弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの光熱費の節約、ガス代を半額以下に減らせた方法とは?

公開日:2016.06.06 最終更新日:2016.06.17

スポンサーリンク

今回は、私がガス代節約のために実践した方法をお話します。一人暮らしにも関わらず、妙に高いガス代に悩まされることはないでしょうか。

ガス代に限らず、光熱費は目に見えにくいところで発生します。ガスコンロ調理を減らしたり電気をマメに消すよりも、やるべきことがあるかもしれません。

5,700円→2,700円へ

私も、一人暮らしを始めた最初の頃はガス代に悩まされていました。引越してから1ヶ月ほど経ったときのガス代は、こうなっています↓

P_20160605_091826

3月の1ヶ月で、なんと5,700円もの出費。暖房器具をバンバン使っているわけでもないのに、一体何事かとギョッとした記憶があります。

そこで色々調べ、ガス代の節約に励むこと1ヶ月。4月のガス代はこうなりました↓

P_20160605_091849

5,700円から、一気に1,000円以上もの節約。ガスも、使い方1つでずいぶん変わることを実感しました。

そして5月は、さらなる節約で2,700円まで減額↓

P_20160605_091906

一人暮らしの平均よりもやや下くらいで、自慢する金額ではありません。それでも、5,700円から見れば大した進歩です。

近頃は気温が上がったので、基本料金が減った影響もあります。それでも、ガス使用量は確実に減らせています。

以下、私がガス代を減らすために気を付けたポイントを見ていきます。

ガス代が高いのはお風呂が理由?

最初に注目したのは、お風呂場についているガス湯沸かしs器です。

P_20160605_092311

このスイッチをONにすると、お湯が使えるシステムです。賃貸物件の中には、この機能がついたお風呂も多いのではないでしょうか。

これを使うのを控えるだけでも、ガス代は驚くほど減らせます。

お風呂の自動お湯はり機能

一番最初にやったのは、お風呂の自動お湯はりとお湯炊きを止めたこと。これは意外とガスを使います。

特にお湯炊きは、一番寒い時期では1~2度はやっていました。4月は暖かくなってきたのもあり、これを中止に。代わりに温度を高めにして、冷めないうちにさっさと入るようにしました。

お風呂の自動お湯はりは、ガスだけでなく電気・水道代もかさむ元です。お湯はりを人力にするだけで、光熱費を効果的に節約できます。

お湯の量を調節するのに電気を使い、水の量もやや多めに。お湯はりが終わった後は、お風呂を暖め続けるのにガスを使うのです。

お湯はり機能は便利なので、重宝している人もいるのではないでしょうか。今まで意識せず使っていた人は、気をつけてみてください。

入浴以外の時間は湯沸かし器を切る

そしてお風呂に入るとき以外は、ガス湯沸し器のスイッチはオフに。そこまでお湯が必要な機会もないので、不便はありません。

食器洗い・洗濯のときは全て水。ゴム手袋を付ければ、手があかぎれになるのも防げます。

食器の油汚れは、びわこふきんを使ってきれいに。洗剤もいりません⇒食器用洗剤を使わず、びわこふきん1枚で油汚れをきれいに落とすエコでシンプルな方法

特に勤め人であれば、日中は湯沸し器を切っておけます。家を出る前に、忘れずにスイッチを切る習慣を付けるのがおすすめです。

給湯温度は低めに設定

さらに最近は、お風呂の給湯温度も低めにしました。冬場は43℃だったのを、今は40℃に設定。効果は小さめですが、やらないよりはマシです。

スポンサーリンク

ガスコンロの使い方を改める

そしてもう1つやったのは、ガスコンロの使い方を改めること。私が心がけているのは以下の3つです。

煮込み料理を中心にする

最初の方は炒めもの中心でしたが、これを煮込み・茹で調理中心に。煮込み料理は弱火でじっくりできるので、ガスをその分節約できます。

餃子も、焼き餃子ではなく水餃子に⇒皮は薄力粉で済ませる、水餃子の作り方~実録・一人暮らしの節約料理(16)~

煮込み料理は、具材を似ている間に食器洗いなどができるというメリットもあります。食材を焦がす心配もないので、自炊初心者にもおすすめです。

お湯は電気ケトルで沸かす

お湯をわかすときは、いつも電気ケトルを使っています。ガスを使うよりも早く湧かせて便利です。

一人暮らしで、ちょっとお湯が欲しいときに重宝します⇒節約とミニマリストの両立を目指す私が選んだ、生活に最低限必要な家具・家電とは?

炊飯器調理を駆使する

そして最近凝っているのが、炊飯器を使った調理です。ご飯を炊く以外にも、野菜を煮込んだりさつまいもを蒸すのに使っています。

炊飯器でも、さつまいもは美味しく蒸せます⇒蒸し器なしで作る、美味しいさつまいもの蒸し方~実録・一人暮らしの節約料理(26)~

炊飯器調理の良いところは、火を使わないので放ったらかしにできることです。スイッチをONにしたら、その間は自由に時間を使えます。

大きめの炊飯器を使えば、多くの量をまとめて作ることも可。ガスを使うのは、作りおきのメニューを温めなおすときだけで済みます。

ただ、ガス調理を減らした分は電力に頼ることが多くなります。5月分の電気代がどうなるかで、また対応を考えねばなりません。

ガス代の節約には、特にガス湯沸し器の使い方を改めるのが効果的です。湯船に入ることが多かったり、湯沸し器を付けっぱなしの人は、ガス代が大きく減らせるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿