弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

被服費を節約しながら、おしゃれなファションを楽しむ秘訣とは?

公開日:2016.05.03

スポンサーリンク

今回は、被服費節約しながらファッションを楽しむ秘訣をお話します。「洋服は多いのにおしゃれに悩む」という人は、服の買い方を見直すときです。

コーディネートが上手く決まらない原因は、手持ちの中に「イマイチな服」が混じっているからです。イマイチな服を買うのを止めれば、自分らしいおしゃれも、ファッション費の節約もできます。

自分が着ていて「楽しい」と思う服だけを選ぶこと、それがイマイチな服を避ける秘訣です。

安さで妥協しない

着るのが楽しみな服を選ぶには、まず「安さ優先」で選ばないことが大事なポイントです。

服を買うときの一番ネックは、やはり「値段」。「服は消耗品だから、安いもので済ませよう」と思う人も多いと思います。

確かに服は消耗品です。が、他の消耗品と違うのは「自分が楽しむ要素」も入っていること。そこを無視して「機能・値段」だけで選んだ服は、着ていても気分が上がらないのではないでしょうか。

買いたいと思った一番の理由が「安さ」なら、その服はいっそ買わない方が良いです。その分お金を貯めて、本当に欲しい服に使う方が無駄遣いになりません。

服の寿命も考える

服は消耗品ですが、扱い方1つで寿命を伸ばすことはできます。1着を長く着れば、その分節約になります。そのためにも、服はなるべくお気に入りを厳選する方がおすすめです。

安さだけで買った服は、愛着が湧きにくく扱いも雑になります。まさに「使い捨て」感覚で、どんどん服を買い換えることになります。

逆にじっくり選んだ服は、なるべく長く使おうと思えます。すると扱いも丁寧になり、結果的に服の寿命も伸びるのです。

また、安い服は単純に「洗濯するとすぐヘタれる」という弱点もあります。多少高くても、質の良い服の方が長持ちするという点も考えねばなりません。

スポンサーリンク

「ちょっと欲しい」くらいなら買わない

イマイチな服を買わないためには、「自分なりのこだわり」が大事です。70~80%で良しとせず、「100%納得しなきゃ買わない」くらいの心意気を持つようにします。

自分らしいファッションを楽しむには、服選びに妥協しないことが一番です⇒ミニマリストのファッションに近づくための、妥協しない洋服の選び方

「何となくよさ気」「お得だから」というような考えが頭に浮かんだら、それは買わない方が良い服です。「ここが気に入った」と具体的に言えない服は、買ってから高確率で後悔します。

ふわっとした理由で服を選ばないためには、予めどんな服が欲しいかイメージを固めることが一番の対策。自分がどんなスタイルが好きか、ハッキリさせるのも有効です。

私の場合、シンプルなデザイン・動きやすさなどを重視しています⇒服の断捨離を極めた先にある、私服の制服化。私の秋冬の「私服の制服」候補

複数のお店を見て回る

いつも服を買う店が決まっているなら、ときには別の店に行くと新たな発見があります。大型のファッションビルやショッピングモールなら、一度に色々な店を見て回れます。

色々な店を見て回るのは、複数のブランドを見た方がお気に入りの服が見つかりやすいからです。1つのブランドにこだわらない方が、純粋に気に入った洋服を選べます。

巷の大型ファッション系チェーンは、店内に1つのブランドしかないのが最大のデメリットです。自分のスタイルを追求するなら、色々なブランドをチェックするのも悪くありません。

アウトレット通販もおすすめ

店を見て回る時間がないときは、アウトレット通販が便利です。1つのサイトでたくさんのブランド服が見られるうえ、良い服を破格の値段で変えるというメリットもあります。

私がよく使うアウトレット通販は「BRANDELI」です⇒自分のファッションに自信を持つコツは、今より少し洋服にお金をかけること場所は「アウトレット通販~」です。

アウトレット通販は「売り切れたら再入荷なし」なのが難しいです。服を探すときは、メールマガジンなどでマメに情報をチェックするのがコツです。

人のおすすめアイテムを参考にし過ぎない

ネットのブログなどを見ると、コーディネートに使った服の商品ページへリンクが張られていることがあります。これは便利な反面、自分らしいスタイルを見失う危険性もあります。

似たような年代・生活スタイルの人を参考にしても、それが100%自分に当てはまることは絶対にありません。他人のおすすめを鵜呑みにすると、着ない服が増えかねないのです。

着れない服を着こなそうと、別のアイテムが欲しくなるという事態もよく起こります。最終的にファッション費ばかりが高くなって、「着る服がない」という状況に追い込まれることにもなります。

服選びではやはり「自分が着たいかどうか」という感覚が何より大事です。人のおすすめアイテムを見るにしても、最後は自分でじっくり考えることが欠かせません。

洋服への無駄遣いを止めるには、「私は本当にこの服を着たいのか?」と問いかけることが一番の秘訣です。服選びにこだわりを持つと、少ない服でも満足できて、ファッション費の節約もできます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿