ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

「脂肪が筋肉に変わる」は嘘だから、食事制限なしで痩せたいとか100%無理。

スポンサーリンク

ダイエット経験がある人なら、脂肪が筋肉に変わるという話を聞いたことがあるかもしれない。逆に、筋肉が脂肪に変わってしまうという話もよく出回っている。が、実はこれ、全くのなのだ。

そして脂肪が筋肉に変わらないとなると、食事制限なし痩せたいというのがいかに無謀かが分かる。我慢せずに痩せるなど、夢のまた夢だ。

スポンサーリンク

脂肪と筋肉は全くの別もの

そもそも脂肪と筋肉は、全く違うものだ。脂肪は脂肪細胞というものが集まってできたもので、筋肉は筋繊維という繊維が束になってできている。

生き物の細胞は一度役割が決まってしまうと、死ぬまでその役割を果たすことになる。骨の細胞はずっと骨だし、脂肪の細胞はずっと脂肪のままだ。専門用語だと、「細胞の分化」という。

脂肪細胞も筋繊維も、すでに分化してしまった細胞の集まりだ。だから、ほかのものに変わりたくても変わりようがないのである。

にも関わらず脂肪が筋肉に変わるように見えるは、こんな仕組みのためだ↓

・運動が減ると筋肉も減る

・なのに食べる量が減らないと、脂肪が増える(脂肪細胞が大きくなる)

・筋肉が減って脂肪が増えるから、筋肉→脂肪に変わったように見える

脂肪と筋肉がごっちゃになっているのは、単なる脂のカタマリや肉のカタマリだと勘違いしているからかもしれない。が、2つとも、生きた別々の器官であることを忘れちゃいけない。

たくさん運動しても脂肪は脂肪のまま

筋肉を付けたい人たちの間では、脂肪を増やして運動すると効果的という話がまことしやかに伝わっている。これも、脂肪が筋肉に変わるという都市伝説のせいだ。

が、脂肪と筋肉は別物だから、いくら運動しようが脂肪は脂肪のままだ。脂肪に蓄えられたエネルギーを消費して脂肪細胞が小さくなることはあっても、細胞の量が減ったり増えたりはしない。

そして蓄えたエネルギーを運動だけで消費しようとするのは、かなり骨が折れることだ。茶碗1杯分(約240kcal)のカロリーを消費するには、ウォーキングで60~90分ほどかかる。

カロリー消費の話は、こちらでも紹介中⇒痩せられない理由はこれ?ダイエットにくじける人に共通する3つの「すぎ」

さらに運動を頑張りすぎると、お腹が空いて余計に食べてしまう。これでは、運動してもキリがないだろう。やはり体重を落としたいなら、食事制限が効果的なのだ。

スポンサーリンク

筋肉の維持はとっても大変だった

運動で筋肉を付ければ、多少はエネルギー消費量が上がるかもしれない。いわゆる基礎代謝を上げる方法だ。

が、基礎代謝の大半は内臓などによるもので、筋肉のエネルギー消費はわずかだ。詳しくはこちら⇒家事で痩せる?ダイエット成功のカギはMETs(メッツ)が握る。

さらに生き物の身体は、必要以上に筋肉を付けない方向で働いている。運動したときに筋肉が出す「ミオスタチン」という物質が、「よけいに筋肉を増やすな」と脳に伝えるのだ。

ミオスタチンのせいで、筋肉は放っておくとどんどん少なくなっていく。運動を止めるととたんに身体がたるむのは、そのせいだ。

かといって、ミオスタチンがないと筋肉が増えすぎて大変なことになる。増えた筋肉がムダにエネルギーを消費して、ほかのところにエネルギーを回せなくなってしまう。

身体にとって筋肉とは、必要だけどあり過ぎても困る存在なのだ。筋肉が増えないよう管理されているなら、やはり筋トレだけでエネルギーを消費するのは難しいんじゃなかろうか。

痩せたいなら食うな

やはり確実に痩せたいなら、食事制限は外せない。痩せるなら食うなという話だ。

痩せたいが食事制限はしたくないと考える人は、おそらく食べるのが好きなんだろう。しかもパスタや唐揚げ・スイーツなど、太りやすい食べ物が好きなんじゃなかろうか。

そうしたものを食べながら痩せようというのが、そもそも矛盾している。ダイエット以前に、食習慣を変えないと命にも関わりかねない。デブは万病の元だ。

今すぐ食事制限を始めるコツはこちらで紹介中⇒ダイエットは食事制限が9割。今すぐ変えられる、痩せる食生活のヒント。

特に脂肪に変わりやすいのは、ご飯やパンなどの炭水化物だ。脂肪=油のイメージがあるが、糖分も要注意だ。どんぶりやパスタが好きなら、即行で止めるようにしたい。

ただしタンパク質は摂れ

ただし食事制限をやると、筋肉も減ってしまう。筋肉が減るのは太りやすい体質の元だから、食事制限と一緒に多少の運動も忘れないようにしたい。本格的な運動でなくても、マメに体を動かすよう意識するだけでもいい。

さらに筋肉を作るのは、タンパク質だ。食事制限はしても、タンパク質は忘れず摂るようにしたい。

タンパク質は大豆などからも摂れるが、肉や卵の動物性タンパク質も忘れちゃいけない。やはり肉を食べないと、微妙に栄養が足りなくなるようだ。

肉を食べる量が少なかったせいか、一時期生理が止まったことがある。詳しくはこちら⇒生理が来ない不安やストレスは忘れよう。9ヶ月の無月経が再び来た理由とは?

肉=太るというイメージがあるが、脂肪の少ないとり肉なら大丈夫だ。ただ茹でるだけなら、余計な油もなくて済む。肉が食べたい人にはおすすめだ。

脂肪は筋肉にならないし、筋肉は脂肪にならない。食事制限なしで、運動や筋トレだけでダイエットしようというのはとてもハードルが高いことなのだ。

運動と食事制限は、車の両輪だ。ダイエット成功には、運動と食事制限を続けることが欠かせない。

スポンサーリンク

Posted by yayoi