弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ストレス発散できる、8つのミニマルな方法。少しのゆとりで心はずっと楽になる

公開日:2015.12.22 最終更新日:2016.03.16

スポンサーリンク

今回は、日常生活の中でストレス発散できる方法をお話します。日頃からストレスを溜め込まないように工夫すれば、特別にストレス解消の時間を作らなくても良くなります。

ストレスを溜め込まない生活といっても、必要なものは少しのゆとりだけです。イライラしたり落ち込んだりすることが多いときは、心に余裕がない証拠。まずはできるところから、余裕を作る生活を始めましょう。

1.断捨離

荷物が多すぎたり部屋が散らかっていると、それだけでストレスが溜まるものです。リビングにバッグや雑誌がほったらかしだったり、クローゼットの中がゴチャゴチャしているのを見ると気が滅入ってはきませんか?

まずは、部屋のこんなところを断捨離するとスッキリします⇒汚部屋予備軍の家が断捨離できてない4つの場所とは?ここを片付けて掃除するだけで、室内は驚くほどきれいになる

荷物が多いとイライラするだけでなく、ものに余計なエネルギーをとられます。エネルギー不足で疲れが溜まると、さらにストレスが溜まるという悪循環にハマってしまうのです。

2.貯金・節約

これは私も「嫌」というほど実感していますが、人はある程度の蓄えがないと心に余裕がなくなります。今収入がゼロになっても、何とかやっていけるほどの貯金はありますか?

万が一というときの当てや蓄えがないと、一気に貧困層入りということもあり得ます⇒もしもの備えや対策は大丈夫?普通の生活から貧困に陥るタイミングとは

私も最初の会社をリストラされたときは、貯金がほぼゼロの状態。将来の展望など全く見えず、とにかく明日のお金を稼ぐことに手一杯となっていました。バイトと就活で、おそらくとても怖い顔をしていたと思います。

逆に現在はある程度の貯金があるので、新たな定収の道にじっくりと取り組めています。まだ10年後や30年後は心配ですが、少なくとも半年後や1年後のことを考えられるだけの余裕はできました。

貯金があるということは、未来にまだ希望があるということなのだと思います。人間、希望が持てなければ心がクサクサするのも当然です。

もし「貯金のことを全く考えていなかった」というのであれば、今から考えてみてください⇒節約初心者でも失敗しない貯金術。大きな一歩は、小さな成功から始まる

3.軽い運動

ウォーキングやヨガなど、軽い運動を取り入れると身体がほぐれてリラックスできます。私はPMS対策で、お風呂あがりにヨガをやっています⇒節約に効くPMS対策。一日10分で驚くほど改善する簡単な方法とは?

忙しくて時間が取れない場合でも、ひと駅余分に歩いたり部屋の掃除で体を動かすことはできます。エスカレーターの代わりに階段を使っても、なかなかいい運動になります。

私も最近、運動不足気味で、体力が大分落ちました。このままでは明らかに不健康なので、なにか部屋でできる運動を探してみようと思っています。

4.ゆっくりお風呂に入る

あなたは、身体を洗うときは湯船に使っていますか?もしシャワーだけということが多いなら、たまにはゆっくりお風呂に入ることをおすすめします。

特に40度前後の温めのお湯に入ると、身体をリラックスさせる「副交感神経」が活発になります。寝る前にゆっくり浸かれば、その分疲れもとれやすくなります。

ゆっくりお風呂に入るのが苦手な方は、音楽を聴くのもおすすめです⇒お風呂タイムに音楽でリラックス。おすすめ防水スピーカとは?

スポンサーリンク

5.たっぷり睡眠をとる

寝不足ばかりの生活は、疲れが溜まってイライラの元です。平日ならば、遅くとも0時には寝るようにすると身体の疲れが取れるように思います。

いくら寝ても眠いときは、寝る前にスマホをいじらないように気を付けてみましょう⇒スマホやパソコンのやり過ぎで、時間を無駄遣いしないためのネット情報断捨離術

周りがうるさくて眠れない場合は、耳栓をつけるのも一つの手かと思います⇒弱小在宅ライターの苦悩。収入も静かに寝る場所もありません。

私も、未だにスマホを寝る前にいじってしまうことがあります。スマホをいじった後で寝ると、起きても頭がボーッとします。自分の部屋がないことも相まって、睡眠の質はあまり良くないように思います。

よく眠れないときは、身体を動かすと良いという話も聞きます。いくら寝ても寝た気がしないのは、運動不足も理由の一つかもしれません。

6.ささやかな幸せを見つける

「天気が良くて気持ちがいい」「信号待ちせずに済んだ」など、ほんのちょっとしたことを喜べると、心にゆとりができます。日頃イライラすることが多くても、「ホッとする瞬間」誰でもあると思います。

毎日忙しくて余裕がないときでも、少し立ち止まって一息ついてみましょう。温かいお茶をゆっくり飲んだり、好きな本をじっくり読む時間を5分でいいので作ってみてください。

7.できないことより、できたことに注目する

ふと今の生活を振り返ってみたときに、「あれもこれもできない」と嘆いてしまうことはありませんか?そんなときは、できないことよりも「できたこと」に注目しましょう。

「去年よりも仕事で怒られることが少なくなった」「上手に家計をやりくりできるようになった」など、一年前よりもできるようになったこともたくさんあるのではないでしょうか?

もし今思いつかなくても、これから目標を立てて地道に取り組むことはできます。一年後に今を振り返れば、自分がどれだけ前に進んだかが実感できるはずです。

8.ないものより今あるものに注目する

7番目とも少し似ていますが、時々は「今ある幸せ」を噛みしめることも大事かと思います。

「あれがほしい」という思いは、人が成長する上で大いに役立ちます。けれど、その思いが強すぎるとかえって疲れてしまうでしょう。欲張りものが最後に損をするのは、昔話でもおなじみの教訓です。

普段から上を見ることが多い場合は、たまには目線を目の前に戻しましょう。上を見てばかりで前に進むと、足元の石に躓いてしまうかもしれませんよ。

たまに思いっきり遊んだり贅沢をするのも楽しいことですが、それはあくまで対処療法に過ぎません。元の生活に戻れば、またストレス漬けの毎日が待っていることでしょう。

普段からストレスを溜め込まないようにすれば、空いた時間をもっと自由に使えます。休日のお買い物や仕事帰りの居酒屋は、本当にあなたがやりたいと思っていることですか?

心に余裕を持つには、生活のスピードをほんの少し落とすだけでも十分です。まずはゆっくりと、深呼吸をしてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850602総閲覧数:
  • 822今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ