弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ご飯を炒めたら、おこげだらけの謎チャーハンができた話。~実録・一人暮らしの節約料理(1)~

公開日:2016.02.27 最終更新日:2016.03.29

スポンサーリンク

食費を何とか節約しようと、一人暮らし料理に挑戦中。今回は、おこげだらけのチャーハンを作った話です。

私の「フライパンで米料理」の挑戦は、まだまだ始まったばかりです。

何としても生米を炒めたい

今、私の家にある調理器具はフライパン1つです。それで料理をつくろうと考えたときに思いついたのが、「生米を具材と一緒に炒めてしまう」ということでした。

そうして張り切って作った最初の料理は、完膚なきまでに失敗しました⇒一人暮らしの食費を節約しようと自炊に挑戦するも、見事に失敗した話

このときの失敗は、「米を炒めすぎたこと」「水を入れて、すぐ弱火にしてしまったこと」です。この2つのせいで、米がところどころカチコチの奇妙な炒めものができあがりました。

この反省を活かし、次こそは美味しい料理を作ってやろうと決意。凝りない私は、再び材料を買いにスーパーへ足を運びました。

今度は一から材料を調達

そして30分後。買ってきた材料がこれです。

P_20160223_192504

にんじん&玉ねぎ

どんな料理にも使える、定番野菜のにんじんと玉ねぎです。近所のスーパーを一通り見て回ったのですが、野菜の中ではこの2つがダントツで安かったように思います。

豚バラ肉

料理にボリュームも欲しいと、肉の中でもお安めの豚バラ肉を買いました。にんじん・玉ねぎを合わせて、値段は合計525円。これでカレーを作ったら、3~4食分は持ちそうです。

よく「一人暮らしはカレーが便利」と聞きますが、食費の予算的にも安上がりで優秀なんだと分かります。

スポンサーリンク

調理開始

けれど残念ながら、今回作るのはカレーではなくチャーハン(?)。具材はあってもカレールーはありません。時間も遅かったので、早速調理に取りかかりました。

材料

今回の材料は、取りあえず以下の量にしました。

・玉ねぎ…半分

・にんじん…半分

・豚バラ…半パック

・米…半カップ

これだけの量で、大体何食分くらいになるかを調べてみます。その結果をもとに、1週間分の買い出しの量を決めようと思いました。

野菜を刻む

まずは、玉ねぎとにんじんをみじん切りにします。玉ねぎのみじん切りはともかく、にんじんに意外とてこずりました。あまりにてこずるので、スマホで「にんじん みじんぎり」などと調べてしまいました。

また、実家から持ってきたまな板が小さく、切った野菜を置くスペースがないのも大変でした。残りのスペースで野菜を切ろうとしても、なかなかスムーズに進みません。

そんなこんなで試行錯誤しつつ、野菜を刻み続けること45分(!)。ようやくみじん切りが完成しました。どれだけ包丁を扱ってなかったかがよく分かります。

肉を炒める

刻んだ野菜は一旦置いて、フライパンで肉を炒めます。パックから半分ほど出した豚バラを、ごま油と一緒に火を通すこと10分弱。

焦げ目がつき始めたところで「良い頃合い」としました。

野菜を炒める

豚肉に火が通ったら、そこに野菜を投下。にんじんと玉ねぎを入れたことで、一気にかさが増えました。

しばらく炒めていると、玉ねぎがいい感じにしんなりしてきます。程よく火が通ったところで、いよいよ肝心の作業に入ります。

米を炒める

ここまではおおむね順調。が、問題は次です。いい感じの材料の上に、一気に米を入れました。

「お米が透き通ったら水を入れる」とネットのレシピなどには書いてあるのですが、いかんせん具体的な時間が分かりません。前回はそこで失敗し、米に火を通しすぎてしまいました。

米は強火で炒めると、割合すぐに透明になってきます。が、ほかの具材と一緒に炒めると部分的に火が通ってない米が出てきてしまうのが厄介です。

かといって炒め過ぎると、今度は米が焦げてパッサパサに。強火は、米を炒めるのに向かないようです。(後日ネットで調べてみると、パエリアの作り方に「弱火で4分くらい」というのがありました)

水を投入

いまいち自信がなかったものの、米が焦げてきたので水を投入。大体、米と同じくらいの水量です。

前回は、水を入れてすぐにフタをしてしまって失敗。今回は、水を入れた後しっかり強火で沸騰させました。

強火で2~3分ほど煮立たせたら、フタを被せて弱火に。そのまま20分ほど煮込んで、完成となりました。

実食

調理にかかった時間、何と90分。そうしてできあがったのがこちらです。

P_20160223_210042

見た目だけは、まあチャーハンに見えなくもありません。いざ実食。口に入れた第一印象は……

おこげが固い。そして、やっぱり味がない。

上の写真だと目立たないのですが、このチャーハン、おこげだらけです。フライパンのフタを開けて裏を見た瞬間、コゲコゲだったので嫌な予感はしていたのです。

水は十分に入れたと思うのですが、もしかしたら煮る時間が長かったか、火力が強すぎたのかもしれません。この反省は、次回にしっかり活かしたいと思います。

P_20160223_211736

今回は、フライパンごと冷蔵庫で保管。1食分にしては、米の量がやや多かったように思います。野菜と肉の量は、今回使った量で1食分となりそうです。

今回の料理は、「3歩進んで2歩下がる」ような結果となりました。こんなに試行錯誤するなら、素直にレシピを参考にすれば良いとも思うのですが……。

もし炊飯器のない生活にチャレンジするときは、まずは普通に「フライパンで米を炊く」ところから始めてみた方が簡単なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿