寝をすることが一番確実。夜にやることも決めておくと、脳が「睡眠モード」に切り替わりやすいようにも思います。

1.その日1日の反省

夕方の16~17時頃、その日1日の反省をします。「今日は良い仕事ができたか」「やるべき用事は済ませたか」など、色々なことを考えます。

反省の中でやることは、朝の「心と頭の整理」と似ています⇒充実した1日は朝から始まる。私の早起き後のルーティンを紹介

調子の良かった日もイマイチだった日もありますが、1日の反省をすると「今日も1日やり切った」という気持ちになります。すると、その日のことはその日のうちで終わりにできます。

前の日がどうあれ、それを引きずらずに翌日また同じように過ごす。同じリズムを保つには、1日の反省で区切りを付けるのも効果があります。

2.虫除け対策

この虫除け対策は、最近加わったルーティンです。夕飯の最中に虫が寄ってくることがあるので、その前に虫除けのハッカ油スプレーを部屋中にまいています。

ハッカ油スプレーは、水とハッカ油があれば作れます⇒アロマよりも節約になる。ハッカ油で簡単にできる、効果的な虫除け対策

これから虫の活動がどんどん本格化するので、虫除け対策にもますます力が入ります。なるべくマメにスプレーをして、効果を切らさないようにしています。

3.夕飯

スプレーを巻き終わったら、ようやく夕飯の準備に取りかかります。食事の時間は、代わり映えのない毎日の中で数少ない楽しみの1つとなっています。

基本は自炊で、惣菜などを買うことはほとんどありません⇒鯖の味噌煮は、まとめて作った方が良い~実録・一人暮らしの節約料理(23)~

夕飯のときはなるべくスマホをチェックせず、食事に集中するよう気をつけています。すると時間の流れがゆっくりに感じられ、ご飯もより味わえるようになりました。

マルチタスクの習慣を止めるにも、食事に集中するのは効果的です⇒勉強や仕事への集中力を上げて効率化。マルチタスクの習慣を今すぐ止められる方法

4.食器の片付け

夕飯後は速やかに食器を片付けます。食器を洗うときは洗剤を使わず、びわこふきんを使っています。

びわこふきん1枚あれば、水だけで汚れがきれいに落ちます⇒食器用洗剤を使わず、びわこふきん1枚で油汚れをきれいに落とすエコでシンプルな方法

食器洗いが終わると、次はテーブルやコンロ、シンクを拭きあげる作業です。念入りに拭いて、食べ物のカスや水気が残らないようにしています。このときも、ハッカ油スプレーをしながら拭いています。

キッチン周りには何も置かないことが、每日きれいに拭くコツです⇒(画像あり)節約系ミニマリストのキッチンを公開。持たない暮らしでも、料理はできる

三角コーナーや水切りカゴなどは使わず、虫の温床となりそうなものを徹底して排除。コバエなども減ったうえ、掃除するのも楽になります。

さらにダメ押しで、再び部屋中にハッカ油スプレー。特にトイレやお風呂場など、水回りは重点的にスプレーしています。

スポンサーリンク

5.ふとんの準備

夕飯の片付け後は寝る準備です。バスタブにお湯を張っている間に、ふとんを敷いておきます。

すっきりした部屋にするなら、ベッドよりもふとんがおすすめです⇒ミニマリストな一人暮らしなくても困らないと実感した家具

布団は敷きっぱなしにせず、その都度上げ下ろしをしています。この方が生活にメリハリが出て、ゴロゴロすることもなくなりました。

ふとんの上げ下ろしも、脳のスイッチの切り替えに役立っていると思います。休日などにダラダラしてしまうときは、ふとんをしまうのがおすすめです。

(ベッドの場合は、朝と夜にシーツを整えるのが良いかと思います。)

6.入浴

ふとんを敷き終わってバスタブにお湯が張れたら、入浴タイムです。湯船にゆっくり浸かってその日1日の疲れを癒やします。

よく、防水スピーカーで音楽を聞いたりします⇒お風呂タイムに音楽でリラックス。おすすめ防水スピーカとは?

今の季節だと、音楽5曲くらいで身体が温まります。その後は洗髪・体を洗い、お風呂からあがることが多いです。

髪を洗うときは、お湯のみの「湯シャン」です。湯シャンにしてから、くせっ毛が直りやすくなりました⇒節約しながら髪のトラブルを解消?湯シャンの効果とメリット

7.ヨガ

お風呂上がりは、生理対策のヨガをやります。ヨガを始めてからは、生理痛がほとんどなくなりました。

私がやっているのは、「月経血コントロールヨガ」です⇒PMS改善に役立つ、「月経血コントロールヨガ」の本レビュー

夜の方が身体が柔らかく、1つ1つの動作がやりやすいです。ストレッチには疲れを取る効果もあるので、朝か夜なら夜やる方が良いと思います。

8.就寝

ヨガが終わったら、良い時間になっています。今は大体、9時台にはふとんの中に入るようにしています。そして、翌日の朝は5時起きです。

以前はお昼近くまで寝ていましたが、一人暮らしを始めてからは早起きになりました⇒朝活したい人は必見。私が朝の5時に起きられるようになった、早起きできる方法

私が夜更かし対策で効果があったと思うのは、「テレビを見なくなったこと」です。テレビがないとやることもあまり浮かばず、早めに寝るようになったのです。

たまに眠くならないこともありますが、そんなときは静かに読書するように。ただ、最近はスマホいじりが増えてきたので注意しなければと思っています。

早寝すると早起きになり、早く起きれば早く眠くなります。眠いときに寝ると睡眠の質も上がるのか、睡眠時間も10時間から7~8時間で済むようになりました。

朝のルーティンがスタートダッシュなら、夜のルーティンはその前の準備運動です。朝をすっきりスタートさせるには、前日の夜の過ごし方も大事なのだと思います。

夜更かしが悩みの人は、夜のルーティンを作って生活にメリハリを出すのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850370総閲覧数:
  • 590今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ