ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【イライラ解消法】部屋を断捨離すると、ストレスが激減する7つの理由。

スポンサーリンク

部屋断捨離すると、イライラまで激減する。なぜ断捨離がストレス解消になるのか、その理由をお話したい。

部屋の中が散らかっているというのは、実はそれだけで大きなストレスがかかる。部屋の中にいたくない、休んでも疲れが取れないというときは、あなたの目の前にある荷物が原因かもしれない。

スポンサーリンク

1.物欲が減る

ものを捨てることに慣れると、物欲が減っていく。断・捨・離のステップで、ものに執着しなくなるからだろうか。

また、せっかく片付けた部屋を散らかしたくないというのもある。断捨離はとにかく疲れるから、やすやすとものは増やせない。ものを買うときに処分のこともつい考えてしまう。

長年ほったらかしだった本を処分するのも、重労働だ。詳しくはこちら⇒処分に悩む教科書も、こんまりの方法でスッキリ。カレジョの断捨離実践記。

なんで物欲が減るとストレスが減るかといえば、生き物は欲求を満たせないとイライラするものだからだ。ほしいものが手に入らないというのは、大きなストレスになる。

人が仕事を頑張ってお金を貯めるのも、半分はもののためなんじゃなかろうか。お金のために働くというのも、またストレスが溜まる。

そしていざ欲しかったものを買っても、それで満足はしない。またすぐ次のものが欲しくなる。その繰り返しで、ずっとモヤモヤは続くのだ。

私はもともと趣味のオタクグッズさえあればいい人間だったが、今はそのオタクグッズでもほしいものが限られる。あれが手に入らなくてイライラするということが、ほぼなくなった。

2.基準が他人から自分になる

欲しくなるものの中に、自分が本当に欲しいと思うものはどれだけあるだろうか。人が持っているから自分もほしいというものも、なかにはあるんじゃなかろうか。

断捨離で色々なものを捨ててみると、当たり前に持っていたものが実は必要なかったというのが分かってきた。ほかの人と持っているものが違くても、自分がよければいいと考えるようになった。

周りと自分を比べるというのも、大きなストレスだ。いくら頑張っても基準が他人にあるから、満足するということがない。ネタミやソネミというのも、エネルギーを使うものだ。断捨離は、基準を他人から自分に変えるのに効果がある。

ただ断捨離する人やミニマリストのなかにも、他人と競争するのが好きな人もいる。片付けは自分のためにやるものだと思うのだが、進んで人と比べてイライラするというのは哀しいものだ。

3.部屋のノイズが減る

毎日ものに囲まれて暮らしていると気づきにくいが、荷物が多いというのはそれだけで疲れるものだ。まして散らかった部屋となると、いくら落ち着こうとしても落ち着けるものじゃない。

逆によけいなものがない部屋は、気が散ることがなく集中しやすい。いろいろなところに注意を取られず、頭が疲れにくくなった。

私はこれを、一人暮らしでミニマリスト生活を始めてから実感した。たまに知り合いのお宅へお邪魔した後に自宅へ帰って来ると、そのスッキリ感が妙に安心するのだ。

身体のなかの余計なものを出すデトックスというものがあるが、これは頭に流れ込む情報にも同じことが言える。断捨離は、脳のデトックス効果があるんだと思う。

ノイズで頭がいっぱいになると、焦って落ち着かなくなる。多分、荷物の「かまってオーラ」みたいなものが、荷物をなんとかしなくちゃと思わせるんだろう。断捨離後は、心のザワツキも減った。

いつも忙しくしている人は、いらない荷物のせいかもしれない。遠回りにも思えるが、思い切って片付けをすると落ち着けるんじゃなかろうか。

4.時間によゆうができる

荷物が減ってからは、時間にもよゆうができた。時間によゆうが生まれると、心にもよゆうが生まれる。

私が実感するなかでは、こんな時間が減った↓

・服選びの時間

・ものを探す時間

・掃除、片付けの時間

以前は服選びに10分も20分もかかっていたが、今は一瞬で決まる。朝から頭を使うことがないと、精神的に楽だ。

服の断捨離で起こる、ポジティブな変化はこちら⇒ズボラも実感した、服を断捨離すると心に起こる3つの良い変化。

また、私はものをよく無くす。お出かけの前など、カギがないスマホがないとアチコチ探し回っていたものだ。あれは、地味に時間をムダにする。

断捨離後は、ものがすぐ見つかってイライラもない。たまに行方不明になっても、探す場所は限られるから短い時間で済むのだ。

5.管理できる範囲が広がる

ものが少なくなると、当たり前だが管理が楽になる。管理が楽になると、心が安定するのだ。

自分で自分のものを管理できる状態というのは、環境をコントロールできているということだ。人はコントロールが好きな生き物でもあるから、ストレスが減るんだと思う。

逆に自分の手に負えないものが多いと、イライラしたり不安を感じたりする。そのなかには、多過ぎる荷物も含まれると私は思っている。

そしてどれだけの荷物を管理できるかは、人によって限界が決まっている。これは、片付けや収納テクではどうにもならない。

ズボラほど、断捨離した方がいい理由はこちら⇒整理整頓や掃除が苦手なズボラこそ、断捨離してミニマリストになった方が良い理由

ものが少なければ、片付けも簡単だ。収納の達人でもない限りは、持ち物を減らす方向でいった方がストレスフリーな効果を確実に得られるんじゃなかろうか。

6.断捨離の運動効果

荷物の片付けは、体力も使う。体を動かすことで、ストレス解消にもつながっているんじゃないかと思う。

身体を動かすと、人の脳はポジティブになることも知られている。引きこもってばかりだと気分がふさぐのは、運動不足のせいもあるのかもしれない。

断捨離はお金もかからないし部屋は片付くしで、一石二鳥の運動だ。大型連休中などは、断捨離して過ごすのもいい手じゃなかろうか。

連休を使った断捨離のやり方はこちら⇒終わらない断捨離に10日で決着。連休中に服を片付ける4ステップ。

7.イヤな過去を捨て去れる

荷物の中には、ネガティブな記憶がよみがえるものもある。そういうものは、手元にあるだけで気分が重くなるものだ。

私の場合は勤め人時代に着ていたスーツが、嫌な思い出がよみがえるものだった。一瞬ではあるが、視界に入ると心がモヤッとしたものだ。

しかし服の断捨離ついでにスーツも捨てると、いつしか会社員時代のことは思い出さなくなっていった。完ぺきに忘れたわけじゃないが、今では単なる過去の記憶という感じだ。ネガティブさはあまり感じない。

思い出の品に関する話はこちらでも⇒昔の写真が捨てられないあなたに贈る、思い出の品を上手に断捨離する7つの方法。

記憶は記憶、ものはものではある。が、人は記憶とものを結びつけたがる生き物だ。見るたびに怒りが湧いたり哀しくなるものは、捨ててしまっていい。

散らかった部屋は、それだけで人をイライラさせる力を持っている。食べ過ぎ・買いすぎなどがやめられないのは、いらない荷物のせいもある。

ストレスは対処療法じゃなく、根っこから断たないとキリがない。心当たりがある人は、断捨離をおすすめしたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi