ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

衣替えって面倒だしムダ。着ない服を断捨離すればやらずに済むよ。

スポンサーリンク

秋も終わりに近づき、衣替えの季節だ。が、衣替えというのは面倒だし、正直ムダじゃなかろうか。

大家族ならいざ知らず、一人暮らしともなれば衣替えなど不要だ。衣替えが必要なほど服を持っているなら、それは断捨離した方がいいというサインじゃなかろうか。

スポンサーリンク

着る服だけ1か所に集めればいい

当たり前のように衣替え衣替えと言われているが、要はしまい場所を変える作業だ。だったら最初から、着る服を全て1ヶ所にまとめてしまえばそれで済む。

ただまとめるといっても、それぞれバラバラの収納に入っているのでは意味がない。例えばクローゼットの中で、タンス①・タンス②のようになっていると、結局衣替えしないといけなくて面倒になるのだ。

タンス1つ、ハンガーラック1つなど、1つの収納グッズに集められるのが理想だ。これならまだ、場所をちょっと入れ替えたりするだけで済む。

タンス1つに服を収めるコツはこちら⇒洋服をタンス1つに収納できる、スマートなたたみ方としまい方。

クローゼットがダメなわけ

私も実家ではクローゼットを使っていたが、正面のケース・下の引き出し・金属ラックの上など、服が色々なところにあった。一番取り出しにくい下の引き出しを季節外の服の場所にしていたが、いつしか日の目を見なくなってしまった。

そこで見えるところにある服だけ着まわして、着たい服はそのつど引っ張り出していつものケースに押し込んだりしていた。しかしその結果、ケースに服が溢れかえって取り出すのが大変になってしまった。

するとだんだん、ケースから服を取ること自体もおっくうになる。そうしてクローゼットは、お出かけのときしか開かない開かずの間となったのだった。

その開かずの間の服を片付けたときの話はこちら⇒ミニマリストを目指す枯れ女のクローゼット、断捨離後の洋服は半分以下に。

クローゼットでも押し入れでも、ズボラはアチコチに服を収納しないことだ。いつしか、メインの収納がゴッチャゴチャになって収集がつかなくなるだろう。

絶対眠ってる「着てない服」

しかしタンス1つに服を全てしまえないからこそ、皆苦労しているんだろう。収納のスリム化にしても、服を捨てるのが無理という声が必ずあがってくるものだ。

ただ全手持ちの服のなかで、いつも着ている服が何%あるのか考えたことはあるだろうか。一説によれば、8割は着てない服だ。

毎年服を買い続ければ、古い服や傷んだ服はどんどん忘れられていく。その忘れられた服に割いている収納スペースを空ければ、着ている服はスッキリまとめられるはずだ。

カレジョが考える服の捨てどきはこちら⇒洋服を断捨離するには捨てる基準を知れ。ズボラなカレジョが処分するときベスト5。

もしくは、「いつか」着る予定の服を断捨離してもいい。どんなにきれいでもったいなくても、今着てない服はどんどん捨てた方がいい。

いつかの服の話はこちら⇒ミニマルなファッション生活の大敵、「いつか着たい」服を断捨離する7つのコツ。

夏服&春・秋・冬服

スポンサーリンク

そもそもなぜ、季節ごとに服を変えないといけないんだろう。日本には四季があるからといって、服も4パターン律儀に用意しないといけないルールはない。

暑がりな私の場合、涼しい夏服さえあれば後の季節は同じような服でいける。春と秋は着回しで、真冬で寒いときは上着を着てしのぐ。夏の前は、半袖に上着というときもある。

ちなみに、今年の冬に活躍する服はこちら⇒カレジョが冬に選んだ5着はこれだ。ミニマリストの冬服2017

ざっくり言うと、半袖と長袖があれば何とかなる感じだ。大ざっぱではあるが、これだけで服を1/3~半分は減らせる計算になる。

これはあくまで私の場合なので、分け方は人それぞれだ。春・夏&秋・冬など、自分が着まわしやすい形で服を分けてみてほしい。

季節感のない服は着やすい

手持ちの服に季節感がないのも、衣替えをやらずに済ませられている理由かと思う。柄や素材によっては、暑苦しかったり寒々しかったりと落ち着かないこともある。

私もボーダーのTシャツを1着持っているのだが、夏に着るのが一番しっくりくるなと感じる。ボーダーは定番柄とはいえ、やはり夏が一番ピッタリの柄じゃなかろうか。

確かに季節感を取り入れればオシャレ度はあがるものの、四季に合わせてコーディネートを考えるのが面倒くさい。いかなる季節でも、同じような定番ファッションでもいいんじゃないかと思う。

どうしても季節感を取り入れたいなら、バッグや巻物など小物でやるのがいい。シーズンごとに4つカバンを使っても、洋服よりはまだ場所を取らずに済むんじゃなかろうか。

いざとなれば重ね着で防寒

半袖も、使いようによっては着回しできる。私はよく、長袖Tシャツの上から半袖Tシャツを着ていたものだ。

これはコーディネートの幅を広げる効果もあるが、単純に防寒にもなった。綿のしっかりした生地のTシャツほど、防寒効果は高い。

だが重ね着コーディネートは、カジュアルファッション一辺倒になるのが難だ。よりシンプルな方へとファッションの好みがシフトした結果、今はトップスを一枚できることの方が多くなった。

それでも、重ね着の手を使わなくなったわけじゃない。自宅限定だが、長袖のうえに長袖を着て無理やり防寒したりもしている。

衣替えがないと、服の収納に気を遣わなくていいから楽だ。三寒四温など季節がややこしいときも、悩まなくていい。半袖も長袖も、着たいときに着放題だ。

これからまた寒くなったり暖かくなったりと、着るものに迷う時期がやってくる。衣替えのついでに、脱衣替えの断捨離もいいんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi