弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしで食費の節約と栄養バランスを両立するための、肉・魚・野菜の買い方

公開日:2016.03.22

スポンサーリンク

一人暮らしを始めれば必ず直面する壁、それが「食事」の問題です。「自炊か外食か」「惣菜ばかりで栄養バランスが心配」など、悩みは尽きないと思います。

私も一人暮らしを始めたばかりで、試行錯誤を繰り返しています。そんな中でも、「これは食費節約に効く」と思った方法をお話しします。

食材を安く調達する基本

まずは、少しでも安く食材を調達する方法です。私は自炊が中心なので、主に「料理の材料」を安く手に入れることに焦点を当てています。

究極に安く済ませるならファストフードや加工品が手っ取り早いですが、それでは栄養バランスが大いに心配です。健康のことを考えるなら、やはり自炊は欠かせません。

セールの日は外さない

安い食材をゲットするなら、「セールの日のまとめ買い」が一番効率が良いです。セールの日と普通の日では、値段に十数円の差がでます。

予め近所のスーパーでチラシをもらったり、ネットでセールの日をチェックしておけば無駄がありません。買いたい食材に目星を付けておけば、余計な時間をとられることもありません。

無計画でスーパーにいくと、無駄遣いが増えるので注意です⇒80%の買い物は無計画。節約を邪魔する「知らぬ間の無駄遣い」とは

買う量は、1週間分くらいなら食材を腐らせる心配もありません。いくら安いからと大量に買っても、食べずに捨てては意味がありません。

専門店(地元の商店街)とスーパーの両方をチェック

地元の商店街にお店があるなら、そちらも見るのがおすすめです。スーパーではお目にかかれない掘り出し物が、意外と小さな店で見つかることがあります。

自宅から1km圏内なら、買い物も苦になりません⇒一人暮らしの食費の節約に、時間がなくても無理なくできる対策とは

閉店まぎわのお惣菜

引っ越したばかりのときは、値引きされたお惣菜に助けられました。夜遅くになると、25~50%も値引きされます。

安いお惣菜でチャーハンを作り、失敗したという哀しい経験も……⇒一人暮らしの食費を節約しようと自炊に挑戦するも、見事に失敗した話

今は添加物などが気になってお惣菜は買っていませんが、やはり安さはバツグンです。月末などお金がないときは、大きな助けになると思います。

肉・魚

食費を安く抑えるなら、野菜を中心にした方が良いです。肉や魚は、どうしても高くなります。

とはいえ、人間どうしても動物性タンパク質も必要です。栄養面から見れば、食卓に肉と魚は欠かせません。毎日とはいかずとも、1週間で2~3回は食べておきたい食材です。

適正価格(100g=100円)までならOK?

私が住む都内だと、肉は大体100g=100円が普通のようです。地方の場合は、もっと安く手に入る可能性があるかもしれません。

100g=100円が高いか安いか分かりませんが、とりあえず「適正価格ならいいか」と考えています。100gで90~100円くらいなら、買ってしまいます。

大体1食に100~150g使うと考え、大体300g前後のものを買っています。これで、週に2日は「肉の日」が作れます。

肉の中でも安いのは、海外産の豚と鶏です。国産黒豚肉や和牛というと、100g=200~300円はザラ。こんなものをいつも使っていたら、財布が持ちません。

冷凍魚は安い

魚は高いイメージもありますが、冷凍魚なら安いです。私の近所だと、冷凍魚はどれも1匹95円くらいです。

魚は取りあえず焼けばそのまま食べられるので、料理が面倒なときも実に楽。調理の手間を減らすのなら、魚メインもおすすめです。色々な種類の冷凍魚を買えば、「飽きた」ということもありません。

野菜

野菜は値段も上がりましたが、安いものは安いです。野菜をうまく使えば、食費を大きく節約できます。

もやしは常備

安い野菜なら、間違いなくもやしが最強です。安売りもやしは、冷蔵庫に常備しておいて損はありません。

私も、もやしの魅力を知ってからは手放せなくなりました⇒食費の節約のために必須な、私が一人暮らしで学んだおすすめの安い食材

安い上に量も多く、どんな料理にも使いやすいというメリットまであります。節約目的で自炊を始めるなら、もやしは絶対に必要です。

基本はにんじん・玉ねぎ

もやし以外でいつでも手に入る食材だと、にんじんと玉ねぎが安いです。にんじんは2本で100円、玉ねぎは3個で100円くらいで買えます。

にんじんと玉ねぎは、大体の料理で絶対に材料として出てきます。料理をつくるなら、基本中の基本食材です。

後はじゃがいもがあれば、それで煮物やカレーも作れます。さらに肉と合わせれば、肉じゃがやハンバーグ、肉野菜炒めと一気にレパートリーが広がります。

もちろん単品でも、野菜炒めとして食べられます。冷蔵庫にあれば何かは作れるので、ほかに候補がなければ買って良いと思います。

なるべく旬の野菜を選ぶ

それ以外の野菜なら、旬のものから選ぶようにします。春ならほうれん草や春菊、夏ならトマトやきゅうりやレタス、秋冬ならカボチャや大根などが安いです。

ハウス栽培の野菜なら年中買えはしますが、やはり値段は高めになります。特にこだわりがなければ、旬の野菜を選ぶ方が栄養価も高くてお得です。

食材はこだわるとキリがありませんが、安い値段でも栄養のあるものは買えます。健康が気になってきたら、自炊中心に切り替えることも考えてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850932総閲覧数:
  • 1152今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ