弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

太る理由がわからない。お腹のぜい肉がヤバい30代女が原因を考えた。

公開日:2017.01.27

スポンサーリンク

気が付いたら、なぜか体重が増えていた。お腹のぜい肉が気になってきた30代が、なぜか分からないのに太る理由を考えました。

たまに実家に帰って体重計に乗るときは、まさに緊張の一瞬。普段の体重から2~3kgも増加していたときなど、質素な食事をさらに質素にしたくなります。

が、いくら分からないと言っても、そこには絶対に原因があるはずです。謎の体重増加に悩まされる人は、チェックしてみてください。

最近体重が落ちにくくなった

どうも30代に突入してから、体重が落ちにくくなったような気がします。真っ先に思い当たるのは、バイトを辞めて在宅ライターに転身したことくらいです。

会社員時代もデスクワークでしたが、今は家の中から一歩も出ずに仕事ができる状況。週1の買い出し以外、1日中引きこもりということもザラです。

こんな生活をしていたのでは、運動不足で代謝が落ちるのは必至。あまりに動かな過ぎて、立ち上がるときに身体が重く感じることすらありました。筋力の衰えが相当進んでいて危険を感じます。

そこで今は、足腰が弱らないようエクササイズなどをやっています⇒1日15分のクロスフィットトレーニング、自宅でできるインドア派におすすめのメニュー。

主にやっているのは、足腰に効くスクワットとお腹を凹ませる「プランク」です。お腹の方は相変わらずですが、スクワットを続けていると歩く速度が早くなったような気がします。

そしてもう1つ気になるのは、「加齢で代謝が落ちる」ということです。20代から30代に上がって、ガクッと代謝が落ちたのかもしれません。

よくある「中年太り」も、身体の代謝が落ちるのが原因です。代謝が落ちているのに食べる量が若い頃のままだと、その分カロリーが余ってしまうのです。

運動不足による筋力の低下と、加齢による代謝の低下。このダブルコンボで、30代を過ぎて太りだすというのはあり得ます。対策は、食事量を減らすことと足腰を鍛えることに尽きるんじゃないでしょうか。

(私はこれ以上食べる量を減らすと倒れる危険性がありそうなので、運動の方を頑張ります)

筋肉がぜい肉に変わってきた?

運動不足による筋力低下は、代謝が落ちるだけではありません。引き締まった筋肉がぷよぷよのぜい肉に変わることで、体型そのものが崩れるという作用もあります。

同じ体重でも、中身が筋肉かぜい肉かではスタイルが全く違います。太って見えるのは、どう考えてもぜい肉が多い方。筋肉→ぜい肉へのフォルムチェンジのせいで、余計に太って見えるんじゃないでしょうか。

よく「30代を過ぎると体型が崩れる」と言われます。これも、太ももや腕の筋肉が特にたるんでくるせいなのかもしれません。

スポンサーリンク

炭水化物の量が増えていないか

体重が増える原因は、多くが生活スタイルが急に変わることだと思います。仕事や生活環境が変わっていないんだとすると、残るは食生活しかありません。

特に危ないのが、「糖質」の量がふえたとき。甘いものはもちろん、ご飯やパスタなどを食べる機会が増えたりはしていないでしょうか。

ダイエットの秘訣も、「9割が食生活」です。詳しくはこちら⇒ダイエットは食事制限が9割。今すぐ変えられる、痩せる食生活のヒント。

炭水化物の食べ過ぎで太るのは、己の経験からもよく実感できます。年末年始、クリスマスケーキやらお雑煮やらを食べ過ぎたら2kg増えました。

なぜ炭水化物で太るのか?それは、「糖質は脂肪に変わりやすい」という仕組みがあるせいです。

普通、身体に入った糖質はエネルギーとして使われます。が、一度にたくさんの糖質を摂ると、エネルギーとして使いきれずに脂肪として溜め込まれるのです。

前に言ったような、代謝が落ちた状態だと一度に使えるエネルギーも減ります。なのにスイーツやご飯ばかり食べるから、糖質が多すぎてぜい肉になるのです。

現代の食べ物は基本的に糖質が多めなので、普通の食事でもオーバーしがちです。意識的に肉や野菜中心の生活にして、米や甘いものの量を減らすしかありません。

私が普段食べているのは、オートミール1杯・ご飯1杯分+野菜スープ・納豆・素焼きのナッツです。オートミールやご飯を減らして、もっと肉を増やしたらより糖質が減らせるかもしれません。

が、肉は高いので、むやみに増やすと食費がかかるのが難。節約的に考えると、炭水化物は安さは捨てがたい魅力があります。

自分が食べたもの、答えられる?

「普段そんなに食べないし」という場合でも、油断は禁物です。例えばここ2~3日の間にどんなものを食べたか、答えられるでしょうか。

私は每日ほぼ同じメニューなので、忘れようがありません。同じ食事でも飽きないコツも紹介中⇒料理が面倒なあなたにおくる、每日同じ食事でも飽きないコツ。

1回の食事が少食でも、間にチョコチョコお菓子をつまんだりはしていないでしょうか。仕事帰りのコンビニスイーツ、ぼんやりながら食いなど、色々と出てくるかもしれません。

試しに1週間くらい「食べたものメモ」を取ると、自分がどれくらい無意識にものを食べていたかが分かるんじゃないでしょうか。

私も試しに、年末年始につまみ食いしたものをザックリ挙げてみます。

・みかん十数個

・おみやげのクッキー

・雷おこし

・食パン

・もち菓子

etc……

大体クリスマスから正月までの10日間、こんなものを每日つまんでいたような気がします。あえて摂取カロリーのことは考えないようにします。

ほかにも、急激な体重増加の裏には肝臓や腎臓の病気が潜んでいる危険性もあります。あまりに唐突な場合は病院に行った方が良いです。

太る理由が分からないと言っても、実際は心当たりがチラホラあるものです。ただ、それを正直に認めるのはやはり勇気がいります。

なぜ太ってしまうのか、なぜ痩せられないのか?どうも腑に落ちないというときは、上のようなことをとっかかりに考えてみるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿