弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

右の背中だけが筋肉痛で痛む、その原因は乱暴な鼻のかみすぎかも?

公開日:2016.10.12

スポンサーリンク

一昨日から、右の背中だけが筋肉痛に襲われています。こうしてPCに向かっている間も、ガタピシと痛みます。

最初は全く原因が分かりませんでしたが、唯一心当たりがあるのが「乱暴に鼻をかんだこと」。鼻のかみすぎは、背中を傷める危険性もあるのです。

「たかが筋肉痛」と思われるかもしれませんが、背中の筋肉痛は予想以上にこたえます。ヘタをすると、生活に支障をきたしかねないほど厄介なものです。

鼻をかんだ翌日、背中が筋肉痛に

一昨日は久々に気分がドン底まで落ち込み、昼夜泣き通しだった日です。泣いたとき恐ろしく鼻が詰まるのは、おそらく私だけではないと思います。

あまりに鼻が詰まって息苦しいので、思い切り鼻をかむ。5~6回立て続けに、それは乱暴にかみ倒しました。

普段めったに鼻をかまないのに、いきなりヤケ気味に「チーン!」とやったせいでしょうか。翌日起きると背中に違和感があり、しばらくすると右の背中が筋肉痛に襲われました。

息を吸っても背中に激痛

背中の筋肉痛で一番困るのは、息をする度に背中に激痛が走ることです。筋肉痛になりたての一昨日は、深呼吸できずに息苦しい1日でした。

思い切って呼吸しようとすると、背中の筋肉が悲鳴をあげます。右の背中に「ビシッ」と衝撃が走るのですが、息が「ウッ」と詰まるほどの威力がありました。

筋肉が痛むタイミングは、呼吸だけではありません。くしゃみなどの「上半身に大きな力がかかる動き」は、なんでも背中が痛むのです。おそらくですが、しゃっくりなども相当ダメージを与えてくると思います。

今日はだいぶマシになりましたが、やはり息をすると背中が痛いです。

スポンサーリンク

背中の痛みでよく眠れない

呼吸をする度に背中が痛むと、そのせいで夜眠れなくなります。何せ息をするごとに背中がガタピシするので、とても気持ちよく眠れる状況ではありませんでした。

背中の痛みを抑えるには、呼吸を浅くするしかありません。すると今度は酸素不足で息苦しくなり、それはそれで眠りが浅くなるのです。

息をしても痛い、寝返りをうっても痛い。背中の痛みにうめきつつ眠りについたのは、私が横になってから1時間以上経ってからでした。

乱暴に鼻をかむと痛む、身体の場所

乱暴に鼻をかんで痛むのは、むしろ背中以外の場所が多いです。(ネットで検索しても、ほとんどヒットしませんでした)

特に多いのが、鼻のかみすぎで中耳炎を起こすトラブルです。鼻をかむ圧力で内耳に負担がかかったり、鼻水が耳の方に入り込んで炎症を起こすことがあるのです。

鼻を強くかんだ後、耳の痛みが収まらないときは中耳炎の疑いがあるようです。「たかが耳」と放ったらかしにせず、早めに耳鼻科に行くことをおすすめします。

また、ネットの体験談では「鼻をかみすぎて鼓膜が破れた」という話もよく聞きます。もしかしたら背中の筋肉痛だけで済んだ私は、運が良かったのかもしれません。

背中の筋肉痛が完全に治るには、まだ1~2日はかかりそうです。まさか鼻をかんで、背中を痛めるとは思いもよりませんでした。

特にこれから寒くなる季節は、鼻をかむ機会も増えると思います。よく鼻が詰まる人は、かみすぎのトラブルにご注意ください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿