弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

絆創膏がないとき役立つ、マスキングテープといらないハンカチを使った応急処置

スポンサーリンク

今回は、マスキングテープハンカチ絆創膏を作った話をします。絆創膏がないときの、応急処置に便利です。

絆創膏は、毎日のように使うものではありません。なので、必要なときに家にないことが度々起こります。そんなときの緊急措置として、手作り絆創膏は役立ちます。

マスキングテープとハンカチで手作り絆創膏

私の場合、しもやけの傷に貼る絆創膏が欲しいと思いました。両手の指がほぼ全てしもやけ状態で、かなりの量が必要だったのです。

単なる手荒れと放っておいたら、指がエラいことになりました⇒治らない手湿疹は、しもやけの疑いあり。謎の手荒れに悩まされた私の体験談

けれど、絆創膏というものは以外にお金がかかります。近所のドラッグストアだと、40枚入りで400~500円というのが相場でした。

「何とかお金をかけず、傷を保護できないものか?」。そこで目をつけたのが、マスキングテープとハンカチでした。

P_20160416_134353

この2つで、手作り絆創膏を作ってみることにしたのです。

いらないハンカチを1cm四方にカット

まず、マスキングテープの幅に合わせてハンカチをカットします。傷の大きさに合わせて、切れ端の長さは調節するようにしてください。

テープを必要な長さにカット

次に、テープを必要な長さにカットします。目安としては、指をぐるっと1週できるくらいの長さがあれば大丈夫です。

切れ端をテープに貼り付け

後は、切れ端をテープに貼り付ければ完成です。家に目打ちがあれば、通気用の穴を開けることもできます。(私は穴を開けず、そのまま使っていました)

スポンサーリンク

使ってみた感想

そして、出来上がった絆創膏がこちら↓

P_20160323_075416

貼った感じはこうなりました↓

P_20160322_135201

しもやけの薬を指に塗った後、上から絆創膏(?)を貼っています。マスキングテープの粘着力が心配でしたが、そう簡単には剥がれませんでした。

見た目には「?」と思われていたかもしれません。が、しもやけをむき出しにするよりはずっとマシでした。こんな絆創膏でも、傷がカバーできると傷みが和らぎます。

以下、実際の絆創膏と比べた実感などを見ていきます。

蒸れやすい

普通の絆創膏も蒸れやすいですが、マスキングテープはさらに蒸れやすく感じました。通気用の穴を空ければ、もう少しマシになるかもしれません。

水には意外と強い

軽く手を洗うくらいなら、水に濡れても剥がれません。むしろ、マスキングテープが水を弾きます。

アレンジが自由自在

手作り絆創膏の良いところは、傷に合わせてアレンジしやすいということです。テープの長さを変えることはもちろん、傷を覆うガーゼ部分も自分の思うようにできます。

私の場合、こんな感じでアレンジしたりしていました↓

P_20160416_133736

指に傷が2ヶ所あるとき、ガーゼ部分も2ヶ所の絆創膏を作ってしのぎました。

気にせずどんどん貼れる

もとはテープといらないハンカチなので、気にせずどんどん使えます。私は毎日5~6枚は作って、貼り直していました。これが普通の絆創膏だと、もったいなくて何日も同じものでしのぐことが良くありました。

ちょっとしたあかぎれやささくれ、軽いすり傷など。「絆創膏を貼るのがもったいない」というような傷でも、手作り絆創膏なら気軽に貼れます。

家にあるテープとハンカチですぐに作れる絆創膏。普通の絆創膏を買おうかどうか迷ったときは、手作り絆創膏でしのぐのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1859045総閲覧数:
  • 2528今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ