弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

我が家にマイナンバーが届く。カード申請に失敗しない準備と、節約のために知るべき基礎知識とは?

公開日:2015.11.27 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

2015年10月より始まった、マイナンバーの交付。11月を過ぎて、我が家にもようやくマイナンバーの通知が届きました。あなたの家には、すでにマイナンバーが届いたでしょうか?

今回は、マイナンバーカードの申請に必要な準備や、知っておきたい基礎知識についてのお話です。マイナンバーは大事な個人情報。しっかり管理できるよう、事前に対策しておきましょう。

世帯分がまとめて届きます

マイナンバーカードの通知が届いたら、家族全員のマイナンバーがあるか確認しましょう。マイナンバー通知は1人づつではなく、世帯ごとにまとめて届く仕組みになっています。

我が家もマイナンバー通知が届いたとき、封筒が一通だけなのでてっきり一人分が届いたのかと思っていました。しばらくして中を開けてみると、家族分の通知がまとめて入っていることに気がついたのです。

家族に「マイナンバー通知が届いたよ」と言われたら、すぐに中身を確認しましょう。他の家族の分も一緒に入っているのが分かります。

マイナンバーの通知は、遅くとも12月の下旬までに届く決まりになっています。もし届かないようであれば、役所に相談する前に「マイナンバー通知届いてない?」と家族に聞いてみてください。

カードの申請をするとき

マイナンバー通知には、マイナンバーカードの申請書とパンフレットが同封されています。パンフレットにはマイナンバーに関する情報が分かりやすく載っているので、一度目を通しておくと安心です。

カードの申請には、申請書に必要事項を書いて申請用の封筒で返送すればOKです。封筒は一通しかないので、家族分をまとめて送るようにしましょう。

カードは身分証明に使われる

マイナンバーカードは強制ではなく、希望者だけに交付されます。ただ、今後は税金や年金などの手続きにマイナンバーと本人確認書類が必要となります。

マイナンバーカードを持っていれば、それ1枚でマイナンバーと本人確認が済むので手続きが楽にはなるかと思います。カードを作りたくない場合は、代わりに通知カードと運転免許証などを用意しましょう。

公的な手続き以外にも、マイナンバーカードは民間サービスの本人確認書類としても使われます。まだ不確定ですが、銀行のキャッシュカードの機能がつくという話もあります。

様々な機能がつくのは便利な反面、カードを紛失するリスクが高まります。マイナンバーは本来持ち歩くものではないので、機能を付ける際は慎重に考える必要があるかと思います。

マイナンバーの知識は、下のページも参考になります。

マイナンバー、よくある10の誤解

写真はスマホ撮影でもOK

申請書には、本人確認用の写真を貼り付ける欄があります。半年前までに撮影したものなら、お手持ちの証明写真を貼っても大丈夫です。写真がない場合でも、スマホから撮影したものをメールで送ることができます。

撮影する写真は、背景に余計なものが写り込まないよう注意して下さい。

ネットからも申請できます

カードの申請は、郵送だけでなくネットからも申し込みができます。申請書のQRコードを読み取れば、手続きページに移動します。スマホに読み取り機能がない場合は、読み取りアプリをダウンロードして下さい。

ネットからの申請は、24時間以内に済ませる必要があります。後日改めて申し込みしたいという場合には、もう一度最初からやり直しになるので注意しましょう。

ネットからの申請では、顔写真はデータでアップロードする必要があります。事前にスマホなどで撮影を済ませて、必要があればパソコンに送っておきましょう。

スポンサーリンク

カードを受け取るとき

マイナンバーカードの利用申請を出しても、直接郵送で届くわけではありません。申請後に「交付通知書」というものが届くので、その後で自治体の窓口まで直接受け取りに行く必要があります。

受け取りは2016年1月以降から

マイナンバーカードの利用は、2016年1月からです。それより前に窓口に行っても、カードは受け取れないので注意しましょう。

IDとパスワードを考えておく

カードを受け取る際、オンラインでの利用に必要なIDとパスワードを設定する必要があります。これは、2017年1月から開始する「マイナポータル」というオンラインサービスで使うものです。

「4桁の数字」と「6桁の英数字」の2種類を考えておきましょう。セキュリティ上の理由から、誕生日などの分かりやすい情報は使うことができません。

オンラインのサービスは1年経った後なので、IDとパスワードを忘れる可能性もあります。設定後はメモなどに記録して、大切に保管しておきましょう。

カード受け取りに必要なもの

カードの受け取りには、いくつか必要な書類があります。これらがないとカードを受け取れず、出直しになるので注意しましょう。念のため、印鑑なども持っていけば確実かもしれません。

通知カード

申請書に付いている、紙の通知カードが必要です。申請書を郵送する際は、通知カードを切り離したかどうかを忘れずに確認して下さい。

万が一無くしてしまうと、再発行の手続きが面倒です。マイナンバーカードを受け取るまでは、捨てずに保管しておきましょう。

交付通知書

カードの交付申請に問題がなければ、交付通知書が届きます。これは、マイナンバーカードが用意出来たことを知らせる大事な書類です。

「よし、用意出来たのか」と安心して、うっかり捨ててしまわないように注意して下さい。

本人確認書類

運転免許証や健康保険証など、本人を確認できる書類が必要です。

(持っていれば)住基カード

マイナンバーカードは、住民基本台帳カード(住基カード)と引き換えになります。もし住基カードを持っているなら、それも一緒に提出する必要があります。

マイナンバーカードの利用開始に伴い、住基カードは期限を過ぎると利用ができなくなります。顔写真付きの本人確認書類が住基カードだけという場合は、マイナンバーカードは持っておいた方が良いかもしれません。

マイナンバーは今後、様々なサービスに必要となります。制度を詳しく知らないばかりに、手続きできないという事態になっては生活に支障が出る恐れもあります。

自分の身を守れるのは、最終的に自分だけです。マイナンバーに関する正しい知識を身に付け、しっかり管理できるようになりましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿