弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

その節約、損じゃありませんか?お金を貯めるなら避けるべき「お得」とは

公開日:2015.10.15 最終更新日:2015.10.20

スポンサーリンク

毎日のように節約情報をみていると、皆さん本当に様々な工夫をされていて参考になります。

けれども時々、「これって本当にお得なのかな?」と思うものもチラホラ見かけます。

そこで今回は、節約するつもりで損をしてしまう「お得」の罠について考えてみたいと思います。

私たちが毎日のように使っているサービスの中にも「お得」はあふれていますが、それはどこまで節約の役に立っているでしょうか。

どれが本当に「お得」なのかをしっかり見極めて、節約に活かしたくはありませんか?

「お得」に振り回されていませんか?

まずは、「お得」と「節約」の関係について見てみましょう。

辞書で調べると、得は「利益を得ること、もうけること」と出てきました。

それに対し節約とは、「無駄遣いをやめて切り詰めること」とあります。

節約の説明はこちらにも書いています⇒お金を貯めたい人必見。「節約生活が続かない」たった2つの理由とは?

それぞれの意味を考えると、お得と節約の関係が何となく見えてくるのではないでしょうか。

節約→お得の順番

例えば、いつも100円で買うお肉を特売日に70円で買えたとします。

この場合は、「お肉の代金を節約」して「30円の得をした」ことになりますね。

すると、普段からよく聞く「お得に買えた」というのは「節約の結果」であることが分かります。

「節約→お得」のように、お得は私たちが節約した後についてくるものだったのです。

「お得」を優先するのは間違いです

けれども一部の節約術には、この順番を間違えているものがあるように思います。

「このクーポンを使うと安いですよ」「このカードはポイントが貯まりますよ」と、お得を優先させている節約術です。

確かによく使うお店のクーポンなどは、上手く使えば節約しながらお得に買い物ができます。

だからといって、クーポンやカードのポイント目当てにお金をつかうのはかえって無駄遣いですよね?

また、お得だからといって簡単に安物を買うのも考えものです⇒安い服は無駄使いを加速させる。節約は安物を買うことではありません

「お得」は「節約」の後についてくるものと意識していれば、このような無駄遣いは避けられるのではないでしょうか。

要注意の「お得」たち

ここからは、お得に振り回されないためのポイントを見ていきましょう。

「お得」をうたうサービスはたくさんありますが、その中でよく見かけるものを挙げてみます。

・無料のクーポン

・ポイントカード

・クレジットカード

・セール品

それぞれ順番に見ていきましょう。

無料のクーポン

普段使うコンビニや気になっていたレストランなど、お得に利用できれば嬉しい施設はたくさんありますね。

このようなときクーポンを使うと、節約にも大きく役立ちます。

逆に「使わなきゃもったいない」と、無理にクーポンを利用して買い物をしたりはしていませんか?

これでは、クーポンの値引き額よりも使ったお金の方がかさんでしまいます。

節約はクーポンを使わなくても出来るので、あまり気にし過ぎない方がストレスもたまりませんよ。

ポイントカード

お財布の中がポイントカードだらけの場合は要注意です。

枚数が多すぎるとポイントが分散するだけでなく、「カードがあるから」と余計な買い物が増えてしまいます。

まずは財布の中を整理して、ポイントカードを厳選しましょう。

財布の整理法はこちらから⇒家計の節約はここで差が出る。財布リセットでお金の使い方が丸わかり

ポイントカードは、よく使うお店のものを1~2枚だけ持つようにすると有効活用できますよ。

クレジットカード

クレジットカードの中には、溜まったポイントごとにランクが上がるものもありますね。

「あと少しでゴールドランク」というときなど、「ここで買い物すればクリアできますよ」とおすすめされたことはないでしょうか?

けれどもポイントはカード機能の「サブ」であり、ポイントのためにカードを使うのは無駄だとすぐに分かりますね。

カードは便利で使いすぎてしまう面もあるので、セーブすることも大事です⇒節約の敵?クレジットカードとの上手な使い方とは

セール品

スーパーやショッピングモールでお馴染みのセール品。

目当てのものが安く買えればお得ですが、予定外のものが安い場合はどうでしょうか。

セールの機会を逃すと損した気分になりそうですが、予定にないのならばそれは「無駄遣い」です。

特に設定した予算をオーバーしてしまうような場合は、たとえ安くても控えたほうが良いでしょう。

お得はオマケのつもりで

世の中は一見お得なものがたくさんありますが、お得に振り回されるといつまでもお金は貯まりません。

「お得はオマケ」ぐらいの気持ちで付き合った方が、情報に惑わされずに節約できますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿