弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

お金を貯めたい人必見。「節約生活が続かない」たった2つの理由とは?

公開日:2015.10.12 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

お金を貯めるために、節約生活を始める。

これは誰もが頑張ることですが、その中で長く節約を続けていける人はどれくらいいるでしょう?

今回は、節約が続かない原因をじっくり考えてみたいと思います。

ネットに様々な節約術があふれ、節約のノウハウ本が多くあるということは「節約で悩む人がたくさんいる」ということでもあります。

なぜ情報は多いのに、節約で悩む人はいなくならないのでしょうか。

なぜ節約は続かない

節約とは「無駄を省いて切り詰めること」という意味があります。

するとお金の節約とは「無駄な支出をなくす」ということになりますね。

改めてこう言うと、「そんなことは分かってる」とほとんどの人は言うと思います。

けれども、これを本当に理解して実践していれば「節約で悩む」ということにはならないはずです。

こう考えると、節約ができない理由は以下の2つしかないことが分かります。

・どこで「無駄な支出」をしているか分からない

・「無駄な支出」と分かっていても止められない

それぞれ見ていきます。

どこで「無駄な支出」をしているか分からない

一つ目は「無駄な支出」の出どころが分からないパターン。

「無駄遣いはしてないはずなのに、なぜかお金が貯まらない」というときは、これが原因です。

まずは、以下のポイントを踏まえて「支出の元」をはっきりさせましょう。

・財布をキレイにする

・家計簿をつける

・売り手の「買わせる工夫」を知る

以下、順番に見ていきます。

財布をキレイにする

財布の中身が汚いと、現金の流れが分かりづらくなります。

財布がパンパンな場合は、まず財布リセットからはじめましょう。

財布リセットの方法はこちら⇒家計の節約はここで差が出る。財布リセットでお金の使い方が丸わかり

家計簿をつける

節約上手な人は、必ず家計簿をつけているとも言われています。

なぜ家計簿をつけると節約出来るのかというと、「お金の流れ」がはっきりするからです。

流れが見えるようになると、自分がどこでお金を使ったのかが丸わかりになります。

こうして内容を確認していけば、「無駄な支出」をあぶり出しに出来るのです。

おすすめの家計簿

とはいえ、お金の出入りを一つ一つ記録するのはとても骨の折れる作業ですね。

かくいう私も、お小遣い帳などにチャレンジしては挫折を繰り返してきた経験が何度もあります。

現金での買い物やクレジットカードの引き落としなど、それぞれ確認して記録するのがとても面倒だったためです。

突然の高額出費があると、それを記録するのが嫌で挫折したこともあります。

そこで見つけたのが、自動で支出を記録してくれる家計簿サービスでした。

私が利用中の家計簿はこちらです⇒家計簿はじめました。節約、ゼロからの再スタート

自分が利用するクレジットカードとネットショップを登録すれば、買い物をする度に勝手に支出を記録してくれます。

品名までしっかり保存してくれるので、忘れっぽい私にはありがたいサービスです。

私のような、カードでの買い物が多い人間におすすめの家計簿ではないかと思います。

売り手の「買わせる工夫」を知る

家計簿を付けていると、「つい買ってしまった」ものが意外と多いことに気づきます。

これは、予定になかったのに「お店の買わせる工夫」にまんまとのせられてしまった結果です。

お店の買わせる工夫については、こちらの記事をどうぞ⇒80%の買い物は無計画。節約を邪魔する「知らぬ間の無駄遣い」とは

こちらの記事にもあります⇒節約の大敵、買い物の連鎖反応。人はこうして浪費する

これを知ってからは、なるべく寄り道を避けて無駄遣いをしないよう心を引き締めるようになりました。

「無駄な支出」と分かっていても止められない

ふたつ目は、分かっていても無駄遣いを止められないパターンです。

趣味や洋服についお金を使いすぎてしまう人は、こちらが理由と思われます。

分かっていても止められない支出の裏には、以下のような原因がかくされています。

・ストレス発散

・依存症

それぞれ詳しく見ていきます。

ストレス発散

仕事や家事のイライラなどを、買い物で発散させてはいませんか。

けれどもストレス発散が目的では、ものの役目は「買った瞬間」に終わります。

その瞬間は心が満たされても、時間がたつとまた買い物したくなるのでキリがありません。

お金が減る上、家の中も散らかるのであまり良いストレス発散方法とはいえないでしょう。

ストレスの解消には、「お風呂にゆっくり浸かる」「体を動かす」などの方法が健康的でおすすめですよ。

依存症

買い物やお酒などに、日常生活に支障をきたす程のめり込む状態が「依存症」です。

この場合は自分の力で止めることは出来ないので、専門機関で治療を受ける必要があります。

精神科に抵抗がある場合は、「臨床心理士」のワードで検索してみてください。

お金が貯まらない原因

節約が続かない原因を、もう一度おさらいします。

・どこで「無駄な支出」をしているか分からない

・「無駄な支出」と分かっていても止められない

今までのお金の使い方を見直すことが、節約を長く続けるコツですよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1858993総閲覧数:
  • 2476今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ